FC2ブログ
プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 37 福井駅 越前かにめし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き


JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。 「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。 どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。

越前かにめし 


北陸本線福井駅は、1896(明治29)年に開業。この年
に、第1回オリンピック大会がアテネで開催された。
6年後のシベリア鉄道が開通した1902(明治35)年に、
駅弁の番匠本店が創業した。初代番匠岩吉は、北陸
本線開業にあたり用地取得に奔走、貢献した。大正
2年北陸線全通記念の「羽二重餅」は福井名菓、「
越前かにめし」は看板駅弁として創業114年になる
 

駅弁彩見 37 福井駅 越前かにめし
          1150円(税込み)

番匠家の祖先は、安政年間(1854~1859),伊勢国の宮大
工で、福井城築城のためこの地に移りました。
「番匠」は、城内での棟梁の呼び名で、これがのちに、
屋号となり商号に。棟梁の番匠岩吉は、その几帳面さを
かわれ、城主から台所番頭に任命され、のちに駅弁の番
匠本店開業へと発展しました。
 
可愛いカニの容器のふたをあけると、紅ズワイガニの
ほぐし身と、ズワイガニのカニ身が敷き詰められていま
す。
 
添えてある細切りのきざみのりを、カニの上にちらして
から、箸ではなく、スプーンで、いただく。
 
27年前にJTB時刻表「駅弁細見」で、現地取材をしまし
た。そのときの味と変わりません。
 
ふつうは、「かにめし」ですから、ご飯は酢飯かなあ、と
思いますが。
ズワイガニのメスである、セイコガニの卵巣と味噌を味
付けして、ダシで炊くカニご飯で、これが絶品です。
 
カニの旨みと、米の味とがあいまって、これぞカニの炊
き込みご飯だと舌が納得します。米は、地元の福井米。
 
ちょっと、家庭では出せない味です。
ホームパーティなどで、ごく小さなおにぎりにして、海苔
を巻いても、喜ばれると思います。
 
カニの名産地福井の看板駅弁として、発売から55年、ロ
ングセラーの駅弁です。
 
売店:福井駅、金沢駅、芦原温泉駅、加賀温泉駅   
予約・取寄せ:予約可、取り寄せ可
TEL:0776-57-0849
 
 1昭和8年頃の福井東駅
1 昭和8年ころの福井東駅


2明治37年貴重な資料 
2 明治37年北陸朝報発行の「福井県実業家案内すご禄」
当時の福井県の事業内容を知る貴重な資料である

3 掛け紙-昭和7年ころ加工  
3 掛け紙・昭和7年ころ。永平寺参詣者用


4 掛け紙ー北陸トンネル開通記念弁当昭和37年ころ (1) 
4 掛け紙・昭和37年ころ。北陸トンネル開通記念


5 2号店正面 
5 平成11年の福井駅売店2号店


6 福の井弁当 
6 掛け紙・福の井弁当。平成13年ころ


7  JTB時刻表「」駅弁細見」89年1月号 
7 『JTB時刻表・駅弁細見』に掲載の「越前かにめし」平成元年1月号 


創業114年 福井駅 番匠本店の歴史
   黒字-駅青字ー番匠本店
1858(安政5)年 初代番匠岩吉、福井城の台所頭となる
明治初期 廃藩置県の影響などから福井城内台所も縮小され、
岩吉は福井市内で仕出し・鮮魚仲買を開業
1895(明治28)年 岩吉、福井駅の敷地確保に奔走。松平家を説得し現在
の土地を確保する
1896(明治29)年7月  官設鉄道北陸線として敦賀駅-福井駅が開業した際に
設置(一般駅)。当時は終着駅
福井駅開業
1897(明治30)年9月   官設鉄道が小松駅まで延伸。途中駅となる
1902(明治35)年 福井駅での構内営業の承認を得、開業
駅弁の番匠本店創業
1909(明治42)年10月 線路名称制定、北陸本線所属駅となる
1913(大正2)年 北陸線全通を記念して菓子製造を開始し、「羽二重餅」
を発売
1920(大正9)年 2代目番匠岩吉 襲名
1931(昭和6)年 満州事変・上海事変の軍辨調製に貢献
1932(昭和7)年 永平寺参詣用として団体列車の弁当を調製。また、永平
寺と鉄道局に自家施設を提供
1934(昭和9)年 3代目、山田久子が就任
1945(昭和20)年 福井大空襲にて自家施設を失い、新聞の立売のみで営業
を続ける
1948(昭和23)年 福井地震により、再度自家施設を全焼する
1952(昭和27)年1月 3代目の駅舎に改築。全国6番目の民衆駅として福井ス
テーションビルが誕生
       12月 貨物取扱業務の一部を新設の南福井駅に移管
1959(昭和34)年 「鯛すし」を発売
1959(昭和34)年2月 貨物の取扱を全廃、旅客駅となる
1960(昭和35)年 株式会社番匠本店設立
1961(昭和36)年 「越前かにめし」を発売
1963(昭和38)年 北陸線列車内で駅弁の販売を開始
1967(昭和42)年 「赤えびすし」を発売
1980(昭和55)年 「越前鯖姿すし」を発売
1986(昭和61)年 11月 荷物の取扱を廃止
1987(昭和62)年 4月 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる
1990(平成2)年 4代目、山田和徳が就任
1998(平成10)年6月 仮線敷設工事開始
1999(平成11)年 12月 北陸本線上り線仮線供用開始、
2000(平成12)年 6月  北陸本線下り線仮線供用開始、全線の仮線切り替え完了
2000(平成12)年  「香ばしい焼かにめし」を発売
2002(平成14)年 番匠本店創業100周年
新社屋完成
2003(平成15)年      「極鯖すし匠」を発売
2005(平成17)年 新福井駅・プリズム福井オープン
  上りホーム・プリズム福井内に新店舗開店
2005(平成17)年 2月 駅舎新築に先立ち福井ステーションビルが閉店
        4月   駅付近高架化が完成し、
           新駅舎および商業施設の「プリズム福井」が開業
         6月  北陸新幹線福井駅部工事着工 
2007(平成19)年 4月  福井駅東口のAOSSAが開業 
2009(平成21)年 2月  北陸新幹線の福井駅周辺部分が完成。新幹線開業までは
  えちぜん鉄道が暫定的に使用する予定
2011(平成23)年 番匠本店公式ホームページを開設
2012(平成24)年 「越前波の華 かにちらし」発売
2014(平成26)年  「東尋坊の焼きイカスシ」発売
2015(平成27)年 北陸新幹線金沢開業を記念して「三種盛り北国かに寿し」 
を発売
2016(平成28)年 福井駅東口再開発ビル「ハピリン」内に「プロント」と
「ファミリーマート」を開業
2016(平成28)年6月 現在に至る
福井駅開業120年
番匠本店創業114年
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。