プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 36 塩尻駅 信州ジビエ祭弁当

 お詫び
しばらく『日本鉄道構内営業中央会70年史』を手伝
わせていただいておりましたので、休載のようになり
ました。また、よろしくお願いいたします。
 

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



信州ジビエ祭弁当 
 
中央本線塩尻駅は、1902(明治35)年に開業した。シ
ベリア鉄道が開通した年(日本史辞典・角川書店)である。5
年後、鐵道国有法が公布された翌年、1907(明治40)
年に川上屋旅館が駅弁の営業を開始。初代川上源一
は中央線、篠ノ井線開通に国会議員として尽力した。
ワインランチ,岩魚ずし、山菜ずし、とり釜めしな
ど郷土「信州の駅弁」に情熱を注ぎ、109年になる
 
駅弁彩見 36 塩尻駅信州ジビエ祭弁当
1200(税込)
「信州ジビエ祭弁当」は、7年に一度行われる「諏
訪大社式年造営御柱大祭」を記念して、2016年4月
新発売の駅弁です。
 
「信州ジビエ」とは、なんだろうと思われる方もお
ありでしょう。
ジビエ(フランス語)は、天然の鳥獣の食肉のことで、
ヨーロッパでは、自分の領地で狩りができるような
貴族の口にしか入らない特別な料理として発展して
きた貴重なものです。
 
山国信州では、昔から、信州に棲む鳥獣を食の恵み
として暮らす食文化をもっています。
信州産ジビエの代表格は、日本鹿やイノシシです。
 
イノシシは、兵庫県丹波篠山(たんばささやま)の
駅弁を取材したとき、現地で「ぼたん鍋」をいただ
きましたが、煮てもかたくならない肉質で、美味で
した。
日本鹿は、脂肪が少なくヘルシーで、鉄分に富み、
たんぱく質も豊富で最近注目されつつあるようです。
その背景には、日本の野生鳥獣の増加による農作物へ
の被害や高山植物食害への対策があると考えられます。
 
ジビエの前置きが長くなりました。
私は、鹿肉は初めてです。
 
大ぶりの容器のふたを開けると、九つに仕切られたな
かに信州の食材がにぎやかです。中央に赤ワイン風味
のソースで仕上げた日本鹿のつくね。上部右端には日
本鹿の肉味噌。いずれも諏訪地域でとれた鹿です。牛
や豚肉とはちがうさっぱりした食感で箸がすすみます。
 
信州の高野豆腐、ワカサギの南蛮漬け、鶏肉フキ味噌
焼、ピンク色の長芋梅酢煮など5種の料理。ご飯類とし
ては、塩丸イカの山菜寿司、野沢菜漬をのせた茶飯、小
梅をのせた白飯の3種。
 
四隅には、土佐煮のゴボウが盛られています。天下の祭
の弁当の風格です。中央におさまる,ねじり棒はアメか
な?と思いましたが、かまぼこでした。ねじり手綱蒲鉾。
デザートの甘いカリンよせが、お弁当の味を締めます。
 
9種の信州の味をたのしめます。酒肴にもいいですね。
 
常々、お弁当は、1種類の食材でつくる、駅弁でいう
「特殊弁当」より、幕の内系の多くの食材を組み合わせ
た弁当のほうが手もかかり、大変だと思っています。
すべての味に手が抜けないからです。
7年に一度、天下の大祭にふさわしい駅弁です。
 
売店:塩尻駅、松本駅、   
予約・取寄せ:予約可、取り寄せ不可
TEL:0263-52-1234
 
 
 1 昭和50年代の塩尻駅
1 昭和50年代の塩尻駅舎・停車場付近はかつて桔梗瓦ヶ原古戦場であった


2 駅弁立売と塩尻駅職員・ 昭和初期 
2 昭和の初めころ 駅弁立売と塩尻駅職員の記念写真


3 掛け紙・明治40-大正3年ころ 
3 掛け紙・明治40~大正3年ころ。アンケート欄もあり感想が記入されている


4 掛け紙・大正2~8年ころ 
4 掛け紙・大正7年ころ。文字が右から左へ書かれている


5 掛け紙・大正9年ころ 
5 掛け紙・大正9年ころ。日本北アルプスホタカ岳のイラスト入り



塩尻駅・カワカミ創業109年の歴史
黒字-駅 青字-カワカミ
1890(明治23)年 塩尻は中山道宿場の脇本陣として繁栄、川上屋旅館を創業
1902(明治35)年12月 鉄道院中央線の松本駅からの延伸時に終着駅として開業。
ー塩尻駅開業
1906(明治39)年6月 中央線が辰野駅経由で岡谷駅から延伸
1907(明治40)年4月 国鉄塩尻駅構内営業の承認を得る
ーカワカミ・駅弁創業
1909(明治42)年12月 中央線が奈良井駅まで延伸
1926(大正15)年4月 創業よりの経営者として初代川上源一が就任
       6月 立売り営業の承認品目ー弁当、湯茶、新聞、書籍、たばこ、
薬品、旅行用雑貨、飲料、菓子、果物、氷菓、食用みやげ品
1940(昭和15)年7月 源一死亡により、2代目社長に川上喜十郎が就任
1949(昭和24)年6月 日本国有鉄道に移管
1951(昭和26)年1月 株式会社カワカミ設立。資本金50万円
初代代表取締役社長に、3代川上睦水が就任
1979(昭和54)年当時の販売駅弁各種
山菜釜めし500円 信濃路料理弁当400円 とりめし500円 手巻す
し450円 栗めし500円 お好み寿司250円 岩魚寿司500円
1990(平成2)年6月 (有)クランポンと合併。米飯事業部、クランポン事業部の事業部
制をとる
2002(平成14)年8月 4代目社長に三浦 正が就任
2002(平成14)年9月 米飯事業部分離独立。新たに資本金1100万円をもって(株)カワカミ
継承
2002(平成14)年11月 新工場へ移転開業。塩尻駅、松本駅弁当売店へ納入
2005(平成17)年12月 自動改札機稼働開始
2010(平成22)年5月 工場新築、駅前大通りに移転
2014(平成26)年4月 東京近郊区間に編入されSuica利用可能駅になる
2016(平成28)年5月 現在に至る
ー塩尻駅開業114年
ーカワカミ創業109年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。