FC2ブログ
プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 35 一ノ関駅  平泉

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。




駅弁平泉 

 
 
一ノ関駅は、1890(明治23)年に開業。駅の開業と同時に
駅弁のあべちうも創業。初代が阿部忠吉であることから、
「あべちう」とした。第1回帝国議会が開かれ、日本の
「教育勅語」が発布された年である。新聞・雑誌の駅構
内立売営業から始まり、奥州平泉で栄えた藤原文化を偲
ぶ旅人へ、三陸美味名産、数多の駅弁を供して126年。
2011年世界遺産登録記念「平泉」の駅弁をご紹介。
 
駅弁彩見 35 関駅平泉 1400円 (税込)
 
金色の容器のふたを開けると、中尊寺金色堂(こんじきど
う)をイメージした金色の世界です。
 
掛け紙は、無量光院跡に沈む夕日「西方浄土」に、中尊寺
金色堂と毛越寺庭園、世界遺産のシンボルマークも素敵で
す。
 
ごく薄めの味付けの茶飯は、岩手県産米ひとめぼれ。その
上に、錦糸玉子、栗、ウニ、ギンナンがちらしてあります。
舌にやさしい味のウニご飯。
 
おかず類も多彩です。
ニンジン、椎茸、レンコン、ゴボウなどの煮物。東北です
が、薄味。にもかかわらず、しっかり味付けされています。
 
ほか、柔らかな黒豆、ゴマ寒天、小エビの酢の物などヘル
シーな食材が並びます。
 
メインは、藤原氏の時代にも食されたといわれる、アワビ
です。エゾアワビが殻ごと収まっています。
発売当時は、三陸大船渡吉浜(きっぴん)のエゾアワビでし
たが、大津波の被害で、今は他地方産を使っているそうで
す。早く、三陸産アワビが使えるようになってほしいです。
 
駅弁の魅力は、その地方の思いがけない食べ物に出会える
こと。「平泉」にもありました。
 
左上コーナーにある、「鶏そぼろもち」です。
淡い甘味を含んだ柔らかな丸餅に、鶏のそぼろがのる。和
菓子の風情です。初めていただきました。
 
全体に、濃すぎないと薄味の中間、上品ないい味。
目も舌も満足させてくれるお弁当に出会えるのは、幸せで
す。
 
 
売店:一ノ関駅、盛岡駅、東京駅・祭
予約・取寄せ:予約・可、取寄せ不可
TEL:0191-23-2490
 
 
 
22.jpg 
 昭和45年の一ノ関駅



33.jpg  
 掛け紙「きのこめし」昭和33年発売




44.jpg  
 掛け紙「あゆ寿し」昭和40年発売




5加工  
 掛け紙「かにめし」昭和47年発売



6.jpg 
 掛け紙「まつたけめし」昭和51年発売




創業126年 一ノ関駅 あべちうの歴史
1890(明治23)年4月 日本鉄道の駅として一ノ関駅が開業                       
一ノ関駅開業
1890(明治23)年4月 阿部忠吉により、東北本線一ノ関駅開通と同時に、新聞・
雑誌の構内立売営業を開始
あべちう創業
1906(明治39)年11月 日本鉄道が国営化となる
1909(明治42)年10月 線路名称が制定され東北本線所属となる
1925(大正14)年7月 大船渡線開通
1946(昭和21)年6月 弁当・雑貨類の追加営業を許可される
1949(昭和24)年10月 盛岡鉄道管理局より、販売品優良につき表彰受賞
1951(昭和26)年9月 一ノ関駅下りホームで、そば店営業開始
1958(昭和33)年4月 「きのこめし」発売
1960(昭和35)年10月 一ノ関駅管理所の管理下となる
1963(昭和38)年10月 個人営業から法人組織に改め、有限会社あべちう設立
1965(昭和40)年7月 「あゆ寿し」発売
       10月 東北本線車内販売営業開始
1967(昭和42)年7月 みどりの窓口開設
1968(昭和43)年        一ノ関管理所から分離、北上運輸管轄となる
1971(昭和46)年2月 一ノ関駅旅客営業センター設定
1972(昭和47)年10月 「かにめし」発売
1976(昭和51)年10月 「まつたけめし」発売
1978(昭和53)年6月 運輸大臣より、鉄道関連事業の振興尽力により表彰受賞
1982(昭和57)年6月 東北新幹線開業
       6月 東北新幹線開業に伴い、新幹線車内販売開始
1985(昭和60)年10月 岩手県知事より、食品衛生の尽力受賞
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道(JR東日本)の
駅となる
1991(平成3)年3月 厚生省生活衛生局より、食品衛生の功績に対し表彰受賞
1999(平成14)年4月 「潮さい三陸あわびめし弁当」発売
2000(平成15)年10月 (社)日本食品衛生協会会長表彰
2004(平成16)年3月 東口開設
2004(平成16)年4月 「平泉義経」発売
2006(平成18)年10月 厚生労働大臣表彰受賞
2009(平成21)年4月 阿部紀之 代表取締役就任
2011(平成23)年7月 「平泉」発売
2014(平成26)年4月      ICカード「Suica」利用開始
2015(平成27)年12月  水沢の駅業務委託化に伴い、陸中折居駅―金ケ崎駅間
の業務が当駅に移管される
2016(平成28)年1月 現在に至る
一ノ関駅開業126年
あべちう創業126年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。