プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見34 郡山駅 海苔のりべん

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


IMG_6484 (3)1510郡山 


東北本線郡山駅は、1887(明治20)年に開業。東京に
やっと電灯が灯るようになったころである。その37
年後の1924(大正13)年に福豆屋が、郡山駅で駅弁の
販売を開始した。この年、宮沢賢治が『注文の多い
料理店』を出版している。福島の食材にこだわった
駅弁をつくり「小原庄助弁当」「弥次喜多道中記」な
ど多くの人気駅弁を販売。今年で91年目を迎えた 
 
駅弁彩見34 郡山駅 海苔のりべん 900円 (税込)
 
福島県の中央部、郡山駅は、東京駅から東北新幹線で
最短77分。
東北・山形新幹線、東北本線、磐越東線、磐越西線、
水郡線の6線が乗り入れて、東西南北への分岐駅とし
て賑わっています。
 
ここに、ある年代の方には懐かしい、おふくろ手作り
のような「海苔のりべん」という駅弁があります。
2010年に発売されました。
フタを開けると、のりが2枚。さっそく箸を入れます。
「おかか」がたっぷり。このおかかは、蕎麦タレで、
じっくり煎ってあります。味がいいわけです。
 
海苔は、みちのく寒流海苔。先代から引き継いでいる
確かな味です。
 
おかかをかき分けて、食べ進むと、二段目におかかと
のりと昆布の佃煮が現れてびっくり。
 
郡山産米の「あさか舞コシヒカリ」のご飯が、まず、
いい味です。日本のお米のおいしさです。
 
白いご飯とおかかのコラボも、昔からの取り合せで、
私は、この「猫めし」が子供のころから大好きです。
 
添えられている、おかず類は、
大振りのダシ巻玉子、しっとり柔らかい鮭ハラス、甘
いエビイモ(里芋)煮が舌にとろけます。ゴツンと太目
のゴボウ煮やニンジンもごく自然の味。どれも、よく
選択されています。
 
駅弁のプロの手作りです。
 
調製元福豆屋さんは、社長と専務が女性です。
 
このお弁当は、専務が子供の時、お母さんが毎日作っ
てくれた「のりべん」を思い出して、その美味しさを
思い出しながら作ったそうです。忙しい中を美味しい
お弁当を食べさせたい、という気持ちで作ってくれた
母への感謝もあります。という。
 
「海苔のりべん」のネーミングと、掛け紙の文字が素
敵です。けばけばしく主張しすぎない、日本の味を楽
しめる、秀逸なお弁当だと思います。
 
売店:郡山駅、仙台駅、上野駅、大宮駅、東京駅・祭   
予約・取寄せ:予約は郡山福豆屋売店で可、
取り寄せ不可
TEL:024-943-0528


1加工
1 初代郡山駅 明治20年        


12.jpg  
2 2代目郡山駅 明治30年代



4 
3 4代目郡山駅 昭和26年


8 
4 鉄道省時代(大正9~昭和18年)の掛紙


9 
5 鉄道省時代(大正9~昭和18年)の掛紙



創業91年 郡山駅 福豆屋の歴史
    黒字=駅  青字=福豆屋
1887(明治20)年7月    日本鉄道の駅(一般駅)として開業。当時は終着駅。
郡山駅開業
        12月    日本鉄道線が仙台駅方面まで開業
1898(明治31)年7月 岩越鉄道の駅が開業。同社線が中山宿駅まで開業
1906(明治39)年11月 日本鉄道・岩越鉄道が鉄道国有法により国有化。
鉄道院の駅となる
1909(明治42)年10月 線路名称制定により、東北本線所属駅となる
1915(大正4)年7月 平郡西線(現磐越東線)が三春駅まで開業
1924(大正13)年 水戸井熊総本家次男、小林勝利が郡山にて駅弁販売
業を始める
福豆屋創業
1956(昭和31)年 有限会社福豆屋2代目小林邦利が社長に就任
1962(昭和37)年 株式会社福豆屋に改組
1968(昭和43)年12月 日本オイルターミナル郡山営業所が営業開始
1970(昭和45)年5月 日本石油輸送が郡山ヤードを設置
1976(昭和51)年 郡山食品工業団地協同組合内に、環境に配慮した
弁当製造工場を建立
1970年代に発売の駅弁 ずうずう弁当(ネーミングがユニーク)
小原庄助べんとう(2段重ね)
山菜ちらし(透明なふたで中味が見える)
1982(昭和57)年6月 東北新幹線が開通
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物の駅となる
1995(平成7)年 花がつみ弁当 を発売
1998(平成10)年12月 新幹線改札口に自動改札機を導入
2000(平成12)年 3代目小林裕子が社長に就任
伊達鶏釜めし を発売
2004(平成16)年11月 1階のみどりの窓口とびゅうプラザを2階に移転
2005(平成17)年3月 みどりの窓口内に指定席券売機を導入
          3月    エキナカがオープン
         3月 フードバザーがオープン
         4月 在来線1階の中央改札口に自動改札機を導入
2006(平成18)年2月 在来線連絡橋にエレベーターが完成
2006(平成18)年2月 三春滝桜弁当 を発売
2007(平成19)年3月  ダイヤ改正により在来線ホーム番線の変更。2-6番線
水郡ホームから1-6番線に改称
        12月 新幹線自動改札機を更新。新幹線用新型自動改札機
設置
2007(平成19)年 福島牛牛めし を発売
2008(平成20)年3月 モバイルSuica特急券のサービスを開始
2009(平成21)年1月 2階在来線エスパル改札口(北口)に自動改札機導入
         3月 在来線(東北本線・磐越東線)におけるICカード「Suica」
(相互利用可能なJR各社、および他社局のIC乗車カー
ドでも)及び東北新幹線郡山―仙台間のSuica FREX
定期券・Suica FREXパル定期券と、新幹線停車駅が
2駅以上含まれるSuica定期券のサービスを開始
2010(平成22)年 海苔のりべん を発売
2011(平成23)年 相馬野馬追弁当 を発売
福の島 おとなの幕の内 を発売
2012(平成24)年 八重のふるさと を発売
2013(平成25)年 ふくのしま豚の醍醐味 を発売
2013(平成25)年 JR東日本駅弁味の陣にて、ふくしま路おとなの秋ごは
ん彩賞受賞
2014(平成26)年4月 郡山―喜多方間が新設の仙台近郊区間となり、その
内一部の駅 (磐梯熱海駅・猪苗代駅・会津若松駅・喜
多方駅)で「Suica」が利用可能になる
2014(平成26)年 おもてなし女子駅弁 を発売
2015(平成27)年10月 須賀川駅委託化に伴い、鏡石駅須賀川駅が当駅管理
となる
郡山駅開業128年
福豆屋創業91年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。