FC2ブログ
プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 33 新津駅 焼(やき)漬(つけ)鮭ほぐし弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


1509IMG_6380 (3)新津


信越本線の新津駅は、1897(明治30)年に開業した。
東京駅開業の17年も前である。新津駅開業から31
年後の1928(昭和3)年に三新軒の駅弁の構内営業が
スタートした。日本海の海の幸や越後米で、子供に
も人気の雪だるま弁当や、越後の年取魚(正月を迎え
る吉例の魚)の鮭など、伝わる郷土の味を誇りに、旅
ゆく人に駅弁を作りつづけ、87年の歴史を重ねた


駅弁彩見 33 新津駅 ()(鮭ほぐし弁当
              1080(税込)

信越本線新津駅は、新潟駅から電車で約20分。羽越
本線と磐越西線が分岐しています。
昭和年代は、新津機関区、国鉄新津工場や、東西南北
に操車場をもつ「鉄道の街」として知られていました。
 
良質の米と豊かな水にめぐまれ、数々の銘酒をもつ新
潟は、また、鮭料理の本場ともいえます。その歴史は
古く平安時代にさかのぼります。料理の種類も50種類
を超えるほどとか。
 
この新津駅に、新潟の伝統料理のひとつ「焼漬鮭ほぐ
し弁当」があります。
 
鮭の焼漬は、 醤油と酒を合わせたダシ汁に、生鮭を
焼いて、熱いまま入れて、漬け込んでおきます。本来
の鮭の美味さに、もうひと手間かけています。
 
その古い鮭料理を駅弁にしました。
 
白い新潟米のご飯に錦糸玉子をしいて、食べやすいよ
うに、ほぐした鮭の焼漬が並びます。
さっそく、ほうばると、なんともいえない鮭独特の味
に、やさしく淡い甘味がひろがります。これは、新潟
の人たちの保存食で、冬の食膳には欠かせないものだっ
たそうです。
 
こんな滋味を食していた新潟に住む人がうらやましいと
思いました。
 
箸休めには、舞茸煮、オクラと菊なめこの和え物、味噌
味の鉄火豆、シャリっとした酢漬けの赤かぶが並びます。
いずれも植物性の美味副菜です。
 
駅弁も最近は、現地だけではなく、東京駅などでも購入
しやすくなりました。
新潟県新津のこころをこめた、伝統ある鮭料理の味をお
たのしみください。

売店:新津駅、新潟駅、東京駅   
予約・取寄せ:予約可、取り寄せ不可
TEL:0250-22-1111


1 
1新津の三新軒には、子供に人気の雪だるま弁当もある。



2 
2雪だるまにちなみ、昭和
628月8日に発売された


創業87年 新津駅 三新軒の歴史
    黒字=駅  青字=三新軒
1897(明治30)年11月       北越鉄道沼垂駅―東三条駅間開通にあわせて開業
新津駅開業
1907(明治40)年8月 国有化となる
1910(明治43)年10月 信越線支線(現・磐越西線)が馬下駅まで開通
1912(大正元)年9月 信越線支線(現・羽越本線)が新発田駅まで開通
1913(大正2)年10月 新津機関車庫(現・新津運輸区)設置
1928(昭和3)年7月 2代目の駅舎に改築  
1928(昭和3)年 新津駅の構内営業業者として発足。営業開始
三新軒創業
1946(昭和21)年 新発田に支店を開設。新発田駅での構内営業を開始
1948(昭和23)年 新潟に支店開設。新潟駅で構内営業開始。
株式会社三新軒に改組
1956(昭和31)年 新発田支店を株式会社新発田三新軒、
新潟支店を株式会社新潟三新軒として、それぞれ独立
3社体制とする
1968(昭和43)年 (新発田三新軒)新潟営業所を設置。
1979(昭和54)年 (三新軒)三新軒ビルを建設し、不動産事業に進出
1980(昭和55)年10月 操車場機能を廃止
1982(昭和57)年 (三新軒)新潟営業所を開設し、新潟駅、燕三条駅に
売店をオープン
1984(昭和59)年 (新発田三新軒)新発田駅構内に店舗開設(飲食店お
よび書店)
1986(昭和61)年10月 貨物の取り扱いを廃止
1986(昭和61)年11月 荷物の取り扱いを廃止
1987(昭和62)年3月 貨物の取り扱いを廃止取扱いを開始
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物が継承
1993(平成5)年 (新発田三新軒)新発田駅前再開発のため店舗閉店
1997(平成9)年 (新発田三新軒)本社機能を三新軒本社と同じ場所に
移転
1999(平成11)年 新津に三新軒・新発田三新軒共同の調理場を設置
2001(平成13)年 橋上駅舎化を前に新津駅東西自由通路が先行して開
通。また東口側では旧職員詰所を転用した仮駅舎での
営業を開始し、2代目駅舎撤去及び東西自由通路の
東口側部分の建設に着手
2003(平成15)年12月 東西自由通路の東口側及び橋上駅舎(3代目現駅舎)
が竣工し、営業を開始
2004(平成16)年12月 自動改札機の運用を開始  
2006(平成18)年1月 ICカード「Suica」のサービスを開始
2008(平成20)年12月 指定席券売機導入
新津駅開業118年
三新軒創業87年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。