プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見30 加賀温泉駅  加賀白山おったから弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


IMG_6220 (2)加賀温泉1506 
高野商店の駅弁は、明治29年に今庄駅の開業と
同時に同駅で、「旅館大黒屋」から発売された。
明治の文豪泉鏡花が宿泊し、山本周五郎の『虚空
遍歴』にも実名で登場した老舗旅館である。その
後、大聖寺駅への移設を経て、昭和45年から特急
新駅の加賀温泉駅を本拠とした。『加賀・白山おっ
たから弁当』など加賀の駅弁づくりは、119年
 
 
駅弁彩見30 加賀温泉駅
加賀白山おったから弁当 1600円(税込)
 
加賀温泉駅の駅弁取材第1回目は、24年前1991
(平成3)年、JTB大型時刻表3月号「駅弁細見」で
した。
現在は販売されていない「えびめし」という焼き甘エ
ビの素敵な駅弁です。
 
駅の名称は加賀温泉駅ですが、加賀温泉という温泉地
はありません。山代、山中、片山津など北陸の名湯へ
の入り口として賑わう駅です。
 
「加賀白山おったから弁当」は、2005年の加賀四
湯博「加賀白山おったからまつり」で誕生した駅弁で
す。「おったから」は、お宝と、加賀の方言で「(あ
なたが)居たから」という二つの意味で名づけました。
 
ご覧のように、二重の折りに、石川県加賀・白山の伝
統ある食材がたっぷり詰め込まれています。
 
右側の一の重には、加賀料亭の卵焼き。黄身(君)を厚
く取り巻く厚焼きで、上等な卵の玉子料理です。奥な
ので目立ちませんが、10cm×2cmもあります。
 
さらに、手前、左下の正方形の器は、加賀の代表的な
郷土料理、治部煮(じぶに)。鶏、小芋、すだれ麩、
もみじ麩など。じぶじぶという煮込む音から、治部
煮。折、右上には鴨ロース。加賀「片野鴨池」は、
鴨の越冬地。その下には、五郎島さつまいもの甘煮、
小倉レンコンなど13種もぎっしり盛られています。
 
さて、二の重(左)には、ご飯類。季節の押寿司は、
鯛とカニ。やや甘めの酢加減が抜群です。
ご飯は、もう1種。甘エビの俵飯。甘エビの漁獲量
は、加賀が全国の上位を占めます。その甘エビを炊
き込んだ味わい豊かな味付け飯です。
 
ご飯類のお供に、ゴリの佃煮。醤油と水飴で炊いた
昔からの保存食で,加賀・金沢の代表的な郷土食です。
 
ほか、ちょっとデザート風に、菓子胡桃と吸坂飴(す
いさかあめ)が並びます。
 
胡桃は久美とも書き、「幾久しく美しさを留めよ」
の願いを込め、今も婚礼の祝い膳に供されます。
 
吸坂飴は、1631(寛永8)年に吸坂村(現加賀市吸坂町)
で作られた飴です。砂糖を使わず、加賀米と麦芽糖だ
けの自然な甘さ、素朴な風味がとっても魅力です。
 
大好きになりました。可能なら、取り寄せたいです。
駅弁には、こんな発見もあって楽しいんです。
 
総メニューは、ご飯3種類、副菜、デザートともで、
18種類の盛り込み。一品一品、丹精こめた味わい。
北陸路の雅な中にも、素朴な料理からその地の歴史
がうかがえます。
 
特筆したいのは、九谷焼の白い小鉢と山中漆器の塗り
箸です。
とりわけ、天を黒く塗った朱塗りの箸(写真)は、寸法
は短いのですが、大人でも使い勝手が抜群で、お弁当
がいっそう美味しくなります。
すっかりお気に入りで、素敵な布で箸袋を作って「携
帯用マイ箸」として愛用しようと思っております。
 
今庄駅、大聖寺駅、加賀温泉駅を旅する方々の喜びを
になって、今や、119年.
老舗ならではの駅弁の傑作です。
 
思わず、長いご紹介になりましたが、
召し上がったら、添えられた片山津開湯伝説の絵葉書
で、大切な方にお便りを。
 
 
売店:加賀温泉駅 金沢駅
予約:取寄せ:予約―可-加賀温泉駅、金沢駅で2日前ま
でに予約
取り寄せー不可
TEL:0761-72-3311
 
 
pic05 (2)高野商店---1
1 大黒屋時代の掛け紙-年代不詳



hist_b (3)----2
2 今庄駅100周年に当時の駅弁を再現 -平成8年


pic04l (2高野商店) (3)-----3 
3 大正九年の鉄道図-加賀温泉駅はまだ無い


pic00 (2-----4 (2) 
4 金五銭のお茶が入る箱-今庄駅



hist_c (3)---5
5 終戦直後の蒸気機関車―今庄駅-昭和21~22年ころ



pic03 (3)----6 
6 大聖寺駅の立売―昭和37年ころ



pic02 (3)---7 
7 開業時の加賀温泉駅―昭和45年



S駅弁細見--8 
8 『JTB時刻表 駅弁細見』1991年3月号掲載の「えびめし」
 

創業119年 加賀温泉駅 高野商店の歴史
黒字―駅  青字―高野商店
 
1890(明治23)年 北陸線米原―敦賀間開通
1894(明治27)年 北陸線第1期工事起工
1896(明治29)年7月15日 今庄駅開業 
―――――――――――――今庄駅開業
1896(明治29)年 初代高野亀之助が旅館「大黒屋」から
        北陸線敦賀―福井間開通と同時に、今庄駅
        ホームで売り子3名による弁当とお茶の立
        売を開始。竹の皮ににぎり飯と漬物を包ん
だ弁当を5銭で販売
                                 ―――――高野商店(当時大黒屋)創業
1897(明治30)年 今庄駅にて酒類、タバコ、果物、菓子など
の販売と売り子2名の増員が許可される
1898(明治31)年 新聞、雑誌、書籍類の販売が許可される
1913(大正2)年  大正初期に金沢出身の文豪泉鏡花が大黒
屋に宿泊、北陸一の美人の娘がいたと旅
日記にしたためる
1918(大正7)年  2代目高野甚策が亀之助を襲名
1919(大正8)年  今庄駅構内営業立売営業のため、建造物設
         置の許可を得て、私設建物と雨落共2
         25勺の木造建築物を建造
1924(大正13)年  3代目高野光男が襲名
1926(大正15)年  名古屋鉄道管理局から営業更新の許可を
          受ける
1927(昭和2)年   昭和初期、アマゴすし、鮎の姿ずしを
20銭で販売戦時中
               軍隊列車からの大量注文に多忙を極める
1943(昭和18)年10月 国有鉄道北陸本線の大聖寺駅―動橋間
に作見信号場(さくみしんごうじょう)を
開設。加賀温泉駅の前身となる
           ―――― 加賀温泉駅(作見駅改称)開業
1944(昭和19)年10月 作見信号場が駅に昇格、作見駅(一般駅)
が開業
1944(昭和19)年ごろ 太平洋戦争が激しくなり、玄米弁当の製造
も不可能になる。サツマイモを竹皮に包ん
で販売。軍隊だけは、終戦まで白米を提供
していた
1945(昭和20)年   終戦により、弁当販売が禁止される。代
用品として、当時今庄で豊富に採れた柿や
吊るし柿、リンゴを販売。吊るし柿は1
本に50個ついたものを2本セットで毎日
100セットあまり売れた
1946(昭和21)年   駅弁販売再開。折箱2段重ねで80円で販売
1955(昭和30)年ころ  ツグミ弁当20銭が大評判となる
          山本周五郎の長編小説『虚空遍歴』に大黒屋
が実名で登場、昔の旅籠「大黒屋」の様子
や今庄の雰囲気が描かれた
1959(昭和34)年   東京高島屋で開催の「全国うまいもの大会」
          で駅弁が飛ぶようにうれた
1962(昭和37)320日 北陸トンネル完成
         10月 弁当製造工場と家を大聖寺駅(石川県加賀市)
裏に移設、駅弁販売業務も大聖寺駅に移す。
大聖寺駅にて鯛寿しを販売
1963(昭和38)年1月  作見駅は貨物の取扱を廃止
1963(昭和38)年    38豪雪があり、除雪の自衛隊に施設と役務
を提供する
1970(昭和45)10月  作見駅は、特急停車駅となり、加賀温泉駅
に改称。同時に2代目の現駅舎に改築
1970(昭和45)年    特急停車新駅として、加賀温泉駅(石川県加賀
)が新設開業したため、大聖寺駅から再度
加賀温泉駅に移り、ここを本拠に駅弁販売を
開始
1973(昭和48)年    個人経営であった高野商店を株式会社高野商
店に改組
1984(昭和59)年2月  荷物の取扱を廃止
1987(昭和62)年4月  国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日
本)となる
1991(平成3)年     加賀温泉駅西側に新本社・工場が完成
1992(平成4)年     4代目高野哲次が取締役社長に就任
1998(平成10)年    5代目高野宣也が取締役社長に就任
2005(平成17)年    加賀四湯博「加賀白山おったからまつり」の
企画で、「加賀白山おったから弁当」を販売
2014(平成26)7月  北陸本線での社内販売が終了
2015(平成27)314日 北陸新幹線が開業
2015(平成27)年6月――――――――現在に至る
                                ―――――――――――今庄駅開業119年
            ――――――――――加賀温泉駅開業72年
            ――――――――――高野商店創業119年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。