プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見29 金沢駅 野点弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



金沢 お料理 (2) 

本年3月に長野~金沢間の開通により、北陸新幹
線で東京~金沢間が最速2時間30分になった。
加賀百万石の城下町は、戦時中大きな空襲を免れ
た。金沢駅は、1898(明治31)年に開業。同じ
年に大友楼も駅弁販売を開始した。前田家の料理
頭を務めた、初代大友儀佐衛門の教えを受け継ぎ、
駅弁で、優雅な加賀料理を提供して117年
 
駅弁彩見29 金沢駅 野点弁当 1万円(税込)
 
ご覧のとおり、豪華な逸品です。
金沢の現地でいただく加賀料理(懐石料理)を弁当用にア
レンジしてあります。
ただし、メニューは通常の駅弁のように一定しておりま
せん。予約を受けた時季の食材でととのえる加賀料理だ
からです。
 
ご飯類は、笹寿し、ちらし寿し、細巻が2種。
 
おかず類は、ウナギ巻、花サーモン、あなご八幡巻、ウ
ナギ蒲焼、どじょう蒲焼、ナス田楽、かもロース、氷頭
なます、アユ加賀煮、むしウニ、久瑠実甘露煮、枝豆、
鴨治部煮など、約25種類。
 
これでもかというほど美味豊富、品格あるお弁当です。
 
基本的に、加賀産の野菜や魚を加賀風の少し甘めの味付
けで仕上げてあります。
 
中でも、加賀ならではの郷土料理として、金沢名物のど
じょうの蒲焼は、どじょうを1匹開いて蒲焼にしたもの。
鮎の甘露煮、北陸独特の梅貝の白煮。鴨の治部煮は、昭
和22年、天皇巡幸の折、召し上がったレシピそのまま
を踏襲して、後世に伝えるため努力を重ねている逸品だ
そうです。
 
まさに、野点弁当。秀吉の「醍醐の花見」の情景を想像
します。一見、高額ですが、3~4人で豊富な味を楽し
めますから、グループ旅行やパーティでのおみやげに、
おすすめです。
 
駅弁は、日本の食文化です。
世界中にここまでの水準の駅弁があるのは、日本だけで
しょう。
 
江戸の天保時代、世界ではフランス7月革命のころ生き
た、初代大友儀佐衛門から伝わる味は、今年で185年
になります。
 
●完全予約販売です●
1 金沢駅を通過する列車のみ.列車までお届け
2 3日前までに、3個以上でご予約ください
3 予約連絡先―076-221-1758(代)9:00~17:00
 
 
1
1 明治31年の金沢駅。50,148円の巨費を投じて竣工
  今井四郎著『北陸線の記録』より

 2   
2 駅弁販売許可書の封筒(昭和6年)と駅出入り許可証(昭和5年)


3 
3 駅弁立売人の手帳。昭和16年


4 
4 創業当時ころの掛け紙。加賀藩第13代前田良寧(
よしやす)公の
銅像がみられる


5 
5 明治時代と推定される掛け紙


6 
6 昭和11年と推定される懸け紙


7 
7 昭和15年ころ(祝紀元2600年)の掛け紙


8 
8 戦時中の掛け紙


9 
9 戦時中の掛け紙


10 
10
 昭和43年金沢駅開業70年の記念復刻掛け紙と推定


創業117年 金沢駅 大友楼の歴史
黒字―駅  青字―大友楼
 
 
1830(天保元)年    初代大友儀左衛門が金沢市尾山町に料亭大友楼
           を開業
1898(明治31)年4月  官設鉄道北陸線、小松駅―当駅間 延伸開業に
より、終着駅として開業(一般駅)
           ――――――――――――――――金沢駅開業
1880年代(推定)    料亭大友楼2代目大友歳三郎が就任
1898(明治31)年4月  3代目大友佐助は、北陸線開通、金沢駅開業時 
の貢献により、構内営業の推挙を受けて駅弁の
製造販売を始める
           ―――――――――――――大友楼(駅弁)創業
       11月  官設鉄道北陸線 当駅―高岡駅間延伸開業によ
り、途中駅となる
1909(明治42)年10月  国有鉄道線路名称制定により、北北陸本線所
属駅となる
1938(昭和13)年10月  北陸本線当駅―津幡駅間が複線化
1938(昭和13)(推定)  4代目大友佐吉が就任
1947(昭和22)10月  天皇陛下、北陸巡幸の際、大膳所開設奉仕の
            栄誉に浴する
1949(昭和24)年6月  日本国有鉄道法施行により、日本国有鉄道(国鉄)
に継承
1952(昭和27)年4月  3代目の駅舎に改築
1952(’昭和27)年(推定)  5代目大友佐一が社長に就任
1960(昭和35)年9月  北陸本線西金沢駅―当駅間が複線化
1961(昭和36)11月 石川県知事より優良店舗の表彰を受ける
1963(昭和38)年4月  北陸本線福井駅―当駅間が交流電化
1963(昭和38)11月7日 株式会社大友楼を設立業務を拡大
1963(昭和38)3月  金沢鉄道管理局長より表彰を受ける
1963(昭和38)(推定)   6代目大友佐太郎が社長に就任
1964(昭和39)年8月  北陸本線当駅―富山操車場(現在の富山貨物駅)
間が交流電化
1972(昭和47)年4月  旅行センター開設
1972(昭和47)6月  運輸大臣より旅客サービス向上の表彰を受ける
       10月  日本国有鉄道総裁より国鉄表彰100年式典にて 
           表彰を受ける
1980(昭和55)年5月  高架化工事着工
1983(昭和58)5月  全国植樹祭の際供食し、石川県知事より表彰を受
ける
1983(昭和58)年    7代目大友佐俊が社長に就任
1984(昭和59)年12月  高架化工事に伴い、森本駅までの貨物通路線
が開通。貨物列車発着設備を東金沢駅付近に
移転
1985(昭和60)年7月  西口開設
1985(昭和60)年4月  社屋を現在地に新築移転し、近代的衛生設備
           と作業場免責の倍増を図った
        8月 全国高校総合体育大会に供食し、石川県知事より
           表彰を受ける
1986(昭和61)年3月  高架本体工事着手
1987(昭和62)年4月  国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日
本)日本貨物鉄道(JR貨物)の駅となる
1989(平成元)11月  食品衛生協会より食品衛生普及向上の表彰を受ける
1990(平成2)年6月  旅客駅高架化。ただし上り貨物船は地平に残る。
           駅舎設備を高架下に移転(4代目)
1991(平成3)年4月  上り貨物船が高架され、高架化完了
1991(平成3)12月  全国身体障害者スポーツ大会に供食し、石川県
知事より表彰受ける
1995(平成7) 8月  金沢駅西保健所より食品衛生普及向上の表彰を
           受ける
1997(平成9)3月  高岡駅に「焼きたてパンの店リトルマーメイド
高岡店」をオープン。業務を拡大した
1997(平成9)10月 通産産業大臣より統計調査正確迅速な報告に対
する表彰を受ける
1998(平成10)11月 農林水産省流通局長より外食産業の振興発展へ
の寄与に対する表彰を受ける
2000(平成12)11月 石川県知事より食品衛生設備、管理運営に対
する表彰を受ける
2003(平成15)年6月  JR貨物の駅が、金沢貨物ターミナル駅に改称
2008(平成20)年3月   金沢駅開業110周年記念式典
2015(平成27)年3月  北陸新幹線長野駅―当駅間延伸開業。これに伴
           い北陸本線当駅―倶利伽羅駅間がIRいしかわ
            鉄道に移管され、同社との共同使用駅となる。
           自動改札設置
2015(平成27)年4月   現在に至る
             ―――――――――――金沢駅開業117年
             ―――――――――――大友楼創業117年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。