プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見26 苫小牧駅 北海道汐彩弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



苫小牧1410 
 
苫小牧駅は、1892(明治25)年北海道炭礦鉄道の駅として
開業。18年後の1910(明治43)年にまるい弁当が創業。
苫小牧の代表企業、王子製紙を親会社とする王子サー
モン社のスモークサーモンを使った駅弁「サーモン寿
司」は昭和47年に発売の苫小牧の代表的な駅弁。
「北
海道汐彩弁当」は、104年の歴史が詰まった、
北海
道駅弁選手権2011グランプリ受賞の新駅弁




駅弁彩見26 苫小牧駅 北海道汐彩弁当 1150円(税込)
 
「北海道汐彩弁当」には、上記の「サーモン寿司」のほ
か、駅弁「ほっきめし」も盛られています。ホッキ貝の
ダシで炊き上げた、山菜やニンジン入りの炊き込みご飯
と柔らかいホッキ貝が味わえる逸品です。
 
紙の町苫小牧は、ホッキ貝の産地としても知られ、「苫小
牧市の貝」に制定。
この駅に「ほっきめし」の駅弁が登場したのは1997(平成
9)年で、土地の名産にもかかわらず、意外に遅い発売です。
 
まるい弁当では、その20年も前に「サーモン寿司」が発
売され、ウニ、イクラ、ホタテ、カニ、鮭と、北海道の主
な海鮮の駅弁が、次々に発売されています。
 
私が初めて現地取材したのは、1995(平成7)年。「うに弁
当」と「北の駅弁」でした。「ほっきめし」は、その2年
後に発売されました。
 
長々と「ほっきめし」発売の時期にこだわったのは、土地
の名産なら、真っ先に駅弁として発売されるのに、なぜか
と疑問に思ったからです。
 
そんなとき、ある誌面で、「ほっきめし」について、「ホッ
キを特別の技術で柔らかく炊きあげてある・・・・」とい
う1行に気付きました。
 
推測ですが、貝類の中でも硬めのホッキ貝を柔らかく仕上
げるための技術開発に手間取っていたからではないかと思
います。
 
たとえ地元の名産でも、駅弁として、本当においしく味わ
っていただこうとしたら、その自信が持てるまで発売しな
い、という調製元の姿勢がうれしいなと思いました。
 
ご紹介の「北海道汐彩弁当」は、この「ほっきめし」「サ
ーモン寿司」鮭照焼き、イクラ醤油漬、ツブ貝唐揚げの5
種類が盛られています。使用米は、当然、近年美味しいと
評判の北海道産米です。ツブ貝以外は、単独の駅弁として
すでに定評ある味です。
 
苫小牧の駅弁、北海道の「うまいもん」5種が勢揃いです。
 
この駅弁は、「JR北海道、ホクレン、北海道じゃらん」主
催、北海道駅弁選手権2011「新駅弁の部」で、グラン
プリを受賞しました。
 
売店:まるい本店(8~18時) 苫小牧駅(9~16時)
    南千歳駅(9~16時)
予約:取寄せ:予約―前日の午前中までに連絡。
本店のみで承り。
取り寄せ不可
まるい弁当:0144-32-3131   
 
Scan0066.jpg  
『JTB時刻表』グラビア1995(平成7)年6月号「駅弁細見」
で紹介の「うに弁当」と「北の駅弁」.発売中


創業104年 
苫小牧駅・まるい弁当の歴史
 
1888(明治21)年   山梨県より創業者向井睦吉 渡道
1892(明治25)年8月 北海道炭礦鉄道の駅として開業。一般駅
                     ­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­  -----------------------苫小牧駅開業
1906(明治39)年10月 北海道炭礦鉄道の鉄道路線国有化により
           国有鉄道に移管
1908(明治41)年8月  王子製紙専用線の王子軽便鉄道(通称山線)
                            が当駅をはさんで工場~支笏湖畔の自社発
           電所建設地(千歳郡烏柵舞)間運行開始
1909(明治42)年10月  線路名称設定により室蘭本線所属となる
1910(明治43)年10月  王子製紙開業に伴い、向井商店として
             雑貨業開業

-------------------まるい弁当創業
1911(明治44)年7月  2代目駅舎改築。跨線橋設置
1911(明治44)年    君島祖伝氏駅ホームで立売開始
1913(大正2)年10月  苫小牧軽便鉄道が佐瑠太駅(現・富川駅)まで開業
1914(大正3)年5月    苫小牧駅構内営業の許可を得て、開業
1918(大正7)年     駅前で待合所を開業
1927(昭和2)年8月    苫小牧軽便鉄道線が国有化。日高線(後の
           日高本線)となる。
1929(昭和4)年12月  苫小牧~佐瑠太間の軌間1067mm改軌工事
           が竣工、直通運転開始。これに伴い、構内
           整理。
1934(昭和9)年10月  北海道鉄道(2代)札幌線(後の千歳線)が当
駅駅へ4往復乗り入れ
1936(昭和11)年7月  北海道での陸軍特別大演習を機に3代目駅
舎 改築
1950(昭和25)年2月  苫小牧客貨車区設置
1951(昭和26)年8月  王子軽便鉄道廃止
1958(昭和33)年11月  向井商店を法人組織に改組。株式会社苫小
            牧 駅構内立売商会とする。所在地は苫小牧市王子町3番地
1963(昭和38)年4月  苫小牧操車場から石炭埠頭貯炭場の高架桟
橋までの公共臨港線が運用開始
       6月   苫小牧操車場全面開業
1966(昭和41)年       2代目向井勝栄が社長に就任
1972(昭和47)年    スモークサーモン寿司発売
1974(昭和49)年4月  駅前開発に協力、社屋を苫小牧新中野町3-10-11に移転
1974(昭和49)年    3代目福原周一が社長に就任
1977(昭和52)年    えぞずし を発売
1980(昭和55)年10月 オイル着発線完成
1981(昭和56)年5月  千歳駅進出のため、社名を株式会社まるい
弁当と改称。現住所に移転
       11月  千歳空港駅構内営業許可を得る。 千歳空港
駅は平成4年7月に南千歳駅となる
1981(昭和56)年    うに弁当 いくら弁当 かにちらし ホタ
テ弁当の4種を発売
1982(昭和57)年10月 4代目の現駅舎に改築
1987(昭和62)年4月  国鉄分割民営化により北海道旅客鉄道(JR北
海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅となる
1992(平成4)年3月  オイル着発線廃止
1993(平成5)年     北の駅弁 を発売
1995(平成7)年     ほっきめし を発売
1997(平成9)年     4代目福原次郎が社長に就任
1998(平成10)年4月  苫小牧駒沢大学売店・食堂の委託営業開始
       8月   (財)北海道トラック協会の委託事業として、
トラックステーションレストランタートル
開業(苫小牧市沼ノ端957-2・国道36号沿
い)
1999(平成11)年    自動改札機導入
2008(平成20)年10月 自動改札機にて「Kitaca」導入
2010(平成22)年    まるい弁当創業100年
2014(平成26)年11月 現在に至る
---------------------苫小牧駅開業122年
-------------------まるい弁当創業104年
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。