プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 24 横浜駅 シウマイ弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



1407IMG_5290 (2)横浜


明治5年開業の横浜駅は、日本で最初の鉄道駅の一つ。
その36年後に崎陽軒が創業。20年後にシウマイ誕生。
「シウマイ弁当」は、横浜のシウマイがほぼ全国区にな
った26年後の、1954(昭和29)年に発売された。
シウマイ誕生には、当時の南京町点心職人である呉さん
の力添えがあった。それを日本の崎陽軒が全国区の横浜
名物に創りあげた。106年の歴史に感ありです



駅弁彩見 24 横浜駅シウマイ弁当 770円(税込)
                  8月1日より800(税込)


横浜駅の、というより、全国区といえる崎陽軒の「シウマ
イ弁当」は、1954年に誕生。今年60周年を迎えまし
た。
知名度の高さに比し、まだ60年?と感じるのは、いかに
その存在が親しまれているか、ということでしょう。
 
駅弁「シウマイ弁当」の現場取材は、2006年でした。
価格は、710円。
 
このたび改めて撮影のため、ふたを開けると、8年前とレ
シピも並べ方も味も、寸分変わりない、いつもの「シウマ
イ弁当」です。
 
昔ながらのシウマイは、1928年発売以来のシウマイ。
国内産豚肉に干し帆立の貝柱と玉ねぎをミンチにし、グリ
ンピースを混ぜてある。塩と砂糖、澱粉、コショウだけで
味付け。無添加。
 
しっかり味がしみて、おつまみにも最適。これだけを売っ
てほしいというリクエストがあるほど人気の筍煮は、独特
の調味料で炊くこと、約20分。さいの目に切ってあるの
で子どもでも食べやすいです。
 
さらに、マグロの照り焼き。タレに浸けた後、300度の
火力で8分焼く。冷めても口中でじんわり旨味が広がるのは
タレに秘密があります。
 
もち米を使わないのに、モチモチッとした感触の白いご飯が
またうまい。強い蒸気で一気に炊き上げるからでしょう。
 
ふんわりの玉子焼き、かまぼこ、鶏唐揚げ、あんず、と、名
脇役がそろいます。
微調整はありますが、基本が変わらない。安心感を与えます。
変えないことも、また、大変なことです。
 
大げさな例えで恐縮すが、駅弁はオーケストラだと思います。
よい駅弁は、ほんの少しの箸休め一つでも、質を落とさない
ことだと、私は考えています。
 
 
売店:横浜駅 新横浜駅 東京駅ほか、神奈川県、東京都を
   中心に約150店 
予約:取寄せ:予約可・取り寄せ不可
崎陽軒:   045-441-8851
お客様相談室:0120-882-380
 
 
1創業当時の店舗
1 崎陽軒旧店舗 大正時代


シウ娘たち (2)  
2 横浜駅のシウマイ娘 昭和30年ころ


3シウマイ 
3 
「シウマイ」の掛け紙 昭和38年



4S04上等御辨當 (2) 
4 
昔の掛け紙 昭和4年



5 
5 
昔の掛け紙 昭和13年



6 
6 初代「シウマイ弁当」の掛け紙。昭和29~34年 



7 
7 
2代目「シウマイ弁当」の掛け紙。昭和35~38年  



8 
8 3代目「シウマイ弁当」の掛け紙。昭和39~平成6年


創業106年 横浜駅・崎陽軒の歴史
黒字=駅  青字=崎陽軒
 
現在の横浜駅周辺は、幕末まで海の中であった。明治維新直後に
埋め立て事業を行い、鉄道が敷設された
 
1872(明治5)年6月 品川駅からの鉄道路線が開通。初代横浜駅
          が開業。日本で最初に開業された鉄道駅の
          一つで(もう一つは品川駅)、現在の桜木町
駅に相当する。駅舎の設計は、アメリカの
建築家R.P.ブリジェンスで、新橋停車場と
同じデザインであった
          ――――――――――――――横浜駅開業
1887(明治20)年7月 横浜駅(初代)-国府津駅間が開通。新橋駅方
          面と国府津駅方面直通列車は、当駅で進行
          方向をスイッチバック(反転)していた
1898(明治31)年8月 東海道本線のスイッチバック解消のために
          横浜駅を経由しない短絡直通線が開通。
          横浜以西への直行優等列車は、横浜の代わり
          二、上りは保土ヶ谷駅、下りは神奈川駅停車
          とし、横浜―保土ヶ谷間を連絡する小運転列
          車が設定されていた
1901(明治34)年10月 短絡線上に横浜の人の利便を図って平沼駅
           (現在の横浜駅に程近い位置)を設置。優等
           列車は神奈川駅と保土ヶ谷駅に代わって、
           平沼駅に停車していた。
1908(明治41)年   横浜駅において鉄道構内営業の許可を受け、
          「崎陽軒」として創業。
       4月 4代目横浜駅長であった久保久行は、妻・
           久保コト(旧姓野並)の名で横浜駅(現在の桜
木町駅)構内営業の許可を受けた
           ­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­――――――――――――――崎陽軒創業
1914(大正3)年12月 京浜間での電車運転開始に伴い、横浜側の仮
終着駅として高島町駅が開業
1915(大正4)年    匿名組合崎陽軒に改組。野並茂吉が支配人(
初代社長)に就任 
1915(大正4)年8月  東海道本線の横浜通過を避けるため、現在の
           地下鉄高島町駅付近に横浜駅(2代目)が開業。
           (旅客駅)。横浜駅(初代)を桜木町駅に改称。
平沼駅廃止。高島駅は横浜駅京浜線ホームと
なる
1923(大正12)年9月1日 駅舎が関東大震災で焼失
        9月7日 しばらくの間仮駅舎を設置して営業。こ
の頃に平沼が完全に埋め立て
1928(昭和3)年 5月 東京横浜電鉄線(現在の東急東横線)が開通
        10月 横浜駅がさらに北側、現在地に移転。東海道
本線を現在のルートに変更。神奈川駅を廃止
           この時、横浜駅には汽車線ホームのみが設置
され京浜線ホームはなかった。そのため、駅
の東口に京浜線仮ホームを設置した。
また、2代目横浜駅元植木構内扱いの高島口
乗降場として残された
1928(昭和3)年    横浜名物崎陽軒のシウマイを独自開発
           12個入り1折 50銭
           横浜駅は、東京駅に近すぎたため、駅弁販売
           に有利とはいえず、関東大震災からの復興を
進める上で、横浜名物を作ることに着手。
南京街(今の横浜中華街)を歩き、つきだしに出
される「シューマイ」に目をつけた。
           しかし、シューマイは、冷めると味がおちるた
           め、駅販売には不向きであった。そこで、南京
           街の点心職人・呉遇孫(ごぐうそん)をスカウ
ト。昭和3年3月、冷めてもおいしい「シウマ
イ」が完成した。
1930(昭和5)年1月  京浜線横浜―桜木町間経路変更、横浜駅に京浜
           線ホーム設置。高島口乗降場閉鎖
       2月  京浜電気鉄道(現在の京急本線)が開通
1933(昭和8)年12月  神中鉄道線(現在の相鉄本線)が開通。現在の西
口は砂利置場だった
1945(昭和20)年5月  横浜大空襲により、駅設備の大半が焼失
1950(昭和25)年    シウマイ娘登場
            戦後の傷跡が残る寂寞とした横浜で「シウマイ
            娘」が誕生。横浜駅ホームに赤い服にたすきを
            かけ、手籠にシウマイを入れ、「シウマイはいか
            がですか」と列車の車窓を売り歩く。
           「横浜にシウマイ娘あり」と評判を呼び、シウ
           マイは、全国区となった
1954(昭和29)年    「シウマイ弁当」の販売開始
           シウマイの発売から約20年。酒悦の福神漬、横
           浜カマボコ、崎陽軒のシウマイの三つの有名品を
主体のシウマイ弁当が誕生した
1965(昭和40)年    第2代社長に野並 豊が就任
1967(昭和42)年   「真空パックシウマイ」の販売開始
           今や一般名称の「真空パック」は、崎陽軒が発案
したものである。日持ちの短いシウマイを「遠方
へお土産に」の声に応え研究を開始。常温で10日、
5度C以下で1か月間保存可能、熱湯に5分で出来
立ての味を再現。「真空パックシウマイ」の開発に
成功、販売となった
1968(昭和43)年8月  横浜市電、駅西口電停廃止
1971(昭和46)年3月  横浜市電、駅前電停廃止
1972(昭和47)年3月  横浜市営トロリーバス廃止
1975(昭和50)年    シウマイ製造工場(シウマイセンター)開設
           需要の拡大、品質の安定化を目指し,第3京浜高速
道路、港北インターチェンジ付近に、シウマイ製造
工場(シウマイセンター)を建設。平成15年のリニュ
ーアルを経て、現在も稼働中
1976(昭和51)年9月  横浜市営地下鉄3号線開通
1987(昭和62)年4月  国鉄分割民営化により国鉄の駅はJR東日本
           の駅となる
1991(平成3)年    第3代社長に野並直文が就任
1996(平成8)年    崎陽軒本店オープン
           横浜に生まれ育った歴史を背景に「横浜料理」を創り
           たい。そんな想いを込めて東口に「崎陽軒本店」をオ
ープン。異国情緒漂う外観に、世界の食文化が集う。
横浜ならではの、横浜料理の創造がはじまった
1999(平成11)年    関東の駅百選に選定さる
2002(平成14)年    戸塚崎陽軒オープン
          本店姉妹店として開業。緑豊かな美しいパティオ(中庭)
          を中心に、全部屋から四季の風情が眺められる複合型レ
ストラン
2003(平成15)年    横浜工場リニューアル、「崎陽軒横浜工場」に改名
           昭和50年開業の「シウマイセンター」(横浜市都筑区)
           を品質安定、安全性の向上のため、全面改修、増築工
事を実施。一般向け見学通路により、稼働設備を公開。
パッケージや歴史などの展示も行う
2004(平成16)年1月30日 東急東横線当駅―桜木町間、この日の終電を
              もって営業終了
        1月31日  東急東横線のりばを地下化
“2008(平成20)年   「100周年100企画」実施
           記念商品やレストランの特別メニュー、記念キャンぺ
ーンなど100の企画を実施。さらに、次の100年に向
けた会社の理念を「崎陽軒100周年宣言」として発表。
2012(平成24)年    おいしさ長もちシリーズ発売           
          包装形態の改良、製造段階から販売にいたるまでの冷蔵
          設備の導入により、シウマイの賞味期限は11日、弁当の
消費期限は4日に延びた。電子レンジで簡単出来立て、
手軽に横浜の味を楽しんでいただけるようになりました
2014(平成26)年7月―――――――――――――――――現在に至る
       ­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­     ―――――――――――――横浜駅開業142年
            ­­­­­―――――――――――――崎陽軒創業106年


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。