プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブローチ

3949ブログ 



2011年3月30日、彫刻家の佐藤忠良さんが亡くなった。7月には白寿(99歳)を迎えられることになっていたそうである。

日本を代表する具象派彫刻の第一人者であった。

ロングセラーの絵本「おおきなかぶ」の絵の作者であり、「群馬の人」「常磐の大工」「賢島の娘」「帽子・夏」などの彫刻作品は、いずれもこの作家の人間観を現している。

私は、佐藤忠良作のブローチをたったひとつ持っている。

直径5cmほどの円形銅版に、右手に、はばたく鳥をもったシャガールの描くような女性が、空に舞っている姿が彫られている。

好きなジャケットの襟につけて、物をよく無くす私が、不思議に持ち続けている大切な品である。

40年も前だっただろうか。

旺文社で子ども向け美術の本を作ることになって、取材のため、美術の教科書を作るある出版社の社長を訪ねた。画家の友人のお兄さんも画家で、その方の紹介である。
この社長は、子どもに使ってもらう美術の教科書制作にある理想をもっていた。

例えば、日常使うお椀などは、許すかぎり、上等のものを使おう。本物は使い勝手、光沢、手にのせたときの感触などが子どもの教育に及ぼす影響ははかり知れない、という考えである。1椀2万円であっても、成長までの20年間使えば,年間1000円、月に84円、1日2.8円。
よいものは、永く使えるから、決して高くない。
感性を磨くには、そういう観念が必要だ。という趣旨に貫かれた教科書を作りたいと熱心に話された。
その監修、著者が佐藤忠良さんであり、舞台美術家・画家の朝倉摂さんなどであった。

話を聞いて感激した。私もそう思う。私もそういう美術の本を作りたいと思った。
もっと、話を伺いたくて頻繁に訪ねた。時には、佐藤忠良さんも来社されていた。社長は、自宅を抵当に銀行から融資を受け、その教科書制作にあたった。

教科書は、通常の出版社のように、作って販売会社を通したり、独自に売れるものではない。当時の文部省の検定にパスしなければならない。パスしても、さらに販売の努力をしなければ学校が採用してくれない。作ればいいというものではない。まさにそれは、信念と情熱の具現化にほかならない。

ブローチは、美術の教科書作成時に、その会社のために佐藤忠良さんが手がけられたもので、いただいたのは、その中の一つである。

「職人に栄誉は不要」と二度の文化功労者の内示や、二度の芸術院会員就任も断った作家は、本物を作りたいと望んだ人には、惜しまず手を差し伸べたのでしょう。

40年近い歳月が流れ、東北大震災のさなか、佐藤忠良さんの訃報であった。長年愛用して底光りというか、いぶし銀のように輝くブローチを改めて手にとった。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。