プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 23 松江駅 日本海あなご(ANAGO)弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



IMG_5264 (2)松江1406 


一文字家は、松江駅開業の7年前、明治34年に旅館業を
創業。明治40年には、東郷平八郎元帥が宿泊の歴史もあ
る。一文字家の名は、もてなす何人かの客の中で一番主な
客である正客に出す,ご飯の最初のひとすくい、「一文字」
から名づけたという。以来、客への「一膳一心」、郷土の
味を守り伝えて113年。2013年12月発売の日本海
あなご(ANAGO)弁当も、伝統の1ページを飾る新駅弁。


駅弁彩見 23 松江駅 日本海あなご(ANAGO)弁当
                                                       1340円(税込)


「ANAGO弁当」を目にしたとき、小型版女性週刊誌か
と思いました。
この駅弁の効能をはっきりうたって、キレイになる、女子
力アップと、日本一の美肌県としての島根をアピール。
 
伝統ある駅弁の掛け紙を見慣れている私には、とても新鮮
でした。
ややッ、ついに出た!と思いました。
 
日本海のあなごが味わえます。日本海産のあなごは、大き目。
荒波育ちで脂がのって旨みが濃厚。
 
このあなごを、醤油と味噌で炊いています。
 
松江には、調味料も年代物の「じもの」があります。
味わいも香りも優れた、奥出雲の本醸造醤油。
 
嘉永7年、ペリー来航の年に生まれ、山陰の人びとに長く愛
されている錦味噌。
この、醤油と味噌の二種類の味覚。特に、味噌味のあなごは
珍しい。茶道の伝統を持つ城下町で愛される味噌は、上品
な味わいです。
酢飯とも感じさせない、しかも、若い女性に適量の酢飯の上に、
「鮨のにぎり」のように盛り付けられていますから、互い違い
に箸をすすめると、醤油味と味噌味が交互に舌に残ります。
 
そして、二つの味が一体となったように、感じます。なんとい
うか、モダンな「あなご弁当」です。
 
箸休めのさくら漬と島根のとんばら漬。さわやかな和菓子のフ
ルーツ餅が、「日本海あなご(ANAGO)弁当」に、ひと味
添えています。
 
売店:松江駅コンコース売店 
予約・取寄せ:予約・取り寄せとも可
一文字家:0852-22-3755






1日本海あなご()ANAGO弁当 
1 日本海あなご(ANAGO)弁当の掛け紙。
松江の観光ガイドなどを紹介。持ち帰り一読を

2明治40年 
2 明治40年、東郷平八郎元帥一文字家旅館に宿泊

3一文字家旅館客室。年代不詳 
3 一文字家旅館客室。年代不詳

4一文字家人力車。大正時代 
4 一文字家人力車部。大正時代

5一文字家自動車部。大正9年 
5 一文字家自動車部。大正9年

 

7 戦時中の掛紙 
7 戦時中の掛け紙

8 戦時中の掛け紙 
8 戦時中の掛け紙


9幕の内弁当の掛け紙。昭和50年ころ 
9 幕の内弁当の掛け紙。昭和50年ころ 






創業113年 松江駅・一文字家の歴史
黒字―駅  青字― 一文字家
 
1901(明治34)年 隠岐航路の船問屋4代目の景山ヨシが殿町で
一文字家本店旅館を開業。松江駅前で、弁当、
食堂、乗合自動車事業で基盤を築く
­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­--------------------------------------- 一文字屋創業
1902(明治35)年 シベリア鉄道開通
190(明治37)年 日露戦争
1905(明治38)年 旅順開城、日本海海戦、夏目漱石『吾輩は猫
         である』刊行、日露講和条約議定書(ポーツマ
ス条約)調印
1907(明治40)年 東郷平八郎元帥が一文字家旅館に宿泊
1908(明治41)11月 官設鉄道が安来駅から延伸し、その終着と
           して開業。客貨取扱を開始
------------------------------------松江駅開業
1908(明治41)年  景山ヨシの妹、タダが弁当、雑貨の販売許可
         を取得。構内に茶店、売店、駅前には旅館の
         支店を開設
1909(明治42)10月 線路名称制定により山陰本線所属となる
        11月 山陰本線が当駅から宍道駅まで路線延伸。
           途中駅となる
1920(大正9)年   松江市の乗合自動車許可取得。米国カリフォ
ルニアの親類に依頼。8人乗りのフォードを
輸入、営業
モダンな3階建洋館の「一文字家食堂」を建
てる
1925(大正14)年  殿町の旅館閉館。駅前に統合 
1926(大正15)年  合資会社に改組
昭和初期     7代目を継ぐ景山一郎が婿養子入り。自ら駅ホー
         ムで駅弁の立売などに励む
第二次世界大戦中 一郎は、出征。復員後は一人でも多くの人の食を
         満たそうとご飯にイモを混ぜたり、うどんに海藻
         を入れる工夫で増量。妻のちえ、従業員とともに
         懸命に励む。「一文字家の中興の祖」           
1953(昭和28)年  駅舎を鉄筋コンクリートに改築する(民衆駅第
13号)
1967(昭和42)年  山陰視察の皇太子殿下ご夫妻(現天皇)宿泊
         高度経済成長期、弁当の需要拡大。松江市西嫁島
         に弁当センター建設
1973(昭和48)4月  駅高架化工事着工に伴い、貨物取扱業務を
           東松江駅に移管する
1975(昭和50)年 弁当センター隣接地に1日1万食製造の山陰ナンバ
           ーワンの施設完成
1977(昭和52)3月  高架駅となる
1978(昭和53)年    シャミネ松江が開業
1979(昭和54)年  8代目代表社員に景山一功朗が就任
6階建新館増築。ビアガーデンなど攻めの経営
1982(昭和57)年  島根県スポーツの祭典「くにびき国体」関係弁当
         中毒のアクシデント発生。代表社員一功朗、会長
         景山一郎は、大会後、東北から九州まで患者
         宅を1軒1軒訪問謝罪。「二度と食中毒を起こさ
                       ない」を教訓に現在の徹底衛生管理に生かされている
1983(昭和58)年  島根西部大水害に2万5千食製造。陸路の分断で船
         をチャーター。被災地へ輸送
1987(昭和62)4月  国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR
西日本)の駅となる
1987(昭和62)年  現社員代表景山直観入社
2003(平成15)年  以降、山陰の歴史、文化、イベントにちなむ駅弁に
             注目。しまね地産地消推進協議会、地産地消地域協
         議会が設置された。
         「出雲おくにのかしわめし」発売
2004(平成16)年 「出雲美人」発売
2005(平成17)年  松江市平成町の松江第2卸団地「クレアヒル松江」に
         移転。HACCP(ハサップ)工場認定。全国で11番目、
         松江で第1号。
2007(平成19)年  石見銀山遺跡が世界文化遺産に登録。
         「地サバすきやき銀の鯖丼」発売
2008(平成20)年 「境港水揚げかにめし」発売
2009(平成21)年  9代目代表社員に景山直観が就任
         「蟹としじみのもぐり寿し」発売
2010(平成22)年  「出雲招福ちらし」発売
2011(平成23)年  「神々のふるさと出雲北前船の宝寿し」発売
         しまね地球温暖化防止活動大賞を事業者部門
         で受賞。
         全国低炭素杯優秀賞受賞―東京大学安田講堂
2012(平成24)年 「島根豚みそ玉とん」発売
2014(平成26)7月 ------------------------------------------------現在に至る
                       -------------------------------------------松江駅開業106年
                                        -----------------------------------  一文字家創業113年
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。