プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の客

E.jpg 
東京・新宿三丁目の店


人の気配は、多くを物語る。

30センチほど離れた左隣のテーブルに座る一人客の女性。

黙々となんとなく、ガツガツという音が聞こえるように食

べている。

 

松のとれた1月中旬の昼下がり。新宿まで文房具を買いに

出掛けた。

新宿通りを紀伊国屋の前まで来て、空腹を感じ、地下に

「とんかつの店」があるのを思い出した。

 

奥の壁を背にしたテーブルに案内される。ほぼ正方形の店内。

四角い壁に沿って、テーブルが向い合せに2個ずつ配置され、

壁際に向い合せ2人、または4人座れるようになっている。

 

目の前のほぼ中央には、長テーブルを二列にした自由席、

その先に厨房がある。

私の知る限りでも、このビルでもう20年以上になる店である。

 

アツアツに揚げたとんかつに、大根おろしをのせて醤油で食

べるのが好きで注文する。注文を受けてから揚げるので、し

ばらく待ち時間がある。

 

さて、黙々と食べている、左隣の客の皿には、カットされた

とんかつが2個残っている。私よりかなり前に着席の客らし

い。キャベツのお代わりを請求している。

 

店員は、笑顔でマナーもよい。

ここは、ご飯とキャベツのお代わりが何度でもできる。と、

覚えていた。ところが見ていると、味噌汁もお代わりできる

ようになったらしい。

 

昨年末のテレビで、あるとんかつ屋の主人が、野菜類の値段

が高くなって、特に必需品のキャベツの高値に頭を悩ませて

いる。と話していたのを思い出す。この店ではなかったかし

ら、と頭をよぎった。

 

ニコニコ顔の店員が、キャベツの籠を下げて、気持ちよく客の

間をめぐり、味噌汁のお代わりを、さっと空になった椀と取り

換えている。

自分の注文がきて分かったが、味噌汁椀は、私の好きなシジミ

汁だった。

しばらく来ないうちに、サービスが一段と良くなったなあ、と

感心した。

 

さて、まだ、私の注文品は来ない。

 

左隣の女性は、また、キャベツのお代わりを請求した。始めは

当然ついているから、彼女のお代わりは、見ている限り2回目。

実質3回分。この時の、とんかつ残は、ワン・ピース。

わずか30センチ先なのでテーブルの上は、いやでも目に入る。

 

やっと注文が目の前に。

大き目の皿に敷いた金網に、揚げたてのロースかつ。

これ以上細く刻めないような、繊細なキャベツの山盛り。

やや甘味噌仕立てのシジミ汁。

大振りの茶碗に盛られた美味しい日本のお米のご飯。

小皿の香の物。

 

とりわけ感激したのは、小丼に形良く盛られた、絹漉しの

大根おろし。ほかの店では漉していないものが出てくるのに。

 

漉して、いい塩梅(あんばい)にしぼってあるので、とんかつに

乗せた時に水っぽくならない配慮と舌に乗せた瞬間の食感の良

さ。あまり使いたくない言葉だが、まさに、これぞ「もてなし」。

「自慢のとんかつを、いっそう美味しく味わってほしい」とい

うこの店の料理人の心が伝わる。

そこまで書きたくないのでありますが,これで1260円。

小さ目のとんかつを選べば890円。

 

さて、隣の女性がなんとなく気になります。

ご飯とシジミ汁、また、キャベツのお代わり。私がほぼ食後に

なりかけたころ、彼女のテーブルは食器でいっぱいになっていた。

 

立ち上がって帰りがける彼女をはじめて見た。見事な肥満体の

40代の女性。

 

単純に私が席に着いてから、大雑把に計算しても、メインのと

んかつ以外は、ご飯、味噌汁、キャベツを四人分くらいお代わり

していた。(私の勝手でしょと言われそうだが)

ご飯茶碗には、使用済みナプキンがクシャクシャに丸めて山の

ように盛られている。

 

店は、お代わり自由とうたっているので、誰も文句は言えない

けれど、ものには限度とか、つつしみとか、他者()への思い

やりというか、遠慮があってもいいのではないか。

 

たくさんのお代わりはいいとしても、ナプキンの始末は、もう

1枚とって、すべてくるんで、バッグにそっと忍ばせてくれた

らと思う。

これを見ているのは、後を片づける店員さんだけではない。周り

の客もしっかり目にしている。

 

5~6歳の頃、父に連れられて外食の際、決まって「食後の景色

をきれいにしておくように」とお念仏のように言われた。

鈍感な娘は、今頃になってその深い意味を悟る。

 

食べ物の店について、

食欲ってものはね、最も低級な欲望なんだ。それをごたいそうに

頭で飾り立てるような店がうまいわけないじゃないか。客にお愛想

つかうようじゃ本物じゃないよ」と評論家・小林秀雄は語っている。

 

こういう客を迎えるには、店のほうも心構えがいる。

 

外で食事をするということは、客も「わきまえる」必要がある

と自分に言い聞かせる。といっても、車は急に止まれない。

 

気持ちの良い食事に出会えて、そんなに食べられないわが身の悔

しさもあり、隣の客の存在が、いかにも残念なひとときでした。

                           (2014/01/30)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。