FC2ブログ
プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 18 森駅 いかめし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 

_4882 いかめし森駅1311 

いかめし阿部商店のルーツは、約170年前、江戸時代

天保年間、北海道開拓時代の旅館業の草分けである。

1903年、森駅開業と同時に阿部弁当店も誕生。昭和

16年、内浦湾で大漁の味の良い「いか」の出現でオリ

ジナルの「いかめし」を考案。「作ってその場で売る」

積極販売とともに全国にその名が広まって久しい。京王

百貨店駅弁大会で、売上ナンバーワンの座もゆるがない

 

 

駅弁彩見18 森駅 いかめし 580円 

 

フタを開けると、濃いあめ色に炊きあがった「いかめし」

が2杯。小ぶりの場合は3杯入っています。

 

最近、「箸」がついてない、という若い方がいるそうです。

箸ではつるりとすべります。

胴をとめている、“ようじ”をつまんで食べてください。

 

イカは体長1820cmのニュージーランド産。国産より

高めですが、仕上がりが柔らかく、冷めても美味しい。

 

ぷっくりふくれたお腹には、水に浸した、うるち米

ともち米を2:1の割合でブレンドしてイカの胴に三分

の一ほど詰めます。

 

沸騰した湯で15~20分ゆでると、ちょっとメタボの

かわいい姿になります。

 

下ゆで後、中ザラ糖と醤油と水で調合したタレを沸騰さ

せて15~20分煮込みます。いかめしを1個取り出し、

米の炊け具合いを確認。出来上がりです。

 

胴の部分を輪切りにしてみると、キメ細かな、和菓子の

白あんのような感じです。

 

ほんのり甘め、もちっとしたご飯と、煮込んだイカ

特有の風味とがあいまって、この「いかめし」の、

なんでもないけれど、惹きつけられてしまう味が、

多くの人に愛されるのかもしれません。

 

 

売店:駅構内のキヨスクと、駅前の柴田商店で販売。

    9~18時.夏期の7月下旬~8月下旬は

    ホームでの立売販売を行っている

    全国の百貨店、スーパー、物産展などでの

出張販売をおこなっている

取寄せ:取寄せ不可

いかめし阿部商店:01374-2-2256

 

 

明治時代の阿部旅館 
明治時代の阿部旅館





いかめし002 (2) 
いかめし発売当時の社屋 昭和16年



いかめし003 (2)
いかめし発売時初代の掛け紙 昭和16年




いかめし001 (2) 
 
2代目の掛け紙


●海を越えて飛ぶ森駅名物の「いかめし」

 

「いかめし」は、2001年から海外でも販売され

ている。アメリカのロサンゼルス、サンフランシス

コ、ニュージャージー、シカゴ。マレーシアのクア

ラルンプール。タイのバンコク。シンガポール。

台湾。1日約3500~4000人の購買客で賑わ

う。日本の売価580円を各国現地価格で販売。 

④ いかめしニュージャージ (2) 

アメリカニュージャージーの「大北海道展」


創業110年 森駅 阿部商店の歴史

 

1903(明治36)年6月――北海道鉄道の駅として開業。一般駅

                 ―――――――森駅開業  

1903(明治36)年6月――初代、阿部重吉、森駅開業と同時に構内

           営業の許可取得。駅構内立売営業(阿部

弁当店)を開業。旅館業との兼業であった

             ――――――いかめし阿部商店創業     

1907(明治40)年7月――北海道鉄道国有化により国有鉄道に移管

1907(明治40)年――――初代他界により夫人阿部カヨが2代目を

           継承。構内営業、旅館業とも順調に推移

1011(明治44)年8月――駅舎改築。跨線橋設置

1919(大正8)年――――3代目、阿部恵三郎が継承

1927(昭和2)10月――海岸埋立など、構内改築拡張工事竣工

       12月――渡島海岸鉄道が当駅から砂原駅まで開通

1928(昭和3)年――――4代目、阿部恵三男が継承。構内営業を主

           とした供食事業が好調

1930(昭和5)11月――駅舎改築

1940(昭和15)年――――この頃から内浦湾で「いか」が大豊漁とな

           る

1941(昭和16)年――――大漁の「いか」の活用を思案した阿部恵三男

          の夫人が、いかの胴に米を詰めて煮込むという

独創的な「いかめし」を考案し「駅弁」とし

           て販売を始めた。味の良い、「いか」特有の

風味を持った「いかめし」は、珍しさも

ありオリジナル「駅弁」として好評を博し

た。事業繁栄の中にもかかわらず、阿部恵

三男は、森町商工会議所副会頭、北海道

消防協会副会長、の要職を歴任。さらに、

北海道議会議員として、森町および道政に

多大の功績を残した。

1945(昭和20)年1月――渡島海岸鉄道が国有化と同時に廃止。              

           函館本線(砂原支線)当駅・雄島砂原間開業

1950(昭和25)12月――駅舎改築(RC2階建て)

1978(昭和53)3月――駅舎改築

       4月――全面改築工事竣工

1982(昭和57)11月――貨物扱い廃止

1985(昭和60)年――――経済成長が右肩上がりになり、飽食時代

に突入。「駅弁」は、ローカル色豊かな食

材と信頼度により、飽食の時代にもかか

わらず人気上昇、マスコミ、の取材増加

に伴いデパート、スーパーなどで頻繁に

「駅弁大会」が開催されるようになった。

このような時代背景の中で、森駅の「い

かめし」は、ユニークな「駅弁」として

全国区の名声を博した。駅弁催事での売

れ行きは常にベストテンに入る実績を残

すようになった。

1986(昭和61)11月――荷物扱い中止

1987(昭和62)年4月――国鉄分割民営化のよりJR北海道に継承

1987(昭和62)年8月――5代目 今井俊治が継承

            株式会社に改組

1993(平成5)年4月―――――-阿部恵三男は、町政・道政における
            永年
にわたる貢献により森町名誉町長と
            なった

2001(平成13)年―――――「いかめし」は、アメリカーロサン

ゼルス、シカゴ、ニュージャージー

等で「大北海道展」開催。以後、

例年の開催となる

2013(平成25)12―――――――――――森駅開業110年           

          ―――いかめし阿部商店創業110年

 

 
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。