プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 17 鳥取駅 元祖かに寿し

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


_4840 (2)鳥取1310 


昨年3月、日本政府がユネスコの無形文化遺産に提案推

薦していた、「和食日本人の伝統的な食文化」が、本年

12月に登録の見通しになった。100年の歳月をかけ

て「土産土法」-土地の食材を土地の料理法で- の食文

化を守ってきた駅弁も、その一翼をになっている。

創業103年の歴史を背に、鳥取名物[元祖 かに寿し]

,伝統的食文化にふさわしい味を保って、はや60

 

駅弁彩見 17 鳥取駅 元祖かに寿し980円

水揚げした紅ズワイガニは、すぐにゆでます。
ほぐし身と
脚の部分に分け、家伝の合わせ酢を
加えてから冷凍。
カニそのものの味を引き出した、
自然の美味しさが
秀逸です。

炊き上げてから40分ほど蒸らして、オリジナルの酢

で仕上げたすし飯。その上にしきつめる錦糸玉子も自

家製で、砂糖と塩、調味料の配分に気を使う。カニも

脚と身で味付けを変えています。

 

酢の酸っぱさも、塩のカドも、味りんの甘さも感じさ

せません。ただ、かにと錦糸卵と酢飯が一体調和した

「かに寿し」の、ごく自然な味わいがあるだけです。

 

ご覧のように、とてもシンプルなお弁当です。箸休め

の細切り塩昆布と上等な奈良漬が、ひと味添えます。

 

18年前の現地取材当時とちがうのは、価格が80円

アップした以外は、変わらぬ、繊細な日本の味。

 

まさに、「美味ハ淡ナリ」です。

 

 

売店:鳥取駅自社売店、上りホーム売店。東京駅祭、博多駅、

倉吉駅

予約:取寄せ、いずれも可

アベ鳥取堂:0857-26-1311

 

 

創業時の店舗 鳥取

創業時のアベ鳥取堂。明治43年ころ

かに寿し (2)1310 

初代「かに寿し」の掛け紙。昭和27~29年ころ

 元祖 かに寿し(初代?)1310

元祖の文字が入った掛け紙。昭和30年代

 高島屋 (2)鳥取1310

大阪高島屋「うまいもの大会」広告。昭和40年代

 おみやげ かに寿し 1310

400円当時の「元祖 かに寿し」年代不詳

 椎茸弁当 鳥取1310

椎茸弁当の掛け紙年代不詳



創業103年 鳥取駅 アベ鳥取堂の歴史

黒字= 青字=アベ鳥取堂

 

 

1907(明治40)年4月  官設鉄道の路線(現在の山陰本線)が青谷駅

から延伸の際の終着として鳥取市古海に

鳥取仮停車場開業―――――鳥取駅開業

1908(明治41)年4月  千代川を渡る鉄橋の開通により、対岸に

鳥取駅が開業。客貨取扱いを開始。

鳥取仮停車場は同時に廃止

1909(明治42)10月 線路名称制定。山陰本線の所属となる

1910(明治43)年6月  山陰本線が当駅から岩美駅まで延伸、

途中駅となる

1910(明治43)年    初代阿部正行が阿部鳥取堂を開業。代表

に就任

           菓子の製造、卸売り、酒類の卸売り、木炭

などの販売

―――――――――――アベ鳥取堂創業 

1919(大正8)12月  因美軽便線(現在の因美線)が用瀬駅まで

開業。途中駅となる

1922(大正11)9月  軽便線制度廃止により因美軽便線が因美

線に改称

1928(昭和3)3月  因美南線の部分開業により因美線が因美

南線に改称

1932(昭和7)年7月  鳥取―津山間全通により因美北線が改め

て因美線の一部となる

1940(昭和15)年4月  株式会社に改組

           阿部正行が代表取締役社長に就任

1943(昭和18)年9月10日 鳥取大震災発生

       10月  逓信鉄道大阪鉄道局長の承認により、

山陰本線鳥取駅にて構内立売営業を開始

1944(昭和19)年    鳥取市東品治町に調理場を建設

1945(昭和20)年8月   太平洋戦争終戦まで 陸軍第40連隊の

御用達を務める          

1947(昭和22)~1950(昭和25)年 するめの醤油漬けを販売

1948(昭和23)年    煙草小売人指定を受ける

1949(昭和24)年6月  日本国有鉄道発足

1951(昭和26)年    株式会社アベ鳥取堂に社名変更

1952(昭和27)年    「元祖かに寿し」新発売

1958(昭和33)年    「かに」を茹で上げる時点からお弁当になる

までのフレッシュ保存技術を開発。

「元祖かに寿し」の通年販売を行う

1959(昭和34)年    「あご寿し」を新発売

1960(昭和35)年    「松茸寿し」、「鮎寿し」新発売

1964(昭和39)年     2代目 阿部昭次が社長に就任

                              日本食品衛生協会より食品衛生推薦店舗に

             指定される

1966(昭和41)年     幕の内弁当「砂丘」新発売

1970(昭和45)年    「いがい飯」新発売

1974(昭和49)年     鳥取市富安に弁当センター建設。移転。

            日産10000食の製造ライン完成

1974(昭和49)12月   駅高架化工事により貨物業務を湖山駅へ移管

1978(昭和53)11月   高架駅化

1984(昭和59)年5月  3代目 阿部正昭が社長に就任

           「うさぎちゃんの夢」新発売

1985(昭和60)年    倉吉線廃止

1987(昭和62)4月  国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR

西日本)の駅となる

        8月  若桜鉄道開業

        10月  若桜鉄道 営業開始

1994(平成6)年     第3セクター智頭急行開業

1998(平成10)           ほかほか駅弁「松茸飯」発売

1999(平成11)7月   山陰鳥取「かにめし」発売

2000(平成12)年     鳥取32万石弁当」発売

2001(平成13)年    「さば寿し」発売

2002(平成14)年8月  「とっとりの居酒屋」発売

2004(平成16)年    「城下町とっとり」「素晴らしい椎茸弁当」

           「いかすみ弁当黒めし」空弁「かに・あご・

さばの押し寿し」ほかほか「蟹めし」「鳥取牛

弁当」発売

2006(平成18)年4月  「梨の甘味のカツサンド」(空港)発売

2009(平成21)年7月  「鳥取のカレーメンチカツサンド」発売

           「ゲゲゲの鬼太郎 風呂茶漬け」発売

2010(平成22)9月  「海鮮釜めし」発売

2012(平成24)8月  「大山ルビー豚重」新発売

2013(平成25)9月  「トロかに丼」発売

2013(平成25)10月  現在に至る――――鳥取駅開業106年

                 ――アベ鳥取堂創業103年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。