プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見16 広島駅 しゃもじかきめし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



IMG_4762 広島1309 


広島駅弁当は、創立から44年目の1945年8月6日、

原爆投下によって社屋焼失、広島駅も大破した。しかし、

2カ月後の10月には新社屋建設許可を取り、12月に

新社屋落成。原爆投下後広島市の建設許可第1号である。

その22年後に、「しゃもじかきめし」が誕生して46年。

地産地消、土地の名産を盛り込んで愛され続ける、広島

の代表駅弁である。その陰に、112年の歴史がある。



駅弁彩見16 広島駅 しゃもじかきめし 1150

広島湾でとれる、かき生産量は、日本一を誇っています。

 

『JTB時刻表 駅弁細見』で、「しゃもじかきめし」の

初めての取材は、26年前の1987年12月でした。

すでに発売から20年、広島の味になっていました。

 

プリッとして濃厚な美味しさが自慢で、この「しゃもじ

かきめし」には、そのかきが7個も盛られています。

 

味付けの煮かきが4個、カキフライが2個、ボイルした

かきのゆず味噌和えが1個。「多彩なかきを味わっていた

だく」という、作り手の気持ちが伝わります。

 

赤い宮島の杓子型の、持ち手の部分に、箸休めのじゃこ煮

と広島菜の漬物が、見た目よりたっぷり入っています。

 

かきや副菜との味のバランスを考え、薄味に仕上げた

「かきめし」といっしょにたのしめます。

ご飯と、かきのあいだには、たっぷりの錦糸玉子が盛

られ、薄味のかきご飯に、微かな甘さが加わります。

 

この味を保つかぎり、「しゃもじかきめし」は、これから

も、広島の代表的な駅弁でありつづけるでしょう。

 

売店:「しゃもじかきめし」は10月2日~3月の季節販売

広島駅構内の広島駅弁当売店、各地のスーパー

    駅弁大会にて

予約:取寄せ 駅構内での予約は、広島駅弁当()鉄道部

082-261-1678

       取り寄せ:不可

広島駅弁当:082-286-0181

 

 

広島駅1309 
昔の広島駅

 

旧本社社屋2広島1309 

昭和の広島駅弁当旧本社



立ち売り 広島1309 
広島駅ホーム立売風景 昭和32

 

掛け紙広島1309

明治・大正の掛紙 

  

掛け紙1 広島1309  

昭和の掛紙




創業112年 広島駅 広島駅弁当の歴史

黒字=駅 青字=広島駅弁当

 

1894(明治27)年6月――山陽鉄道が糸崎駅から延伸し、その終着として

開業。一般駅――――――――――広島駅開業

               8月――陸軍省の委託で山陽鉄道が広島駅―宇品駅間に

           軍用線を敷設(後の宇品線)

1897(明治30)年3月――山陽鉄道が陸軍省から広島駅―宇品駅間を

借り入れて同区間の一般営業を開始

        9月――山陽鉄道線が徳山駅まで延伸し、途中駅となる

1901(明治34)年9月――山陽鉄道線広島駅―宇品駅間休止

1901(明治34)年4月1日―山陽鉄道株式会社の承諾を得て、中島卯吉が

            中島改良軒を創業――――広島駅弁当創業

            (1896(明治29)年広島停車場で水了軒が弁当

の立売を開始した後を継承)

1902(明治35)12月――山陽鉄道線広島駅―宇品駅間再開

1906(明治39)12月――山陽鉄道の国有化により国有鉄道の駅となる

1909(明治42)10月――線路名称制定。山陽本線の所属となる。ただし、

            広島駅―宇品駅間は宇品線となる

1920(大正9)年7月―――芸備鉄道線(現在の芸備線)が貨物線として乗入れ

1920(大正9)2月―――中島剛男が中島改良軒を継承

1926(大正15)1月――芸備鉄道広島駅が旅客営業開始

1937(昭和12)年7月――芸備鉄道国有化、国有鉄道芸備線となる

1943(昭和18)年3月――戦時企業統制法により、広島駅構内営業者の中島

            改良軒、羽田別荘弁当部、吉本屋、海田市駅構内

営業者の山岡甲了軒、太田山陽軒の5社が合併。

広島駅弁当株式会社設立。初代社長に中島剛男

就任

1945(昭和20)年8月6日―原爆投下により鉄骨鉄筋構造の本屋駅舎が大破

1945(昭和20)年8月6日―原爆投下により社屋、工場焼失、仮設工場で

             事業継続

1945(昭和20)1012日―広島市松原町に新社屋建設の許可を取得。

              12月に竣工(原爆投下後広島市での建設

許可第1号)

1947(昭和22)年―――――北口(現在の新幹線口)開設

1949(昭和24)年2月―――広島駅構内在来線店舗第1号店オープン

1963(昭和38)5月―――区画整理のため若草町(現東区光町)に新社屋建設

1965(昭和40)12月――現駅舎落成(当時は広島民衆駅とよばれていた)

1967(昭和42)年――――「しゃもじかきめし」を販売

       3月―――2代目社長に三宅勲が就任

1969(昭和44)年3月――貨物取扱業務を新設の東広島駅(現在の広島貨物

ターミナル駅)に移管し廃止。旅客駅となる

1972(昭和47)年4月――宇品線廃止

1975(昭和50)3月――山陽新幹線が岡山駅―博多駅間開業により乗り入れ。

            駅北口を新幹線口に名称変更

         ―――新幹線博多開業により新幹線側8店舗開設

1977(昭和52)6月――3代目社長に山田信雄が就任

1986(昭和61)年6月――4代目社長に宮宗靖が就任

1987(昭和62)年4月――国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)

            の駅となる

1992(平成4)6月―――5代目社長に宮本幸雄が就任

            創業50周年を期にHIT50活動を社内展開

1993(平成5)8月―――第12回アジア競技大会広島1994の弁当公式

            サプライヤーになる

1994(平成6)年2月―――「夫婦穴子飯」を販売       

12月―――東区矢賀に新社屋建設移転、現在に至る

1999(平成11)年4月―――南口を全面改装。駅ビルテナントが「ASSE

            に名称変更

2000(平成12)年1月―――6代目社長に中島和雄が就任

2004(平成16)10月――山陽本線糸崎駅~広島駅間開業110周年記念

                            「廣島上等弁当]を販売
        4月――広島空港3階に郷土料理店「広島あじろや開店」

2005(平成17)年2月――広島駅新幹線改札口に自動改札機導入

       4月――会館施設等の運営事業、ケータリング事業部始動

       5月――病院給食事業への参加開始

2006(平成18)10月――国の経営構造対策事業として第3セクターの安芸

            高田アグリフーズ()を安芸高田市、広島北部農協

            とともに設立

2007(平成19)年4月――広島駅北口改札口にIC乗車券対応の自動改札機

            導入。以後、4月末までにすべての改札口に設置

2012(平成24)年7月――新幹線改札口とホームの列車案内LED表示機を

            フルカラータイプに更新。同時期に新神戸駅でも

            同型に更新された

2013(平成25)9月――現在に至る--------------広島駅開業119年

          ――――――――― 広島駅弁当創業112年


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。