プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 15 小倉駅 博多地鶏弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


1309IMG_4743 小倉mini  


1940年代、かつて太平洋戦争の時代、小倉には12師団司令

部がおかれ、門司港は軍隊運送の最前線要港であった。その

ため、当時の北九州の各駅弁会社は、空襲下でも大量の軍弁

調製の奉仕作業に励んだ。門司と小倉、行橋の2社、計4社

1942年戦時立法により統合。戦後の1947年に解散,各社

独立。さらに1956年、門司駅と小倉駅の2社が合併.北九州

駅弁当が誕生。明治から122年の歴史を刻む駅弁の老舗。


駅弁彩見 15 小倉駅 博多地鶏弁当 950円 
    

ふたを開けると、大きな鶏モモ肉の照り焼きが3個。

やっぱり、始めに鶏をほおばります。

キメ細やかな肉質の食感と、何とも言えない滋味に、

こんな味の鶏もあった、と思いました。

平成23年1月1日発売の駅弁です。

 

「はかた地どり」は、シャモの祖父、祖母がサザナミ、

これに肉付きのよい白色プリマスロックをかけあわせて

誕生した博多自慢の地鶏です。名古屋コーチンや比内鶏

ともまたちがう、美味しさです。

 

私は、2食分、目の前にありましたので、もう1個分の

鶏照り焼きも我慢できず・・・・。珍しいことです。

 

他に、辛子明太子、椎茸煮、松笠イカ、クリの甘露煮、

ニンジン煮などが、「はかた地どり」の美味さを引き立て

ます。

 

ご飯は少し濃い目の味付けで仕上げた、かしわ飯です。

かみごたえと、肉付き抜群の鶏の照り焼き、その他の、

トッピングの味が一体となって、いつの間にか食べ終

えてしまいます。

 

鶏肉がテーマの駅弁は、全国に数多あります。

ただ、同じ味のものは一つとしてありません。

お好きな方は、旅ごとに、異なる鶏の駅弁を召し上が

ってみるのも一興です。

 

 

売店:小倉駅  

予約・取り寄せ:いずれも不可

北九州駅弁当:TEL 093-531-0036


創業当時の石蔵屋の風景

創業当時の石蔵屋風景

右側汽車辨當の看板が見える


明治の門司港駅風景 

明治の門司港駅風景


3  

明治の作業場


4

昭和30年ころの売店風景


5

昔の掛紙


6

門司駅で発売の駅弁掛紙



7 

小倉駅で発売の駅弁掛紙   



創業122年 小倉駅 北九州駅弁当の歴史

黒字=駅 青字=北九州駅弁当

 


1891(
明治24)年4月―九州鉄道(初代)の駅として門司-小倉-大蔵-

黒崎間の開業時に開業――――小倉駅開業

1891(明治24)年4月――門司駅(現門司港駅)において石蔵屋(石蔵芳平)

            が九州鉄道株式会社の許可を得て弁当類の

            茶店を新設。食事、菓子、缶詰、お茶など

            を販売―――後の北九州駅弁当()創業

1895(明治28)年4月―現在の日豊本線が行事駅まで開通

1906(明治39)年4月――小倉駅にて松尾家(松尾文太郎)が九州鉄道

            株式会社の許可を得て弁当類の茶店(後の

            株式会社佳楽商店)を新設。弁当、お茶、

酒類、清涼飲料、果物、タバコ、雑貨を

販売

1907(明治40)年7月―九州鉄道が国有化、国有鉄道(当時は帝国鉄道庁)

           の駅となる

1908(明治41)年4月――石蔵屋は門司駅でホーム立売も承認された

1909(明治42)年4月――松尾家は小倉駅ホーム立売も承認された

1910(明治43)年――――門司駅茶店は待合室が電車道に採択されたため

廃業。弁当、寿司、サンドイッチ、お茶の立売

を専業にすることになった

1914(大正3)年――――門司駅は国鉄の事情により海岸寄りに移転。

           現在の門司港駅           

1915(大正4)年4月――新駅舎が落成し移転する

1941(昭和16)12月8日――太平洋戦争勃発以来、門司港が軍隊運送

             の最前線要港であったため、石蔵屋門司営業

             所は、軍隊用弁当調製に協力、終戦まで奉仕

作業にまい進。軍当局から感謝状を受ける。

終戦後は門司港が復員軍人や海外同胞の引き

揚げ港となり弁当供給に尽力。

佳楽商店小倉営業所は、小倉市が12師団司

令部の所在地で、軍の要請により空襲下でも

多量の軍弁調製の奉仕作業を続けた。たび

たび軍当局から感謝状を受ける

1942(昭和17)年6月2日――戦時立法により門司鉄道管理局の指示を受け、

             門司(石蔵屋石蔵三次郎)、小倉(佳楽商店松尾

文太郎)、行橋(滋養亭小松健治)、行橋(

稲田商店稲田仙太郎)4店が統合して

北九州鉄道構内営業有限会社を設立した

1942(昭和17)年6月11日―国鉄大里駅を門司駅に、門司駅を門司港駅

             に改称

1945(昭和20)11月―RTO(鉄道司令部)設置

1947(昭和22)年―――――戦時立法により設立の北九州鉄道構内営業

有限会社解散。各社独立の営業形態に復帰

1950(昭和25)12月――石蔵三次郎、門司駅構内営業株式会社設立。

            国鉄OB齋藤真が社長に就任

      同年同月――松尾三次郎、株式会社佳楽商店設立。社長

に就任

1955(昭和30)11月――門司駅構内営業株式会社社長斎藤真辞任。

            石蔵康作が社長に就任

1956(昭和31)年9月―――門司駅構内営業株式会社と小倉の株式会社

            佳楽商店が合併。北九州駅弁当株式会社発足

1958(昭和33)年3月――旅客駅が700m東方の現在地に移転。4階建

           (後に5階部分増築)民衆駅として開業

1961(昭和36)年6月――門司港―久留米駅間電化

1966(昭和41)10月―小倉―新田原駅間電化。同時に高架化

1975(昭和50)年3月――山陽新幹線岡山駅―博多駅間開業

1987(昭和62)年4月――国鉄分割民営化により在来線部分をJR九州、

            新幹線部分をJR西日本が継承

1998(平成10)年4月――現駅ビルが完成。北九州高速鉄道(北九州モノ

レール)が駅ビル内に延伸開業

2005(平成17)年2月――JR西日本改札口に自動改札機設置

2007(平成19)年7月――山陽新幹線上り日本駅始発の列車が新設

            さえる(こだま780)

2009(平成21)年3月――JR九州がICカードSUGOCAの利用開始

2011(平成23)年3月――九州新幹線全線開業に合わせて、南口は

「小倉城口」、北口は「新幹線口」に名称変更

2013(平成25)年9月―――現在に至る―――――小倉駅開業122年
              ―――――――――――北九州駅弁当創業122年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。