プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 14 三島駅 三島宿ぶたのみそ仕込み弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。

_4714 三島1308 

 

明治維新により、徳川15代将軍慶喜と共に都落ちした幕臣

数十人が沼津に定住。その一人に小山三千三(みちぞう)とい

う旗本がいた。のち宇野家に婿入り。沼津郊外、桃の産地と

して有名な島郷、桃の木に囲まれた住まいで、俳句や和歌、

茶をたしなみ、酒と料理で人々をもてなして、いつか茶店と

なった。社名「桃中軒」の起源。創業122年の受け継がれ

た味が「三島宿ぶたのみそ仕込み弁当」にも生きている。

 

駅弁彩見 14  三島駅
        三島宿
ぶたのみそ仕込み弁当 780


このお弁当は、先に発売された、やはり三島ブランドの

「恵比寿豚」を使った、同名の駅弁のリニューアル版です。

本年91日発売です。

 

焼肉を一切れ口に入れます。

上品な甘みの味噌風味がとてもまろやかで、

肉そのものの口当たりもとてもやわらかい。

 

三島ブランド認定の「箱根山麓豚」だそうです。

初めての食感です。

箱根山の西麓で、専用の飼料と清らかな地下水で育てられた
肉の繊維が細やかで、甘味のある脂質が特徴。

 

この肉を「伊豆みそ」が原料の特製のタレに漬け込んで、

焼き上げてあります。

「伊豆みそ」は、富士箱根水系の水を使った田舎味噌。

肉を柔らかく素材のうま味を引き出す、今、人気の塩麹や

そのほかの調味料を配合しています。

 

ご飯の上に、きざみ海苔をちらしてから焼肉を盛りつけ、

漬けダレとは配合を変えたタレを、肉に塗ってあります。

好みで、三島産の練わさびをつけていただく。

 

箸休めにそえられた、三島ブランドの「農兵漬」も美味。

「富士の白雪ゃノーエー」で知られる「農兵節」にちなんだ逸品は、

国内で収穫の野菜を糖蜜漬けにして、伊豆天城産の本わさびを

加えたもの。

駅弁はわき役も、おろそかにしてはいけないというのが私の信条です。

 

 

売店:三島駅 沼津駅の桃中軒売店 

予約・取り寄せ:三島駅 沼津駅 桃中軒外商部での予約可、

取り寄せ不可

桃中軒(外商部)TEL 055-963-0154

 

 

桃中軒会館 (2)1308 

本社 鉄筋3階建 昭和3年

 1308駅売店桃中軒

昔の駅立売りの人の控所

 掛紙② 桃中軒1308

昭和10年の掛紙

 掛紙③桃中軒1308

昭和47年の掛紙

 1308掛紙④ 桃中軒

昭和62年の掛紙


創業122年 三島駅 桃中軒の歴史

黒字=駅  青字=桃中軒

 

初代三島駅は、現在の下士狩(しもとがり)

 

1889(明治22)年に東海道線が国府津駅から静岡駅まで開通

した際、東海道の三島宿として栄えた三島町に駅は開設さ

れなかった。

町民の反対によるもの、誘致活動をしたが地勢の都合で

鉄道を通せなかったためとも言われている。

 

そのため町はさびれた。苦境脱出のため1891(明治24)

隣の長泉村に駅の開設を国に懇願したが却下。そのような

中、東海道本線から伊豆半島中部温泉地への便のため、

沼津から大仁への「豆相(ずそう)鉄道」-伊豆箱根鉄道

駿豆(すんず)線の前身-の計画が立案。そこで三島町で

は土地の無償提供により誘致を行い三島町経由、長泉村で

東海道線と接続するように計画を変更させた。これにより

東海道線が開通した9年後に豆相鉄道線の分岐駅として、

ようやく現在の下士狩駅である「初代三島駅」が設置され

たのである。

 

後、丹那トンネルの開削により、三島市街を通過せずその

南を通るルート案であったのを、当時の三島町長が時の

鉄道院総裁の後藤新平に直接交渉し、現在地に新三島駅を

開設。これに合わせて、以前の三島駅を下士狩駅と改称、

豆相鉄道改め、駿豆鉄道の起点も新三島駅に変更された。

かくて、三島町ではようやく市街地近くに駅が誕生。

東海道本線の三島駅(2代目)はこのようにして開業された。

 

 

1891(明治24)4月――沼津駅構内で弁当の販売権を得て創業

            初代社長に宇野三千三就任 

―――――――――――――桃中軒創業 

1911(明治44)年――――2代目社長に宇野秀吉就任

1913(大正2)年―――――沼津の大火により本社焼失

1926(大正15・昭和元)年――2度目の大火により本社焼失 

1928(昭和3)年―――――鉄筋3階建西洋館本社完成

1930(昭和5)5月―――個人商店から株式会社に組織変更

1933(昭和8)年―――――鉄道弘済会発足。酒、菓子、新聞など

の販売権が弘済会に移る

1934(昭和9)12月――丹那トンネル開業に伴う東海道本線のルート

           変更と同時に三島駅(2代目)として開業。

同時に駿豆鉄道線(現伊豆箱根鉄道駿豆線)

           が乗り入れ-―――――――――三島駅開業

1962(昭和37)9月――三島駅構内に支店三島店開設――創業71

1965(昭和40)11月――沼津市上町8番地に弁当製造工場新築

1967(昭和42)11月――国鉄理事会で三島での新駅設置が正式に決定

1967(昭和42)10月――沼津市大手町6番地に桃中軒会館新築

1968(昭和43)年4月――駅舎の着工

1968(昭和43)11月――御殿場駅構内にそば店開設

1969(昭和44)4月――駅舎の完成

        4月――東海道新幹線の駅が開業

1969(昭和44)4月――新幹線開通に伴い新幹線三島駅待合室と
                    ホームに
売店を開設――――――――創業78
1972(昭和47)年――――3代目社長に宇野三郎就任

1985(昭和60)年――――4代目社長に宇野統彦就任

1987(昭和62)年4月――国鉄分割民営化により、国鉄の駅は東海旅客

鉄道(JR東海)と日本貨物鉄道(JR貨物)が継承

1988(昭和63)10月――桃中軒会館を「エイプルコア」に名称変更

1989(昭和64)6月―――沼津市千本港町に弁当製造工場新築

1993(平成5)2月―――在来線改札口に自動改札機導入

1993(平成5)7月―――沼津市大手町に本社屋を新築

1998(平成10)3月――新幹線改札口に自動改札機導入

2001(平成13)9月――第3回「中部の駅百選」に選定される

2003(平成15)10月――東海道山陽新幹線ダイヤ改正によりひかりが

増停車。(1日3往復から6往復に増加)

2003(平成15)4月――港あじ鮨を新発売―――――――創業112

2005(平成15)7月――大手町本社を港町工場2階へ移転

2006(平成16)3月――桃成開発()と合併

2007(平成17)12月――ドトールコーヒー加盟店となり、三島駅

            北口店オープン

2008(平成20)3月――東海道線でICカードTOICA供用開始

        6------アスティ三島(駅構内の商業施設)オープン
2011(平成23)年――――5代目社長に綾部宏之就任

2013(平成25)8月―――現在に至る------------------三島駅開業79

                 ――――――桃中軒創業122

 

 


 
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。