プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 13 姫路駅 姫路官兵衛辨當

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



1308_4665 姫路


本年8月9日、2014年に放映予定のNHK大河ドラマ

『軍師官兵衛』にちなむ駅弁が、姫路駅に誕生した。

姫路は官兵衛の誕生地。黒田孝高(よしたか/官兵衛/如水)

14代姫路城の城主でもある。秀吉の右腕としてその知略で

みごと主君を天下人にした。秀吉の馬印、ひょうたんの器に、

ふたは、官兵衛の甲(かぶと)の色を採用、往時を偲ぶ。

創業125年のまねき食品、旅人と郷土への心意気の新駅弁。


駅弁彩見 13  姫路駅 姫路官兵衛辨當  1200

縁起のよい、ひさご(ひょうたん)形の器をあけると、

にぎやかな彩(いろどり)です。

黒田官兵衛の生まれた播磨の国の“うまいもの”が並びます。

 

あなご飯と、ちらし寿司の2種類です。

 

あなご飯は、

炭焼き風アナゴときざみアナゴ、ショウガ。錦糸玉子やのりを

あしらい、ご飯はダシで炊いた味付け飯。

 

ちらし寿司には、

タコ、エビ、サゴシ(サワラの幼魚)の酢の物、花蓮根、いかなご

の釘煮や山菜。下は少し甘めの程よい酢飯。

 

いずれも量をふやせば、そのままあなご飯の弁当、ちらし寿司の

一品となるので、二つの味が賞味できます。

 

さらに、ひさごの頭には、菜の花のゴマ和えや、きんぴらごぼう

が薄味で仕上げてあり、さっぱりした大根なますの3種がたっぷ

り添えられています。

 

秀吉の側近、戦国武将の大名として

「人に媚びず、富貴をのぞまず」と生きた黒田官兵衛にちなむ

さわやかな味わいの駅弁です。

売店:姫路駅(在来売店、中央売店、新幹線売店) 東京駅:祭

予約・取り寄せ:姫路駅売店での予約可、取り寄せ不可

まねき食品:TEL 079-224-0255


旧社屋全景
昭和5年竣工の旧本社


 下処理
昔の駅弁下ごしらえ室


盛付け
昔の調理室

 
包装・飯入れ 
昔のご飯詰めと包装室


初代・1 
初代姫路駅 明治21

二代目・2余白カット

 2代目姫路駅 昭和21

昭和・3

3代目姫路駅 昭和34

 

戦前 

戦前の掛紙

戦中 
戦中の掛紙

戦後 

戦後の掛紙

創業125年 姫路駅 まねき食品の歴史


黒字=駅 青字=まねき食品


 

1888(明治21)12月――山陽鉄道明石駅―当駅間開通と同時に開業

          ――――――――――――――――姫路駅開業

1888(明治21)12月――初代竹田木八創業。店名を「まねき」とする。

            由来はお客様を「おまねきする」という意味

            から命名――――――――まねき食品創業

1889(明治22)11月――山陽鉄道当駅―竜野駅間が開通

1889(明治22)年――――姫路駅構内で弁当、茶の販売開始。我が国で

           最初に経木の折箱入りの「幕の内辨当」を販売

1894(明治27)年7月―― 播但鉄道当駅-寺前駅間が開通

1895(明治28)年4月―― 播但鉄道当駅―飾磨駅(後の飾磨港駅)間開通

1903(明治36)6月―― 播但鉄道が山陽鉄道に路線を譲渡。山陽鉄道

            のみの駅となる

1906(明治39)12月――山陽鉄道国有化により国有鉄道の駅となる

1909(明治42)10月――線路名称制定。山陽本線の所属となり、旧

            播但鉄道線は播但線となる

1930(昭和5)9月―――姫津線(現在の姫新鮮)当駅―余部駅間が開通

1934(昭和9)3月―――姫津西線開業に伴い姫津線が姫津東線に改称

1936(昭和11)年4月―― 姫路駅―東津山駅間全通による線路名称改定

            により、姫津東線が姫津線に再改称

                  10月――姫津線が姫新線に改称

1944(昭和19)年――――株式会社設立。「まねき食品株式会社」とする

1945(昭和20)7月――姫路大空襲により初代駅舎焼失

1946(昭和21)10月――二代目駅舎竣工――――――2代目駅舎竣工

1949(昭和24)10月――ホームでまねき独特の「えきそば」販売開始

1959(昭和34)11月――三代目駅舎が全国23番目の民衆駅として竣工。

            姫路駅デパート(駅ビル)・地下名店街(地下街)

            開業―――――――――――3代目駅舎竣工

1972(昭和47)3月――山陽新幹線新大阪駅―岡山駅間開通により新幹線

            停車駅となる

1973(昭和48)年――――姫路市北条にまねき本社工場を完成移転する

1983(昭和58)年―――――駅ビル・地下街をリニューアルし、フェスタ

(駅ビル)フェスタガーデン(地下街)が開業

1987(昭和62)年4月―――国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道

(JR西見本) の駅となる

1992(平成4)6月――――姫路市北条に日本料理「竹善」を開業

1995(平成7)117日――阪神・淡路大震災により山陽新幹線新大阪駅―

             当駅間が不通となる

      4月8日――山陽新幹線不通区間が運行再開

2003(平成15)10月―――のぞみ停車開始

2003(平成15)10月―――播州姫路名物「一国一城」発売

2004(平成16)8月―――「播磨ゆかりの20人」に創始者竹田木八が

             選ばれサンテレビで放映される

2005(平成17)1月――――山陽新幹線開業30周年記念「復刻!懐かしの

             駅弁」として「あなご寿司弁当」発売

2005(平成17)12月―――「播磨のうまいものショップ」として

              インターネットショップ開設。「えきそば」

             「あなごパイ」「竹善のポン酢」を販売

2006(平成18)3月――――朝6時当駅始発の「のぞみ80号」東京行

             (現在「のぞみ102号」)が設定される

2008(平成20)12月―――姫路駅構内に、おにぎり売店「ひさご」開店

2013(平成25)年3月――――地下街がリニューアルし、「グランフェスタ」

              として2年ぶりに再開。

       4月――――新駅ビル「ピオレ姫路」がグランドオープン

       8月――――現在に至る-----------------姫路駅開業125

                  ―――――まねき食品創業125

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。