プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 12 米沢駅 米沢牛炭火焼特上カルビ弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



4631 米沢1307


米沢牛のうまさを広めたのは、英国人貿易商のチャールズ・
ヘンリー・ダグラスさん。1871(明治4)年、米沢藩が英国
と条約を結び、英語教師として米沢に赴任。横浜へ帰る際
1頭の米沢牛を連れ帰り、仲間にふるまったのがきっかけ
とか。140年経ち、平成の時代に美味駅弁で旅ゆく人びと
に喜びを贈る。
松川弁当店は、牛肉弁当を作り続けて114年になる。



駅弁彩見 12 米沢駅 米沢牛炭火焼特上カルビ弁当1500円

フタを開けると、大振りの炭火焼カルビが5枚、ご飯も見えないほど
しきつめられています。

焼肉の定番はやっぱりカルビ。
カルビは朝鮮語のあばら(肋骨)で、その周りについている、
いわゆるバラ肉がカルビです。

牛肉の駅弁は全国にたくさんありますが、おなじ味のものはありません。

このカルビ弁当は、松川弁当店特有の味付けが自慢です。
箸で切れる柔らかさと口中にひろがる滋味は、世界一といわれる
和牛の旨さを堪能できます。

ほかに、牛肉入りのシューマイが2個。
ぎゅっと、そのおいしさが詰まった歯ごたえ十分の特製シューマイです。
さらに、半熟煮玉子と大豆モヤシのナムルが添えてあります。

下のご飯は、山形のブランド米「つや姫」が、
本当につやつやピカピカです。
日本のお米の味です。
気がつかないうちに、食べ終えています。

2010(平成22)年、東日本縦断東京駅駅弁大会で、
人気ナンバーワンの記録がでました。


売店: 米沢駅 東京駅 新宿駅 上野駅
予約・取り寄せ:10~4月の期間限定です
松川弁当店:TEL 0238-29-0141



)1990年ころー米沢駅ホーム売店林真人社長
米沢駅ホーム売店1990年ころ。社長の林真人さん



掛神松川13074   掛紙松川13073
昔の掛け紙各種(いずれも年代不詳)

1307松川掛け紙

13072掛け紙松川

掛け紙松川13075


創業114年 米沢駅 松川弁当店の歴史

1899(明治32)年5月15日――国有鉄道奥羽南線福島~米沢駅間開通
             と共に米沢駅開業-――――――――米沢駅開業
1899(明治32)年5月―――――奥羽本線米沢駅開業と共に松川弁当部として
              駅構内立売業を始める
-------------松川弁当店創業
1900(明治33)年4月21日――米沢駅~赤湯駅間が開業。
1901(明治34)年――――――― だんご、枝豆、菓子、アイスクリーム、鯉弁当
             (郷土料理)を中心にホームで販売 (当時は昼夜販売)

1905(明治38)年9月14日――福島駅~青森駅間全線開通。
1909(明治42年―――――――米沢駅にて初の幕の内弁当を製造販売する
1923(大正12)年――――――― 米沢駅前に食堂を経営する。

1926(大正15)年9月--------------米坂線米沢―今泉間開開業
1949(昭和24)年4月29日――福島駅~米沢駅間が直流電化に変更
1955(昭和30)年―――――――資本金120万円で有限会社松川弁当店を設立。
              代表取締役社長に林正道が就任

1959(昭和34)年―――――――米沢牛すき焼き弁当を販売開始
1965(昭和40)年―――――――急行「蔵王」車内販売。すきやき弁当を中心に開始。
1968(昭和43)年9月22日―― 福島駅~米沢駅間が交流電化に変更
1969(昭和44)年5月―――――代表取締役社長に林トヨ(妻)が就任
1974(昭和49)年)11月1日――米沢駅~新庄駅間にCTCが導入。
1984(昭和59)年12月1日――福島駅~米沢駅間でCTCが導入。
1987(昭和62)年 4月1日―― 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる
1989(平成 元)年―――――― 東北初の加熱式容器使用のすきやき弁当を販売。
              5月現社長東京より帰省。その後5年間駅構内での
              立売りや車内販売で修業

1990(平成2)年3月10日―― 山形新幹線直通化による改軌工事のため赤岩駅の
              スイッチバックが廃止
1990(平成2)年9月1日――― 山形新幹線直通化による改軌工事のため板谷駅・峠駅・
              大沢駅のスイッチバツクが廃止
1991(平成3)年―――――――180万円を増資し、資本金300万円とする
1991(平成 3)年11月5日―――福島駅~山形駅間が標準軌に改軌。
1992(平成4)年――――――― 山形新幹線開業、牛肉道場を販売開始
1992(平成4)年7月1日―――福島駅~山形駅間に「山形線」の愛称が名づけられる
1993(平成5)年11月-----------現在の駅舎完成
1993(平成5)年9月―――――林トヨが代表取締役を退任。林真人が後任として
               代表取締役社長に就任 (27歳
)―――――創業94年
1995(平成7)年7月―――――米沢市東3丁目に焼肉店「べこや」を開店
1999(平成11)年12月4日―― 山形新幹線新庄延伸(山形駅~新庄駅間改軌)。
               この区間も愛称の「山形線」に含め福島駅~
               新庄駅間が「山形線」となる。
1999(平成11)年―――――――創業100年 社団法人日本鉄道構内営業中央会
               より100年の業績の顕彰を受ける
-------創業100年
2000(平成12)年3月―――― 米沢市中央2丁目に第2号焼肉店「いろり
              を開店。牛串弁当・牛べこを販売開始。
2001(平成 13)年―――――― BSE騒動による売り上げ激減
               牛釜めしを販売開始

2002(平成14)年------------------ 東北の駅100選に選定(旧米沢高等工業学校本館
              を模した洋風駅舎が特徴)
2002(平成14)年―――――― 全国初の「メロディ弁当」牛角煮弁当と牛めしを
               販売開始
2003(平成15)年――――――― Wで旨いカルビ丼・焼肉弁当バカー代・松茸入り
               牛肉弁当の販売開始
2004(平成 16)年4月―――― 米沢市金池5丁目に中華料理店「三男坊」を開店
                厚切牛肉チャーシュー丼を販売開始
2005(平成 17)年―――――― 牛肉ビビンバ丼・牛たん重 はえぬき・
                「空弁」牛肉弁当、 らーめんどんぶり・牛巻めしの
                販売開始。
2006(平成 18)年―――――――復刻版 上等すきやき弁當・牛肉弁当を販売開始
2007(平成 19)年)7月―――――米沢市徳町4丁目に第3号焼肉店「美炭」を開店
                 拙者 牛肉侍と申します・牛肉三昧を販売開始
2008(平成 20)年4月―――― オフィスアルカディアに新社屋・工場完成
2008(平成 20)年10月―――― 米澤牛焼肉重松川辨當 東日本縦断東京駅駅弁
                大会にて人気NO.1
2009(平成 21)年1月――――― HACCP認定(国際的に認められた食品の安全性・
                衛生管理方式
――――――――――創業110年

2010(平成 22)年4月―――――米沢牛炭火焼特上カルビ弁当 東日本縦断東京駅
                 駅弁大会にて 人気NO.1
2013(平成 25)年7月――――― 現在に至る
―――――――米沢駅開業114年
                   ―――――――松川弁当店創業114年



スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。