プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめざ

_4637 エッセー1307


3歳ぐらいから小学校終了まで、毎朝起きると、枕元に「おめざ」があった。

たいしたものが入っているわけではない。

 

金平糖(こんぺいとう)156粒とか、前日、来客のおみやげの落雁が2個とか、時には、ミカンが1個とか。

半紙のおひねりにくるまれていて、目がさめたとき、ちょっと楽しみだった。

 

なんのためとか、どうしてとか、聞く相手はもう存在しないので、わからない。

 

もう、十数年も前、行き付けの飲み屋で雑談に花が咲いていたとき、話をしたら、たちまち驚かれた。嬢ちゃんにされた。

 

こちらが驚いた。それまで、日本の子供は、みんな朝起きたら、「おめざ」をもらっていた、と思っていたからだ。

 

それからは、よく、冷やかされた。

考えてみると、そうではない、ということがわかるはずだ。ドラマの「おしん」を見たり、ちょっと想像力を働かせれば、そうではないことぐらい、いい歳をして分かるはずだ、と、思った。と書くのは、自分をカモフラージュしている。

 

本当は、心底、「おしん」でも「おめざ」をもらっていた、と私は思っていたからだ。

 

その根拠は、お金のかからない、中身も大したものではないからで、育てる側がそうしようと思えば、どんな環境でもできる程度のことだからである。

 

東京という土地柄か、昭和の時代の風習か。親が子ども時代に経験して、無意味に子どもである私にも繰り返しただけなのか。

 

ただ、「おめざ」 という言葉は、3歳ころから私の記憶に刻まれているから、私にとっては、両親の顔と共に、なつかしい言葉として体中に浸み込んでいる。

 

というわけで、もう、大分前から、あるテレビ局の朝の番組で、「さあ、今朝の○○さんのおめざは、○○のスイーツです」などと立派なケーキがでてきたのにはびっくり仰天。あれは、「おめざ」じゃない。と瞬間思った。

公けの場での、内容とあまりかけ離れたネーミングは、本質をはずれはしないかと、柄にもない心配をする。

 

しかし、冷静に考えると、私自身おめざの根拠を知らないので、大きなことは言えない。

ちょっと調べたところによると、子どもが昼寝から覚めたときに口さびしいので、与えるお菓子。という解説があった。

 

これなどは、当を得ているかもしれない。東京の浅草で育った女の子の「おめざ」は、親が商家で忙しいので、それを朝に繰り上げたのかもしれない。

 

ネットで、30代というお母さんは、「おめざ」などという言葉自体が気に食わない。第一、朝から起きたとたんに甘いものなど食べさせたら、歯の衛生にもよくない。まったく不要。と、手厳しいものもあった。

 

今は、情報満載、知識も豊富で合理的に家事をこなし、断捨離で家を整理してと、賢い人が多くなった。こういうことを親ではなく、テレビや書物で学ぶようになった。

 

手間と時間をかけて、今では無駄と思えることを、昔の親はひたすら無私の心で枕元に、「おめざ」を、夜中にそっと、置き続けたのかもしれない。

 

人は、いろいろな思い方や考えがあってこそ、付きあいの面白さがある。お金も経験も無駄をしないと、間()のいい人間になれない、と思う。

 

子どものとき毎日「おめざ」を食べた私は、歯医者さんから、「昭和前半生まれの人は歯の質がいいですね」と、変な褒められかたをした。

 

先日、88歳になる姉とおしゃべりしていたら、彼女が『子供のときの朝のおめざはたのしみだったね』と、ふと言った。

 

私は黙って「うん、うん」とうなずいた。
                               
(2013/07/31)

スポンサーサイト

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。