プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 11 和歌山駅 小鯛雀寿し

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


4564 和歌山1307


「小鯛雀寿し」の起源は源平時代に平維盛が好んだ兵食と
伝えられている。ふくら雀のような愛らしさと、さっぱり
コクのある味の良さで長い人気を保っている逸品。
1987年4月号から24年半連載の『JTB時刻表 駅弁細見』
第1回目、初取材の記念すべき駅弁として印象深い。
26年前に編集部と熟考、選んだ駅弁「小鯛雀寿し」は、
115年の老舗の味、紀州名物として、今も健在である



駅弁彩見 11 和歌山駅 小鯛雀寿し 2250円

1987年2月、和歌山駅に降りた私は、駅弁の売店に直行した。
調製元の調理場での取材の前に、売店で話を聞くためです。

「小鯛雀寿し」のあれこれの雑談のあと、店の女性が
「そうそう、お客様から、えっ、これスズメのお寿司じゃ
ないの?って言われたことあります」と話してくれて、
「わたしもやりそうだ!」と内心思いながら、大笑いした
記憶があります。

紀淡海峡の海流にもまれた鯛は、身がしまっておいしい。
「小鯛雀寿し」は、チャリコとよばれる小鯛を使います。

三枚におろした鯛は、塩につけて洗ってから酢に浸けます。
30分ほど浸けたら、ゆっくり1日ねかせて、味を引き出します。

酢飯は、昆布ダシに独特の調味を加え炊き上げて、あと、
酢合わせをします。
にぎり寿司より大きめに握り、小鯛をのせて仕上げにテリを塗って
形を整えます。

小鯛の酢加減と酢飯の味が抜群で、そのまま握り寿司のように
つまんでいただく。

内緒で「私の小鯛雀寿し」の楽しみ方をお教えします。
私は日本酒党なので、上の酢じめの小鯛だけを肴にお酒を
たのしみます。まさに佳肴です。
そして、
おいしい酢飯だけ残します。お酒もほぼ終わったら、
そのままでも、半分にしてもいいのですが、ただ海苔を巻いて、
ついているショウガと醤油(これは自前)でいただきます。

ふつうより上質の海苔巻が味わえます。
「雀寿し」を調製した方には怒られるかもしれません。から、
内緒です。
ただし、列車の中ではできません。持ち帰りか取寄せの場合です。

その土地のうまいもの、生ものの駅弁なんて、将来はともかく、
日本だけでしょう。


●売店―和歌山駅 駅ビルMIO売店 阪和道紀ノ川SA上り線
●予約・取り寄せ可―「駅弁アロー」オーシャンアロー号・ 
                     くろしお号は指定席まで配達。4日前に予約
●和歌山水了軒――TEL 073-475-6150



明治・和歌山市駅前売店 
明治36年ころの和歌山市駅前売店

1307-3和歌山
かつての掛紙いろいろ

和歌山1307-1
昭和53年ころの掛紙

和歌山1307-4
高野山開創1200年(平成27年)使用予定の掛紙


創業115年 和歌山駅 和歌山水了軒の歴史

1898(明治31)年――――船戸仮駅を開業させた紀和鉄道が 
                                 和歌山駅(現在の紀和駅)を建設――――和歌山駅開業
1989(明治31)年――― 南海鉄道和歌山北口(紀ノ川北岸)駅にて
           構内売店を開業
――――――――――和歌山水了軒創業
1903(明治36)年――― 南海鉄道(現在の南海本線)が和歌山市駅を開業
           当時は利便性からこちらが新しい和歌山の玄関になった
1903(明治36)年2月――初代八木亀太郎が和歌山市駅前に 
                                和歌山水了軒を創設。
           同時に南海和歌山市駅構内にも売店開業
1913(大正2)年3月――2代目 八木利三郎就任
 
1924(大正13)年2月――国有鉄道紀勢西線の和歌山駅(現在の紀和駅) 
                             -箕島駅間開通により東和歌山駅として開業。
            同時に山東軽便鉄道(現在のわかやま電鉄 
                                貴志川線)が乗り入れ
1929(昭和4)年11月――山東軽便鉄道が山東鉄道に社名変更 
1930(昭和5)年4月―――国鉄和歌山駅前に店舗新設
1930(昭和5)年6月―――阪和電気鉄道(現在のJR阪和線)が和泉府中駅―
            阪和東和歌山駅間を開業。同時に合同電気(後の南海 
                                 和歌山駅軌道線)も公園前駅―当駅間を開業
1931(昭和6)年4月-―――山東鉄道が和歌山鉄道に社名変更
1932(昭和7)年5月-―――和歌山駅にて国鉄構内営業を許可される-------創業34年
1940(昭和15)年12月――-阪和電気鉄道が南海鉄道に吸収合併され南海鉄道山手線
            に。同時に阪和東和歌山駅を南海東和歌山駅に改称
1944(昭和19)年5――― 南海鉄道山手線が国有化され国有鉄道阪和線に。
            同時に南海東和歌山駅が国鉄の東和歌山駅に統合
1946(昭和21)年3月―――3代目 八木慶三社長に就任
1947(昭和22)年8月-――和歌山市駅前店再建(昭和20年戦災により焼失)
1953(昭和28)年10月――株式会社水了軒に改組

1957(昭和32)年11月――和歌山鉄道が和歌山電気軌道に吸収合併され、  
                                 和歌山鉄道線は和歌山電気軌道の鉄道線に
1959(昭和34)年7月――-亀山駅―和歌山駅(現在の紀和駅)間全通し同区間が
            紀勢本線に
1961(昭和36)年11月――-和歌山電気軌道が南海電気鉄道に吸収合併され
              和歌山電気軌道鉄道線は南海貴志川線に
1967(昭和42)年2月―――和歌山駅前都市計画のため本社屋を新設
1968(昭和43)年3月――― 現在の和歌山駅に改称。現在の駅ビルが使用開始。
            「和歌山ステーションデパート」となる
1968(昭和43)年3月―――和歌山ステーションデパート地下及び2階に
            店舗新設

1970(昭和45)年7月―――和歌山駅改装に際しコンコース、各乗降場に売店新設
1971(昭和46)年4月―――南海和歌山軌道線が廃止
1972(昭和47)年3月―――国鉄和歌山線の貨物支線であった田井ノ瀬駅から
            当駅までの旅客営業が開始。同線の旅客列車が当駅に
             乗り入れ
1974(昭和49)年10月―――阪和自動車道開通に伴い水了軒紀州食品(株)
            (紀ノ川SA上り)設立
  
1987(昭和62)年4月―――国鉄分割民営化により国鉄各線が西日本旅客鉄道 
                                  (JR西日本)に承継
1987(昭和62)年3月―――4代目 八木一朗就任―――――――――-創業89年
        4月――― 和歌山ターミナルビル内JOWA5Fに纏寿し営業開始
1995(平成7)年11月―――駅ビルの名称を「VIVO和歌山」に変更。リニューアル
             オープン
2005(平成17)年2月―――株式会社和歌山水了軒に社名変更
2006(平成18)年9月―――本社社屋を貸しビルに改装
       11月―――本社社屋JR和歌山駅東口側に移転

2006(平成18)年4月―――南海貴志川線を和歌山電鉄が継承、同線はわかやま電鉄
             貴志川線に
2010(平成22)年3月―――駅ビルの名称を「和歌山MIO」に変更。 
                                   再リニューアルオープン
2013(平成25)年7月―――現在に至る-------------------------和歌山駅開業115年-
               ―――――――――――和歌山水了軒創業115年




スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。