プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 10 札幌駅 やまべ鮭寿し

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


_4538 札幌1306



北海道・東北の一部ではヤマメをヤマベという。
「やまべ鮭寿し」は、1969(昭和44)年に誕生。
ごらんのように、極めてシンプルな駅弁である。
発売から44年。多くのリピーターに愛されている。
川魚の苦手な方でも、クセのない味なのでどうぞ。
24年前の取材で、味も姿も媚びのないのが魅力で、
今もファンの一人です



駅弁彩見 10 札幌駅 やまべ鮭寿し 600円


やまべは、体長10cmほどの養殖、塩蔵されたものを使います。
水で塩抜きして小出刃で開いて、カットし、
酸味をゆるめた合わせ酢に、1時間浸けます。

一方、脂ののったチリ産のトラウトサーモンは、3枚におろし、
皮を引き、塩ふり2時間後にカット。
これも酸味をゆるめた合わせ酢に90分。

酢飯は、北海道産米の「ななつぼし」。
粘り気が強く、さめてもおいしい。やや甘めの酢飯に仕上げています。

ネタのやまべとトラウトサーモンを裏表に型におき、
ワサビをちょんちょんとのせてから、酢飯をおく。
全行程が手作りです。

添えられた、コクのある寿司用醤油でいただく。

やまべは、まったく、くせのないさっぱりした味わい。
適当に脂ののったトラウトサーモンとの取り合せもよい。

味も姿もシンプルで、リピーターの多いお弁当です。
「木の葉・小判状」斑紋模様がやまべの特徴。
これを版画タッチで描いた掛紙も、発売当時から変わっていません。

初めての取材は、1989(昭和63)年で、以来、札幌駅で私の買う駅弁は、
このお寿司です。時には、ビールをお供にします。
24年前、620円でした。

駅弁には、「あの駅に行くと、あの駅弁が待っている」
という楽しみが、あります。


●売店 函館本線札幌駅 7:00~20:00
●予約可・取り寄せ不可
     (確実に入手するには予約をおすすめ)
●札幌駅立売商会 TEL 011-721-6101



●創業114年 札幌駅・札幌駅立売商会の歴史

弁当屋 大正 札幌1306
大正時代:札幌駅の立売が勢ぞろい


大正初期の掛紙 札幌1306 
大正初期の掛紙
昭和7~8年頃の掛紙 札幌1306
昭和7~8年頃の掛紙
昭和立売  札幌1306
昭和の立売


1880(明治13)年11月―官営幌内鉄道手宮―札幌間開業――札幌駅開業 
                                   とともに札幌仮停車場設置
1881(明治14)年12月―停車場新築、2代目の駅舎完成
1882(明治15)年6月―札幌―江別間運転開始
1888(明治21)年―――北有社に幌内鉄道の運輸業務を譲渡
1889(明治22)年12月―北海道炭砿鉄道が北有社から事業を買収
1890(明治23)年上期――2代目駅舎増改築
1890(明治23)年――――駅弁販売許可。高田文蔵氏等7名 
1899(明治32)年――――高田文蔵氏に代わり比護与三吉が 
                                  社長就任(札幌駅立売商会前身の       
                                  比護屋
―――――――札幌駅立売商会創業
1906(明治39)年10月―北海道炭砿鉄道の鉄道路線国有化に 
                                 より国有鉄道に移管
1906(明治39)年――――国鉄になり構内営業の新規申請に 
                                 より比護与三吉、岩城為像、芝正章、 
                                 洲崎庄次郎、井上直之の申請者5名 
                                 に許可が与えられた

1908(明治41)年12月―3代目駅舎完成。営業開始
1920(大正9)年――――札幌鉄道局となる
1923(大正12)年――「石狩鮭めし」発売―札幌駅立売商会創業24年
1926~30(昭和初期)年ー比護与三吉が札幌駅構内営業人 
                                会を結成、駅弁の品質向上と
            容器の改良に取り組んだ。 
                                特に腐敗防止のため考案した二 
                                重折箱は特筆すべきもので、 
                                業界の注目を浴びた
1937(昭和12)年――――比護政興が2代目社長就任
1943(昭和18)年――――札幌鉄道局は構内営業などの企業整備 
                                 を実施。国鉄内に営業人、比護、洲崎 
                                 井上、熊谷、大石の5名が企業合同し 
                                 有限会社札幌駅構内立売商会を設立


1951(昭和26)年9月― 4代目駅舎工事開始
1952(昭和27)年10月—4代目駅舎開業式
           ステーションデパート開業
1953(昭和28)年――――大阪高島屋で、初のデパートの駅弁大会開催
1959(昭和34)年――――「さっぽろシウマイ」発売

1961(昭和36)年――――函館―旭川間特急「おおぞら号」
           運転開始
1969(昭和44)年―――「やまべ鮭寿し」発売―札幌駅立売商会創業70年
1972(昭和47)年――――駅コンコースに弁当コーナー開店
           (ホーム立売から売店販売へ移る)
1983(昭和58)年――――「えぞ賞味」発売
1984(昭和59)年――――札幌駅周辺高架化の整備のため。
           本社屋を現在地へ移転
1986(昭和61)年――――「うなぎ弁当」「ホタテ弁当」発売

1987(昭和62)年4月---国鉄分割民営化により北海道の駅となる
    同年―――――比護了蔵が3代目社長就任
1988(昭和63)年――――青函トンネル開業
1991(平成3)年――――「札幌かにめし」発売
1994(平成6)年――――札幌―函館間「スーパー北斗」運転開始
     同年--------「たらばがに弁当」発売
1999(平成11)年――――上野―札幌間「カシオペア」運転開始
2003(平成15)年3月---―JRタワー開業
    同年―――――「冬の天然寒ブリ弁当」など8種類発売
2010(平成22)―――――北海道鉄道130周年
2012(平成24)年――――洲崎昭光が4代目社長に就任
     同年――――「彩り御膳・春らんまん」 
                                    ロングセラー駅弁「石狩鮭めし」など、 
                                     数多くの北海道の駅弁を発売中
2013(平成25)年6月---現在に至る――――――札幌駅開業133年 
                                                      札幌駅立売商会創業114年
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。