FC2ブログ
プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 8 横川駅 峠の釜めし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


4446横川1305 



今や、全国区ともいえる「峠の釜めし」は、発売から55年。
本年3月現在で、累計販売個数1億5千万個を突破。
横川駅開業と歩みをともに、創業72年のとき
「高見澤みねじ」という女性社長の、まごころ の創案が
実をむすんだ。良いものは変えないのが老舗の誇り。
創業128年、横川おぎのやの 味



駅弁彩見 8 横川駅 峠の釜めし 1000円


信越本線 横川駅に「峠の釜めし」が誕生したのは、1957(昭和32)年11月1日です。
太平洋戦争の終結から12年。コカ・コーラが日本にも上陸した年です。

益子焼の容器の蓋を開けると、つるりとしたウズラの玉子が目に飛び込んできます。
それから、クリの甘露煮。無漂白、無着色で、クリ本来のホコッとした味わい。

特別柔らかくなく、ごく自然に歯切れのよい若鶏は、伝来のタレで仕上げてあります。
調理人が、包丁で一本一本、ささがきしたゴボウ煮。
薄口醤油で、関西風味付けのタケノコ煮もあります。

原木栽培の干し椎茸を毎日水で戻す、肉厚の椎茸煮は、濃い目の味付けで、2個も。
グリーンピースの緑と紅ショウガが彩を添えます。
紅ショウガは、紫芋の色素で色付けしてあります。

そして、デザート代わりの、大きなアンズが程よい甘味です。

釜型容器入りのお新香は、細かく刻んだキュウリ、ゴボウ、小ナスと小梅、ワサビ漬の5種。お年を重ねた方にも食べいいように、配慮されています。

ご飯は利尻昆布とダシ、醤油の炊き込みご飯。米は新潟コシヒカリ。霧積温泉入口そばにある、おぎのや自前の精米所で、玄米から仕入れて、炊く1日前に精米します。
底の深い容器にたっぷりのご飯。

上のおかずを酒肴に、ご飯はお新香だけでもいただけます。

お新香をふくめ10種のおかずは、押しつけがましさが一つもない、自然のやさしい味。いつの間にか食べ終えてしまう、こころこもる、おふくろの味。

私の1回目の現地取材が、26年前の1987(昭和62)年。味は変わっておりません。

駅弁だけではない、百年を超える世に聞こえた老舗の誇り、なのかもしれません。

●売店 おぎのや本店、横川駅売店、おぎのや横川・諏訪・
    佐久・長野店。
    横川SA店上下線、軽井沢駅、軽井沢インター店、
    おぎのや富岡店、
    安中榛名駅。東京駅(駅弁祭・踊)大宮駅、
    諏訪湖SA上り線ほか
●予約可・取寄せ不可
●荻野屋本店 TEL 027-395-2311(代表)




●創業128年 横川駅 荻野屋の歴史


DSC_0041.jpg 
おぎのや本店風景



釜めしコーナー 誕生切り抜き 
昭和30年代の横川駅ホームで




22750007.jpg 
かつての横川駅ホーム販売風景


1885(明治18)年10月15日 官設鉄道により高崎駅―当駅間開業に伴い、開業
                            横川駅開業
1885(明治18)年10月15日 横川駅にて構内営業開始。     荻野屋創業
駅弁「おむすび」販売開始。
駅弁販売は全国でも宇都宮に次ぐ老舗
1888(明治21)年 当駅前から軽井沢駅まで碓氷馬車鉄道開通
1893(明治26)年4月1日 官設鉄道により当駅―軽井沢駅間開業
            開業当時はアプト式鉄道を採用。碓氷馬車鉄道は
役目を終えて廃止となった
1912(明治45)年5月11日 当駅―軽井沢駅間電化
1937(昭和12)年7月8日  高見澤勝一、2代目社長に就任   創業52年
1946(昭和21)年8月12日 高見澤一重、3代目社長に就任
1947(昭和22)年      さつま芋弁当、コロッケ販売開始
1948(昭和23)年      イカの鉱泉濱焼販売開始
1949(昭和24)年      紅茶(砂糖入手不能にて塩入り)販売開始
1950(昭和25)年      特選米「幕の内弁当」販売開始
1951(昭和26)年5月12日 高見澤みねじ、4代目社長に就任
1957(昭和32)年11月1日 「峠の釜めし」横川駅にて販売開始    創業72年
1958(昭和33)年2月1日  「峠の釜めし」大ヒット。天皇陛下、富山国体へ行幸の          
              折り横川駅にて「峠」の釜めし」積み込みの栄に浴する             
1961(昭和36)年      横浜高島屋駅弁大会に「峠の釜めし」出品
1962(昭和37)年4月20日 国道18号線沿い横川駅南側に「峠の釜めしドライブイン」
             (後のおぎのやドライブイン横川店)開店

1963(昭和38)年7月15日 粘着方式による碓氷新線開業
             アプト式より切替え。完全切替えは同年9月30日
1964(昭和39)年10月29日 有限会社から株式会社に改組
1967(昭和42)年6月    みねじ社長をモデルにしたテレビドラマ「釜めし夫婦」
             (フジテレビ土曜劇場)放映開始
1978(昭和53)年10月1日  株式会社おぎのやドライブイン発足。高見澤忠顕、
社長に就任
1979(昭和54)年3月25日  4代目社長高見澤みねじ、おぎのや会長に就任。
高見澤恭子、5代目社長に就任
1980(昭和55)年7月1日   軽井沢店開店
1983(昭和58)年4月21日 おぎのやドライブイン諏訪インター店開店
        9月17日 会長高見澤みねじ逝去          
1987(昭和62)年4月1日 国鉄分割民営化に伴い東日本旅客鉄道に継承
1993(平成5)年3月27日 上信越自動車道(上り線)横川サービスエリア店開店
1996(平成8)年12月1日
 「峠の釜めし」類計1億個達成
1997(平成9)年10月1日 長野新幹(北陸新幹線)の開業に伴い、当駅―軽井沢駅
間が廃止され、再び終着駅となる
             この年、関東の駅百選に選定される
             長野行き新幹線開通により、高崎―軽井沢間にて
             「峠の釜めし」車内販売(日本レストランエンタプラ
             イズへ販売委託)          創業112年
2004(平成16)11月    アメリカ、カリホルニア州で開催「全国有名駅弁大会
             に参加。海外で初めて「峠の釜めし」を製造販売。
             4日間で2千食を完売

2006(平成18)年 3月9日 「もしもし券売機Kaeruくん」稼働開始。これに
              伴い「みどりの窓口」廃止
        3月21日  自動改札機稼働開始
2008(平成20)年1月末   「峠の釜めし」累計販売個数1億4千4百万個達成
2009(平成21)年3月14日 ICカードSuica使用開始
2009(平成21)年10月   セントラルキッチン 厚生労働大臣賞受賞
2010(平成22)年10月   長野店 厚生労働大臣賞受賞
        12月   セントラルキッチン 群馬県食品自主衛生管理認証
             を受賞

2012(平成24)年2月9日「もしもし券売機Kerukuくん」営業終了
2013(平成25)年2月  「峠の釜めし」誕生55年    
3月
   「峠の釜めし」累計販売個数1億5千万個突破
        5月   現在に至る                  横川駅開業128年
                             荻野屋創業128年

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。