プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 7 宇都宮駅 とちぎ霧降高原牛めし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


1305宇都宮


宇都宮駅は、駅弁発祥の地。
1885(明治18)年に上野~宇都宮間の鉄道開通時に
初めて売りだされたといわれている。
駅弁の歴史も128年を迎えた。

その宇都宮駅自慢の逸品。
栃木自慢のひとつ、とちぎ霧降高原牛のモモと肩、
バラ肉3種の味を混合して、ソフトで微妙なうまさを工夫。
創業120年、松廼家の人気駅弁



駅弁彩見 7 宇都宮駅 とちぎ霧降高原牛めし 1000円


日光市北方、女峰山(にょほうさん)東山麓に広がる霧降高原。6月下旬から7月中旬にかけて、黄色いニッコウキスゲが人々を楽しませてくれます。

その霧降高原で育っ牛は、遺伝子組み換えなしのトウモロコシや国産米の配合飼料で飼育する、全農とちぎオリジナルブランドの交雑種牛です。

この牛のモモ肉と肩肉、バラ肉の3種を混ぜ合わせて、まず、油で焼きます。焼くことで肉のうま味を閉じ込めます。使った油は捨てて、特製のタレで赤い部分が残らぬよう煮ます。

肉の3種の部位を混ぜてあるので、ちょっと、コリッとした食感なども味わえ、同じ牛めしでも個性的です。

たっぷりの白いご飯は、直前に精米した北筑波産のコシヒカリ。かすかな甘みと弾力、冷めてもおいしいのが特徴。

栃木名産日光湯波は、平たい京都湯葉に対し、二つ折りにして巻き上げるので、厚みがあるのが特徴。弱火でゆっくり煮詰める薄味仕上げです。

ほか、栃木名産のかんぴょう煮や小ナスの漬物がほどよい箸休めです。

駅弁には数多の「牛めし」があります。

味は、ちょっとキザですが、
愛情と誠意がこめられた、結果だと思います。
このお弁当にもそれが感じられます。

●売店 宇都宮駅 大宮駅 東京駅「駅弁祭」
●予約可 取寄せ不可
●松廼家 TEL028-634-2426



創業120年 宇都宮駅 松廼家(まつのや)の歴史


宇都宮駅松廼家売店
宇都宮駅の松廼家売店


1970年ころのスタッフ
1970年ころのスタッフ


1998年4月駅弁の日に施設訪問
1998年4月駅弁の日に施設訪問


2001年6月TBSはなまるマーケット出演
2001年6月TBSはなまるマーケット出演の斎藤社長



1885(明治18)年7月16日 日本鉄道第二区線の駅として開業。     宇都宮駅開業
            第二区線の終着駅となる
1886(明治19)年6月  利根川橋梁完成、上野~宇都宮が全通
       10月1日 日本鉄道第二区線として宇都宮駅・那須駅(現西那須野駅)間を延
            伸
1890(明治23)年6月1日 現在の日光線にあたる路線が、日本鉄道により
            今市駅まで開通(のち日光まで延伸)
1893(明治26)年1月9日 初代 斎藤智則 日本鉄道(株)より構内営業を許可される
                                  松廼家創業
1902(明治35)年4月1日 2代目の駅舎(2階建て)に改築          2代目駅舎
1906(明治39)年11月1日 日本鉄道が国有化される
1909(明治42)年10月12日 線路名称が制定され、当駅を通る路線が東北本線
             および日光線と命名される
1910(明治43)年10月15日 建設中の大日本製粉宇都宮工場を日清製粉が買収、
             宇都宮駅鉄道引込線使用契約締結
1919(大正8)年      弘済会卸としてアイスクリームの製造販売を許可される
1925(大正14)年12月27日 駅舎の改築工事着工            駅開業40年
1933(昭8)年       鉄道弘済会と協定成立。
             創業当初より販売の雑貨・飲料を弘済会に譲渡
             二代目 斎藤清一郎就任

1942(昭和17)年3月    三代目 斎藤スイ就任           創業49年
1945(昭和20)年7月12日 宇都宮大空襲により2代目駅舎が焼失
1946(昭和21)年3月10日 駅舎が木造1階建て、スレート葺きバラック建築で復旧。
             3代目駅舎                3代目駅舎
1954(昭和29)年12月   個人営業を有限会社に改組。資本金50万円  
1955(昭和30)~1970(昭和45)年 二つ折り弁当70~150円、とりめし100円~250円、
             すし100~150円、湯茶20円。弁当の種類も多くなり」
             価格変更承認も頻繁に。
             牛乳も22円~33円となりビン返し7円~10円返金

1958(昭和33)年2月27日 4代目駅舎落成。3月1日に供用開始       4代目駅舎
        3月7日  駅舎2階に駅デパートが開業
1974(昭和49)年11月1日 新幹線工事のための5代目駅舎(仮駅舎)供用開始。
             駅ビル「ラミア」を併設
1974(昭和49)年     四代目 斎藤博就任
1976(昭和51)年     松廼家ビル竣工。レストラン営業開始
1980(昭和55)年6月10日 現駅舎完成、6代目駅舎となる        駅開業95年
        8月1日  駅東側地区の宅地化を受け、東西自由通路開通
1982(昭和57)年6月23日 東北新幹線が開業、同線の駅となる
1983(昭和58)年     玄米弁当発売。健康食ブームの時代
1984(昭和59)年     厚生大臣賞受賞
1987(昭和62)年7月   資本金1000万円に増資

1987(昭和62)年4月1日 国鉄分割民営化によりJR東日本とJR貨物が継承
       12月   駅ビル「パセオ」開業
1993(平成5)年      日本鉄道構内営業中央会より創業100年の表彰
             商工会議所より同じく表彰
             加熱容器使用の弁当始める
1994(平成6)年11月   五代目 齋藤克彦就任

1994(平成6)年2月    在来線改札に自動改札機導入
1996(平成8)年11月3   日清製粉宇都宮工場が操業停止。
             この頃貨物列車の発着がなくなる
1999(平成11)年1月    六代目 齋藤久美子就任         創業106年
2000(平成12)年     健康食ブーム再来か、玄米弁当リニューアル
            玄気いなり、玄気亭、うわさの弁当、古代米入り、
             芭蕉気分など古代米、雑穀、玄米使用の弁当が
            広く受け入れられ注文数増える

2001(平成13)年11月18日 Suica導入
2001(平成13)年6月    宇都宮東武百貨店に出店
2003(平成15)年~現在   京王百貨店駅弁大会参加

2006(平成18)年7月8日  宇都宮線ノ15両編成列車の運行が当駅まで延長。
              従来は小金井駅までの運行であった
2008(平成20)年11月1日 東口新駅前広場オープン
2009(平成21)年4月    鬼怒川温泉駅で販売開始   
2011(平成23)年9月20日  餃子弁当800円発売
2013(平成25)年2月20~3月5日 東京駅「祭」実演販売
             とちぎ霧降高原牛めし
2013(平成25)年5月    現在に至る
            宇都宮駅開業128年
                              松廼家創業120年
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。