プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 6 吉野口駅 きぬ巻時雨壽司

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


吉野口13042



吉野口は、奈良県で唯一、公式駅弁販売の駅。
長い伝来の調合酢で仕上げた酢飯に、
アサリの時雨煮と、おぼろ昆布で包んだ押し寿司。
創業112年、さっぱりして 滋味の駅弁



駅弁彩見 6 吉野口駅 きぬ巻時雨壽司 460円


吉野口駅は、JR和歌山線と近鉄吉野線との乗り換え駅。
かつては、吉野杉の集散地として栄えました。

吉野の山を背に木造平屋の駅舎が立っています。
1896(明治29)年に開業した駅です。

奈良県で唯一の公式駅弁の販売駅でもあります。
この駅で販売している駅弁のひとつが、「きぬ巻時雨壽司」。

発売から約60年.
伝来の合わせ酢で仕上げた、かすかな甘みとツヤのある酢飯。
米は、滋賀県産の日本晴と秋の歌、ヒノヒカリをブレンドしてあります。

この酢飯の中央に、アサリのショウガ風味の時雨煮をおきます。
この時雨煮は、小豆島の醤油醸造元製で、ご飯にくるめて味わえるよう、炊き上がり11ミリほどの極小のアサリを使っています。

箱型で形を整えた酢飯を、おぼろ昆布ですばやく包みます。
おぼろ昆布は、昆布を蒸してカンナで薄く削ったもので、風味のよい北海道産の真昆布です。

きぬ巻は、おぼろ昆布の色彩が正倉院御物の絹布のようだとの発想から命名。

ほのかに甘い酢飯にアサリの時雨煮、おぼろ昆布のうま味が一体のいいお寿司です。しっかりした押しずしで、熟年を大分過ぎた私には5個で十分なほど。

『JTB時刻表 駅弁細見』で、1997(平成9)年に始めて現地取材したときから、味、価格、掛け紙とも、なにも変わっておりません。

変えない素晴らしさもありますね。

●売店 吉野口駅2・3番線に。改札を出てまっすぐ徒歩2  
            分の柳屋本店でも。
    予約、取り寄せ可(連絡9:00~16:00)
●柳屋 TEL 0745-67-1711




●創業112年 吉野口駅 柳屋の歴史


3柳屋歴史 
1960年代のテレビで紹介された柳屋(以下同じ)


1柳屋歴史 



4柳屋歴史 



2柳屋歴史


1896(明治29)年5月10日 南和鉄道(和歌山線の前身の一つ)の終着駅である葛駅
          (現在の近鉄葛駅とは別)として開業  吉野口駅の前身 葛駅開業
       10月25日 南和鉄道が葛駅・五条駅・二見駅(のちの川端駅)間を
           延伸開業。途中駅となる
1903(明治36)年5月15日 吉野口駅に改称
1904(明治37)年12月9日 南和鉄道の路線を関西鉄道が承継。同社の駅となる
1907(明治40)年10月1日 関西鉄道が鉄道国有法により国有化。国有鉄道の駅となる
1909(明治42)年10月12日 路線名勝が制定され、和歌山線の所属となる

1911(明治44)年4月  島田昌彦が日本国有鉄道の許可を受け、
           和歌山線吉野口駅にて、柳屋商店開業。
           吉野名産、鮎ずしの調製販売を始める
         柳屋創業
1912(大正元)年10月25日 吉野軽便鉄道(現在の近鉄吉野線の前身)が当駅 
             -吉野駅(現在の六田駅)間で開業。
             同社と国有鉄道の共同駅となる
1913(大正2)年5月31日  吉野軽便鉄道が吉野鉄道に社名変更
1923(大正12)年12月5日 吉野鉄道が橿原神宮前駅(初代)まで延伸。
            同線においても途中駅となる
1929(昭和4)年8月1日  大阪電気軌道が吉野鉄道を合併。
            国有鉄道と大軌(吉野線)の駅となる
1941(昭和16)年3月15日 大阪電気軌道と参宮急行電鉄が合併、関西急行鉄道が発足。
            同社と国有鉄道の駅となる
1944(昭和19)年6月1日  戦時合併により関西急行鉄道が近畿日本鉄道に改組。
             同社と国有鉄道の駅となる
1950(昭和25)年4月   島田大和彦が柳屋商店を継ぐ            創業39年

1955~60(昭和30)年代  大阪なんば高島屋で全国有名駅弁大会開催。鮎ずし、
            きぬ巻時雨寿司を販売

1965(昭和40)年代    全国の百貨店で有名駅弁大会開催が広まり、鮎寿司、  
            柿の葉寿司を販売、好評を受ける

1973(昭和48)年4月4日 柳屋商店を株式会社柳屋に法人化。
            代表取締役社長に島田大和彦が就任
        創業62年
1987(昭和62)年4月1日 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道と近鉄の合同駅となる
1989(平成元)年2月    株式会社キヨスク(現株式会社JR西日本デイリーサービス
            ネット)に口座を得て、天王寺駅売店にて販売開始、営業中
       7月    代表取締役社長に島田和重が就任。現在に至る
  創業78年
1989(平成元)年5月18日 近鉄の特急停車駅になる
1990(平成2)年7月    橿原市新堂町に坊城店開設。現在は大和高田市今里に移転、
             高田店として営業中

2007(平成19)年4月1日 近鉄吉野線でICカードPiTaPa供用開始
2013(平成25)年4月                       吉野口駅開業117年
                                 柳屋創業112年



スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。