プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 4 秋田駅 和牛こまち弁当・ 5 スーパーこまちランチ

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 


秋田1303B 


本年3月16日、「秋田新幹線E6系スーパーこまち」が運行された。
これにちなんで秋田駅関根屋では、3種の新作駅弁を販売。
そのうちの「和牛こまち」
「スーパーこまちランチ」の2種をご紹介



駅弁彩見 4 秋田駅 和牛こまち弁当 1000円

秋田県産「あきたこまち」の白いご飯に、和牛焼肉がしきつめられています。

ご飯と混ぜ合わせながらいただけるように、秋田県産の和牛を薄くスライスして、調味料に漬け込んでから、オニオンソースで焼いてあります。

秋田和牛の脂身の甘さが、この焼肉の旨さをひきだしています。

トッピングのパプリカが、味のミスマッチと思いきや、意外に焼肉とよく合っていて、ハジカミがさわやかさを添えます。

付け合せには、トマトソースのペンネ(ペン先状のパスタ)のサラダ、玉子焼,かまぼこ、いぶりがっこのニンジンなど。

焼肉の上のパプリカとハジカミは「秋田竿燈」、ペンネは「なまはげの角」、いぶりがっこのニンジンは「日本海の夕陽」をイメージ。

これは、パッケージにも描かれています。駅弁だけではありませんが、容器はいろいろな言葉をもっています。

秋田新幹線の中で、このお弁当を開けたら、この駅弁は、こんなイメージで作ったのだと、ちょっと思ってくださったらうれしいですね。

●売店  秋田駅構内各売店 東京駅「駅弁祭」
●関根屋 TEL 018-833-6461


秋田1303c


駅弁彩見 5 秋田駅 スーパーこまちランチ 1200円

秋田新幹線「E6系スーパーこまち」は、イメージカラーの「ジャパンレッド」が、美しい。その模型容器に入ったお弁当。

鶏そぼろをのせたご飯。エビフライ、チキンナゲット、オムレツ、ウインナ、ハンバーグ、焼きそば。デザートにゼリー。

みんな、子どもが、あるいは子どもだったとき、よく食べた、大好きなもの。
一見、お子様ランチですが、小食の大人の方におすすめです。幼少のころを思い出させてくれます。

そして結構、満足感があります。容器は外函も大切にしてください。記念品です。


●売店  秋田駅構内各売店  東京駅「駅弁祭」
●関根屋 TEL 018-833-6461



●創業111年 秋田駅 関根屋の歴史

1921(大正10)年関根屋旅館は洋風建築改築 
1921(大正10)年 木造から洋風建築に改築

関根屋昔の掛け紙
昔の掛け紙


1902(明治35)年10月21日 秋田駅開業。当時の所在地は南秋田郡
広山田村楢山字長沼                   秋田駅開業

1902(明治35)年 関根屋旅館創業。鉄道構内物品販売兼業で、
旅館業のほか弁当類を製造、駅構内で販売。        関根屋創業          
和風二階建客間十八。宿料六十銭八十銭一円。
兼構内すし雑貨販売。(明治44年旅館要録)


1905(明治38)年8月1日 駅所在地と周辺の鉄道用地が秋田市へ編入される

1921(大正10)年 関根屋旅館、洋風建築に改築        創業19年

1955(昭和30)年9月1日 駅構内に青森鉄道郵便局秋田分局が開局

1961(昭和36)年9月1日 「秋田民衆駅」として駅舎改築

1961(昭和36)年  秋田ステーションデパートオープン。  創業59年
         とんかつ・天ぷらの関根屋出店

1983(昭和58)年 本店を現住所の東通へ移転。

1987(昭和62)年4月1日 国鉄分割民営化により、JR東日本が継承

1997(平成9)年3月16日 現駅舎に改築
       3月22日 秋田新幹線開業。
駅弁「日本海はたはたすめし」発売

1999(平成11)年1月19日 新幹線改札口に自動改札機導入

2000(平成12)年7月29日 秋田駅東西連絡自由通路「ぽぽろーど」開通

2002(平成14)年 東北の駅百選に選定される
秋田駅ビル、トピコに関根屋駅弁販売店開業          創業100年
2007(平成19)年7月1日 北改札口をメトロポリタン口、南改札口をトピコ口
            に改称
2013(平成25)年3月16日 秋田新幹線「ス-パーこまち」デビュー
                            秋田駅開業111年

2013(平成25)年3月 「スーパーこまち」運行記念の「和牛こまち弁当」
「E6系スーパーこまちランチ」「山菜こまち弁当」
3種の新駅弁発売
                    関根屋創業111年
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。