プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 3 福山駅 ザ・駅弁春 志津ごのみ

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。 


福山13036明るい



瀬戸内の真鯛、尾道老舗のかまぼこ、
さりげなく、上等な味を盛った、
満足の逸品。
創業123年、浜吉 春の駅弁です



駅弁彩見 3 福山駅 ザ・駅弁春 志津ごのみ 1260円
(価格が変更になりました)
(4月4~15日の限定販売)


福山駅は、福山城三の丸南側を東西に横断している、珍しい駅です。ホームからお城が見えます。

春のお弁当をご紹介します。

手前味噌で恐縮ですが、著書『駅弁名鑑800』(講談社)刊行記念として、
2007年3月から、春の駅弁として発売されました。

駅弁会社「浜吉」が著者、塩入の好みに合わせて特別調製した駅弁です。

瀬戸内海は真鯛の好漁場で、その生き鯛の塩焼き、スイーツのような淡い甘味のダシ巻玉子。大きいです。

シコシコ、口中で跳ね返るような歯ざわり、串に刺したかまぼこは、
尾道の「桂馬」蒲鉾商店製。
グチ、ハモ、エソの魚肉にイカを加えた老舗こだわりの味。十数年前からの大好物です。

ほかに、薄味仕上げの竹の子煮、牛肉とゴボウのうま煮が全体の味を引き締めます。

広島ブランド米の白いご飯の上に、和歌山「南高梅」の梅干しと、酒どころ広島の奈良漬がのっています。

二切れの奈良漬の味わいを含め、それぞれの味が上等です。

たった一切れのお新香でも、味のよくないものは盛りたくないという、私の駅弁に対する考えを、受け入れた「志津ごのみ」。

日本食のよさがわかるお弁当です。

さくらの、山陽路の旅で味わってみてください。


●売店 福山駅 三原駅 (確実に入手するには予約を)
●浜吉 0848-62-2121



●創業123年 福山駅 浜吉(はまきち)の歴史

福山駅2011 
福山駅 浜吉売店



浜吉昭和30年
1955(昭和30)年ころの浜吉社屋

浜吉作業写真  


明治初期 尾道海岸通りに旅館濱吉楼として創業

1890(明治23)年 浜吉商店として創業             浜吉創業
        山陽鉄道糸崎駅(現JR糸崎駅)構内営業開始

1891(明治24)年 山陽鉄道の駅として、福山城の三の丸南側を東西に横断するように建てられた             福山駅開業
1893(明治26)年4月21日 広島寄りに300m移設

1906(明治39)年12月1日 山陽鉄道国有化により国有鉄道の駅となる

1909(明治42)年10月 線路名称制定。山陽本線の所属となる

1913(大正2)年11月17日 鞆鉄道線が開業

1914(大正3)年7月21日 両備軽便鉄道両備福山駅―府中町駅間が開通

昭和初期~中期   駅弁「鯛の浜焼」を特急かもめ・都ホテルで販売

1933(昭和8)年9月1日  両備鉄道線が国有化。国有鉄道福塩線となる

1940(昭和15)年  「軍弁」販売               創業50年

1950(昭和25)年  山陽本線三原駅舎改築。三原駅構内営業開始

1953(昭和28)年  「元祖 珍辨たこめし」販売開始     創業60年

1954(昭和29)年3月1日 鞆鉄道線が廃止

1955(昭和30)年 個人商店を株式会社へ組織化 「松茸めし」販売開始


1975(昭和50)年3月10日 山陽新幹線が岡山駅~博多駅間延伸により
             福山駅乗り入れ
1976(昭和51)年  駅弁 幕の内「御弁当」販売開始

1978(昭和53)年  駅弁 「浮城」販売開始 

1979(昭和54)年  駅弁 「やっさ弁当(現 瀬戸の小島)」販売開始

1980(昭和56)年  駅弁 「広島の味覚 かきめし」販売開始


1987(昭和62)年4月1日 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる

1989(平成元)年 三原駅高架化  新尾道駅にて駅弁販売開始

1990(平成2)年 鯛の浜焼き風「鞆ノ浦 鯛の浜焼弁当」販売開始
創業100年

1992(平成4)年 尾道駅にて駅弁販売開始

1993(平成5)年 広島空港ビル内営業開始
        航空機機内食、乗務員食製造開始

1996(平成8)年 山陽道S.A弁当販売開始

2002(平成14)年 空弁「広島空港名物 あなごめし」販売開始

2003(平成15)年 福山駅営業開始。 「福山ばら寿司」「松茸すきやき弁当」
        「厳選 松茸すきやき弁当」「福山双六弁当」販売開始

2003(平成15)年3月1日 より三原市の浜吉が駅弁販売を始める
       10月1日 「のぞみ」停車駅となる

2005(平成17)年 駅弁「あっぱれ多幸」販売開始

2005(平成17)年2月21日 山陽新幹線改札に自動改札機導入

2007(平成19)年  駅弁「志津ごのみ」販売開始       創業117年

2008(平成20)年3月1日 山陽本線上下線ホームへエレベーター設置 

2008(平成20)年  駅弁「ほっと 広島いいとこどり」
「ほっと 厳選かき釜めし」発売

2010(平成22)年  駅弁「レモン豚丼」発売

2011(平成23)年  駅弁「旬のごはん」発売


2013(平成25)年3月                 福山駅開業122年

2013(平成25)年 駅弁「春彩すきやき弁当」発売     浜吉創業123年


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。