プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦時の花

戦時の花1303



大正・昭和時代の経済学者、小泉信三氏(1888~1966)は、慶応義塾長も務めた教育家である。

私には、とりわけ、今上天皇の皇太子時代の教育掛りを務められた印象が、深い。

この小泉氏について、
2012(平成24)年10月13日の読売新聞「五郎ワールド」で、橋本五郎氏が「戦時の花」として、素敵なエピソードを紹介している。

昭和20年1月、小泉さんはゲートル姿で、東京三田綱町の自宅から丘を越え、川を渡って六本木まで歩いて花を買いに行った。

買い求めたのは、水仙と、白と淡紅色の花をつけたあらせいとうと、淡紫の小花がむらがり咲くエリカの花束だった。

「戦争のこの危急の段階で妻の誕生日に花屋に花を買いに来たということが、何か攻撃を無視した行為のように思われて、愉快であった。妻は果たして贈り物に驚いた。二人の娘は共に父の行為を賞賛した」

小泉さん56歳、とみ夫人50歳の時だった。---------。

戦後、このエピソードを「戦時の花」として雑誌に書いた小泉さんは昭和41年5月帰らぬ人となった。

ところが、その翌年、夫人の誕生日に、小泉家には水仙とアラセイトウとエリカの花束が届けられた。

皇太子妃美智子さまからだった。
「戦時の花」を読まれ、皇太子さまと相談されて、小泉さんの代役を務められたのだ。(以上、橋本五郎氏)

ひと粒の、高貴な真珠を見せていただいたような、気がしました。       
                                                       (2013・3・26)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。