FC2ブログ
プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 ② 一ノ関駅 平泉うにごはん 

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


1一ノ関うにごはん


世界遺産 平泉への旅で
味付けウニとふっくら茶飯の
絶妙な味のコラボ



駅弁彩見 ② 一ノ関駅 平泉うにごはん 1000円

2011年6月に「平泉の文化遺産」がユネスコの世界遺産に登録されました。
その平泉への玄関口、一ノ関駅は、開業が明治23年、123年の歴史ある駅舎。
この駅の名物駅弁が、「平泉うにごはん」です。
ウニは、蒸しウニを醤油、砂糖、みりん、塩の調味料で味付けしてあります。
ご飯は、醤油と酒でふっくらと炊き上げた茶飯。
この茶飯の上に盛るウニは、一粒一粒のウニのあいだに空気を入れるように、ていねいに盛ります。
味のよさは、目に見えないところへの心遣いに、あります。
ウニのほか、イクラやシソ茎ワカメ、ゴボウの醤油漬、錦糸玉子などをつまみながら食べ進む。
途中までいったら、ウニを茶飯にまぜながら食べてみてください。
味付けウニと、味わい深い茶飯が一体となった、上等なうにご飯が味わえます。
ちょっと、家庭で、すぐにはつくれません。
この駅弁の調製元も、明治23年創業, 大正、昭和、平成と、123年間、駅弁をつくり続けています。
その味です。

●売店 一ノ関駅、「東京駅 駅弁祭」大宮、盛岡の各駅
●斎藤松月堂弁当部 TEL: 0191-26-3000


●創業123年 一ノ関駅 斎藤松月堂の歴史

塩入2


明治23年当時 1
明治23年当時

塩入1 

藩政時代から明治初年にかけて「岩井屋」として、タバコ、雑貨などを販売

1890(明治23)年 4月16日 日本鉄道の駅として一ノ関駅開業 創業

1890(明治23)年 一ノ関駅開業に伴い、平泉名産、氷餅や地方名勝絵葉書
         などを販売
1891(明治24)年 松月堂として、銘菓「茄子の甘露煮」を販売、明治天皇に
         献上された
1893(明治26年) 構内初の「そば売店」を開業

1897(明治30)年 4月1日 
 「斎藤松月堂」 の構内営業が許可される 

1906(明治39)年 11月1日 日本鉄道が国有化、国有鉄道駅となる

1909(明治42)年10月 12日 線路名称が制定され、東北本線所属となる   創業19年

1925(大正14)年 7月26日 大船渡線開通

1945(昭和20)年 戦後の一社一事業の統制により菓子業は廃業      創業55年
構内営業「駅弁」仕出しを営む

1963(昭和38)年 有限会社斎藤松月堂設立               創業73年

1967(昭和42)年 7月1日 「みどりの窓口」設置

1982(昭和57)年 6月23日 東北新幹線開業

1987(昭和62)年 4月1日 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道(JR東日本)
             の駅となる
1998(平成10)年8月5日 株式会社斎藤松月堂設立。

2013(平成25)年                        一ノ関駅開業123年    

2013(平成25)年   東京駅 「駅弁 祭」でも販売現在に至る      創業123年
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。