プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 44 厚岸駅  かきめし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


かきめし 


JR北海道根室本線(花咲線)厚岸駅は、1917(大正
6)年に開業。ロシア革命によりロシアにソビエト
政権が成立した年である。氏家待合所も同年に創
業した。土地の名産、厚岸湖のカキを手作りで、
独特の味付けが自慢の「かきめし」は、東北海道
の小駅を一躍「かきめし」の駅にした。厚岸駅前
の氏家待合所は、今年で創業100年を迎えている
  


駅弁彩見 44 厚岸駅(あっけしえき) かきめし1080円
(税込み)
 
厚岸駅は、釧路駅から東へ快速で46分です。
 
駅名は、アイヌ語のアツ・ケ・ウシ(樹木のオヒョ
ウニレの皮をはぐ所)に由来するといいます。アイヌ
の人々は、樹木を家具材、皮を衣服の原料としていま
した。


 厚岸町は、厚岸湾を抱き太平洋に臨む漁港で、東側
の厚岸湖は、カキ、アサリ,ノリなどの宝庫です。
駅弁「かきめし」の誕生は、今の社長が子どものこ
ろ病弱で、母親手作りのカキエキスを毎日のように食
べたということです。、カキは海のミルク(栄養源)と言
われ、当時の家業の食堂のまかない食でもありました。
 
そのうち、お客様から駅弁にしてほしいと言われ、
現社長、氏家勲さんの父3代目の康彦さんが考案、
1963(昭和38)年に発売しました。
 
厚岸湖のカキは、大ぶりで濃厚な味。水を加えず5
分ほどボイルすると、ミルクのようなトロリとしたエ
キスが出ます。このエキスをベースにした“たまり”
は、発売した昭和38年からのものです。
 
 このたまりで、15分じっくり味付けします。しっか
り濃いめの味のカキをほおばると、なんともいえない
深い味わいが口中に広がります。
 
 ご飯は、たっぷりのヒジキ入り味付け飯。上にのる
カキ、アサリ、ツブ貝、椎茸の各煮汁を3・2・2・
2の割合で調合した汁で炊いてあります。
 
刻みのリを散らして、モチッとしたご飯の食感と、
じっくり味付けしたカキとが潮の香りを運んできます。
 添えてある、たくあんと福神漬が、味休め、箸休め
をしてくれます。
 
 厚岸で生まれ、育った人が受け継いだ、「手作り厚岸
かきめし」の味です。


その第4代目店主の氏家 勲さんは、
昔ながらの味付けを頑固に守り続けて、地元のお客様
や旅行客様にも「あー、懐かしいこの駅弁の味」と言っ
て喜んで食べて貰えるのが、とても嬉しいです。と、話
していました。
 
東京駅でも購入できますが、厚岸駅で手にする作り立
ての「かきめし」は、また味が違うかもしれません。
 
 
売店*「東京駅 祭」
*厚岸駅売店は2011年6月から取りやめになりました
  *営業時間内(ご到着の2時間前まで)に連絡いただけ
   れば、1個からでもお受けいたします
  *作りたてのお弁当を厚岸駅構内・ホームにお届けします
*予約注文で営業時間外でもご相談の上お受け渡しが可能です
*取寄せ=電話でお問合せください
*電話=0153-52-3270営業時間=8:30~14:30
定休日=木曜   
 
 厚岸1 (1)
1 『JTB時刻表・駅弁細見「かきめし」1993年11月号』当時の価格は620円。
社長自ら立売で販売



厚岸1 (2) 
2 『JTB時刻表・「駅弁細見「かきめし」2007年2月号』当時の価格は950円。
  厚岸駅KIOSKで販売
「かきめし」のほか、鮭・帆立・さんまの駅弁も販売中
 

厚岸1 (3) 

3 北海道の鮭の切り身がどん!とのっている


厚岸1 (4) 
4 厚岸湖もう一つの名産、大きな帆立はイカでとっただしとザラメで炊く



厚岸1 (5) 
5 駅弁にはあまり無い「氏家風さんまのかば焼き」のお弁当
 
 
 
 
創業100年 厚岸駅  氏家待合所の歴史
黒字=駅 青字=氏家待合所
1917(大正6)年12月 釧路より浜厚岸間の開業により中間駅(旅客扱い
上は終着駅)として設置。旅客荷物のみ取り扱い 
浜釧路機関庫厚岸駐泊所設置
厚岸駅開業
1917(大正6)年12月 厚岸駅開業と同時に氏家待合所として初代氏家
菊治が駅弁の販売を開始。
以後、2代目氏家武夫が継承
氏家待合所創業
1919(大正8)年11月 厚床まで延伸開業。貨物支線との分岐駅となる
1921(大正10)年8月 浜釧路機関庫厚岸駐泊所が分庫となる
1925(大正14)年6月 浜釧路機関庫厚岸分庫が駐泊所となる
1929(昭和4)年11月 浜釧路機関庫厚岸駐泊所が分庫となる
1930(昭和5)年6月     浜釧路機関庫厚岸分庫が駐泊所となる
1963(昭和38)年 3代目氏家康彦が駅弁「かきめし」を新発売
1965(昭和40)年10月 駅舎を改築。鉄筋コンクリートの平屋建て
1966(昭和41)年3月 釧路機関区厚岸駐白所廃止
1982(昭和57)年11月 浜厚岸間との貨物支線廃止
1986(昭和61)年11月  荷物扱い廃止
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化により、北海道旅客鉄道に継承
1994(平成6)年 4代目氏家 勲が社長に就任
1999(平成11)年3月 単式ホーム新設、使用開始
2005(平成17)年 駅舎外壁を水色に塗り替えた
2017(平成29)年7月 現在に至る
厚岸駅開業100年
氏家待合所創業100年
      待合所 待合所という名称は珍しい。北海道で駅付近にあっ
たもので、列車待ちのためのスペースであり、その
お客に飲み物や食事を出す商売。氏家待合所はその
伝統を残している
 
 

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。