プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見42 伊東駅 いなり寿し

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


いなり寿し 

 JR東日本伊東線伊東駅は1938(昭和13)年に開業。
日中・太平洋戦争下の戦時統制法である、国家総
動員法公布の年である。8年後の1946(昭和21)
年、太平洋戦争終結の翌年に祇園が創業。戦後の
混乱期を乗り越え、創業13年目の1959(昭和34)
年に駅弁「いなり寿し」が伊東駅で初めての駅弁
として登場。創業71年になる祇園の看板駅弁です
 
駅弁彩見42 伊東駅 いなり寿し600円(税込み)
 
甘辛く煮た油揚げに酢飯を詰めた「お稲荷さん」は、
日本各地の庶民の味として愛されている、お寿司です。
 
このお寿司は、ハワイ、台湾、韓国、ミクロネシアの
島々にも、日本が統治した時代に広まり、現在もあるそ
うです。
「お稲荷さん」の由来ですが、
 
稲荷神社の稲荷神(いなりがみ)は、五穀豊穣と商売繁
盛をつかさどる、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、
別称倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀ってあります。
 
この神は八百万(やおよろず)の神の中でも、代表的な
食物神とされています。 
商売繁盛とともに豊作の神であり、これが一般的な稲
荷寿司が「俵型」になっていることにつながります。
 狐との関係は、食物をつかさどる神、「みけつかみ」を
「三狐神」とも表したことから、狐とこじつけたものだ
そうです。
 
そして、「稲荷」は、狐の好物であるということから「
油揚げ」の別の呼び名になり稲荷寿司の略になりました。
 今回は、伊東駅で70年の歴史ある「いなり寿し」をご紹
介します。
祇園の「いなり寿し」は、初代守谷定一の妻かつ江の母の
実家が稲荷神社で、その母の「いなり寿しでもつくってみた
ら」という助言から生まれたというのも、いいお話です。
 
創業当時より富士にある油揚げ専門店から届く揚げは、醤
油と白ザラメだけで、2時間煮込み、いいキツネ色に仕上げ
ます。
 
中には、冷めても美味しい特別のブレンド米で炊き上げた
すし飯を詰めます。
 
深みのある甘さと、濃い味が特徴で、丁寧につくられた味
が口中にひろがります。また、食べてみたい駅弁です。
 
 ちょっと家庭では出せない味ですね。
  JTB大型時刻表グラビア「駅弁細見」での取材は、1996
(平成8)年3月号。当時の価格は550円でした。21年経ちま
したが、50円の値上げです。変わらぬ味と、良心的な価格に
驚きました。
 
伊東へお出かけのときには、召し上がってみてください。
 
売店=伊東駅、 道の駅伊東マリンタウン、伊東ショッピングプラザ
   デュオ、祇園本店
予約・取寄せ=予約は、前日の午前中にお願いします
取り寄せは、下記電話へお問合せください
TEL=0557-37-3366
 
1創業当時の祇園 
1 創業当時の祇園。初代社長夫妻-昭和30年ころ


2駅弁調製の作業 
2 駅弁調製作業。右側は「いなり寿し」の詰合わせ―昭和30年ころ


3伊東駅ホーム
3 伊東駅ホーム立売―昭和30年ころ

4伊東駅ホーム売店 
4 伊東駅ホーム売店―昭和30年ころ

5駅弁細見伊東駅 
5 『JTB時刻表グラビア「駅弁細見」』1996年3月号

創業71年 伊東駅 祇園の歴史
黒字=駅 青字=祇園
1938(昭和13)年12月 国鉄伊東線が網代駅から開通。その終着駅として伊東
駅が開業。
伊東駅開業
1946(昭和21)年 東京浅草の映画街で、活弁士をしていた守谷定一と妻
かつ江が伊東温泉の街中で、いなり寿し専門店を開業
したのが始まり。妻かつ江の母の生家が美野輪稲荷神
社であったことから「いなり寿し」を作ってみたら、
という母の助言により、いなり寿し屋を起こした
祇園創業
1950(昭和25)年 株式会社に改組。初代社長として守谷定一が就任
1959(昭和34)年 「いなり寿し」は伊東で初めての駅弁となる
1961(昭和36)年12月 伊豆急行線が伊豆急下田駅まで開通
1980(昭和55)年10月 貨物の取扱を廃止。貨物ホームを撤去
1984(昭和59)年 2代目守谷幸三が社長に就任
1986(昭和61)年 3代目守谷かつ江が社長に就任
1987(昭和62)年3月 貨物の取扱を鉄道車両に限り再開
       4月 国鉄分割民営化により国鉄の駅はJR東日本・JR貨物
の駅となる。駅管理もJR東日本が継承
2004(平成16)年10月 自動改札機設置。ICカードSuica供用開始
2006(平成18)年 4代目守谷弘が社長に就任
2010(平成22)年 5代目守谷匡司が社長に就任
2017(平成29)年2月 現在に至る
伊東駅開業79年
祇園創業71年


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。