プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 41 草津駅 近江牛すき焼き弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



IMG_7403 (2) 


 
東海道本線(琵琶湖線)草津は、1889(明治22)年
の開業。同年、南洋軒も国鉄立売営業の許可を受
けた。大日本帝国憲法公布。東海道本線全通と時
を同じくしている。創業以来、近江牛の各種駅弁
をはじめ、ラディッシュの種を添えた「お鉢弁当」
などユニークな弁当を発売。滋賀を代表する郷土
菓子「うばがもち」でも有名な老舗は,創業127
 
 
駅弁彩見 41草津駅 近江牛すき焼き弁当
             1300円(税込み)
 
近江牛は、神戸牛、松坂牛と並ぶ日本三大銘柄牛の一
つとして知られています。
 
日本での肉用牛としては、その歴史は最も古く、1590
(天正18)年、秀吉の小田原攻めの際、高山右近が蒲生氏
郷と細川忠興に牛肉でもてなしたという史実があるそう
です。
 
 その蒲生氏郷が領地の近江蒲生日野で食肉牛を育て、今
の食用近江牛の普及に貢献したといわれています。
 
 駅弁では、この近江牛がすき焼き弁当として、2007(平
成19)年10月に発売されました。
 
 ごく薄味のついたご飯に、近江牛のすき焼きがたっぷり。
日本人ですき焼きの嫌いな方はいないのではないでしょう
か。
 
 肉は、モモ肉とバラ肉を使っています。大好きな糸コン
ニャクと玉ネギ、青ネギ、錦糸玉子。箸休めに、赤かぶが
添えてあります。
 
 赤かぶや錦糸卵を除けば、私の子供のときからのすき焼
きのメニューです。甘い脂身、繊細で柔らかな肉質が口中
にひろがり、すき焼きの煮汁がご飯に程よく沁みて、箸が
すすみます。
 
子供のころ、大きなちゃぶ台を囲んで、家族がそろって
座るなか、母が用意した材料を、和服の父が袖を押さえな
がら、鍋に入れてくれた夕食の光景がうかびました。
 今では、あまり見られぬ景色かもしれません。 
 
こんな思い出もうかんでしまう、創業127年になる近江
の人気駅弁です。
 
 
 売店:直営店=草津駅コンコース売店。 前日午前中までに予約
    販売委託店=京都駅3店、新大阪1店、新神戸駅1店
予約・取寄せ:直売店のみ予約
取り寄せ=10~3月、翌日配達可能地域に限定
TEL :077-564-4649 ・0120-377-040
    (いずれも8:30~17:00)
 
 

201612221 
1 昭和初期の南洋軒の店舗―辨當販売ご休憩所の看板


201612222 (1)
2 明治時代の掛け紙―15銭



201612223
3 昭和初期から昭和10年ころの掛け紙―30銭



201612224
4 昭和初期から昭和10年ころの掛け紙―穴子鮓25銭など



201612225
5 昭和30年ころの掛け紙―大名行列の絵柄が楽しい




201612226
6 昭和40年から50年ころの掛け紙-琵琶湖にちなんだ駅弁
 


創業127年  草津駅  南洋軒の歴史 
   黒字=駅 青字=南洋軒
1889(明治22)年7月 官設の湖東鉄道の駅として関ヶ原駅―馬場駅(現在の膳所駅)
間の開通と同時に開業。旅客・貨物の取り扱い開始
草津駅開業
       8月 構内での飲食物販売を開始
        12月 関西鉄道 当駅―三雲駅間開通
1889(明治22)年7月 2代目  南 新助が草津駅で国鉄立売営業の申請と許可を受ける
南洋軒創業
1891(明治24)年10月 草津駅構内、駅前に軽食飲食店を開業
1895(明治28)年4月 線路名称制定。東海道線(1909年より東海道本線)所属となる
1907(明治40)年10月 関西鉄道が国有化される
1909(明治42)年10月 線路名称制定。旧関西鉄道の拓殖駅―草津駅が草津線となる
1913(大正2)年 2代目新助より、3代目新助に継承される
1942(昭和17)年12月 国鉄の許可名義を3代目新助より、南 弘に変更
1948(昭和23)年7月 列車内立売販売認可、営業開始
1953(昭和28)年8月 草津駅構内ホーム売店営業開始
1956(昭和31)年11月 東海道本線電化
1956(昭和31)年11月 草津名物「姥が餅」製造販売開始。商標登録等取得
1960(昭和35)年5月 個人営業を法人化する。株式会社南洋軒。代表取締役社長
南 弘が就任
1962(昭和37)年4月 「姥が餅屋養老亭」建設、営業開始
1966(昭和41)年1月 姥が餅屋養老亭で「宿場そば」開店
       11月 弁当、菓子の製造工場を国道1号線へ新築移転
1967(昭和42)年2月 草津駅新築に伴う、草津駅前開発で草津駅東口前横に食堂・
菓子店を新築移転
1967(昭和42)年4月 現在の橋上駅舎が完成、使用開始
1968(昭和43)年4月 西口開設
1969(昭和44)年4月 大阪鉄道管理局管内の各弁当会社の列車内販売を大鉄車内販
売(株)設立に伴い集約し、草津営業所となる
1970(昭和45)年3月 草津―京都駅間の複々線化が完成。5・6番ホーム増設
1971(昭和46)年4月 草津駅発着となる新快速の運転が開始される
1973(昭和48)年11月 弁当工場を若竹町に新築移転。同町に女子寮と社宅も新築
1974(昭和49)年1月 若竹町に本社事務所新築移転
       1月 ビジネスホテル「くさつ」建設開業(南 弘個人経営)
       7月 湖西線開通に伴い,堅田駅構内に軽食と売店営業開始
1976(昭和51)年8月 5代目南総一郎が社長に就任
1977(昭和52)年2月 ビジネスホテル「くさつ」を(株)南洋軒に統合
1980(昭和55)年1月 草津線の電化工事が完成
1986(昭和61)年9月 レストラン、菓子店等駅前事業所は草津市駅前再開発事業に
より仮設店舗に移転営業
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨
物鉄道(JR貨物)の駅となる
1988(昭和63)年3月 路線愛称の制定により、東海道本線で「琵琶湖線」愛称の使
用開始
1989(平成元)年4月 駅前再開発完成で菓子販売店「うばがもちやエルティ店」開
店営業
       7月 「南洋軒ビル」新築(テナントビル)。株式会社みなみで経営
1990(平成2)年6月 給食宅配の営業開始
1991(平成3)年6月 弁当製造、菓子製造と事務所を本社工場として新築移転。『
うばがもちや工場店』開店
1996(平成8)年10月 滋賀県立琵琶湖博物館が開設。館内にレストラン「にほのう
み」を開店
1998(平成10)年1月 ビジネスホテル「くさつ」を(株)南洋軒に統合テナントビル
に改装
1998(平成10)年4月 自動改札機設置
1999(平成11)年5月 電光掲示板導入
2000(平成12)年1月 改札外のエレベーター、エスカレーターが使用開始
2002(平成14)年6月 湖南給食事業協同組合より営業譲渡確定。給食と受託給食
2002(平成14)年7月 JR京都・神戸線運行管理システム導入
2003(平成15)年3月 改札内のエレベーター、エスカレーターが使用開始
       11月 ICカード「ICOCA」の利用が可能となる
2007(平成19)年3月 駅自動放送を更新
2007(平成19)年7月 滋賀県より(S-HACCP)承認取得。弁当製造工場
       11月 草津駅構内営業下り売店・草津線売店・上り、下り自販機業
の営業許可破棄・廃業する
2008(平成20)年1月 JR堅田駅構内堅田売店の営業許可破棄・廃業する
       8月 専務取締役に南  弘蔵が就任
2009(平成21)年3月 JR貨物の駅が廃止され、貨物の取扱は再び終了
2009(平成21)年4月 創業120周年記念事業として、宿場寄席を「アミカホール」で
開催。約300人参加。同時に南洋軒歴史写真展・駅弁レッテル
展示会を行う。「創業120年記念日平成21年7月1日」
2010(平成22)年5月 株式会社設立50周年記念日
2012(平成24)年8月 NRE東京駅駅弁売店で試験販売開始
       12月 京都駅構内で駅弁販売(茶毘弁当販売)
2013(平成25)年4月 南洋軒社内衛生試験室設置
2014(平成26)年10月 厚生大臣より表彰授与さる(弁当工場)
2015(平成27)年3月 新大阪駅構内で駅弁販売
2015(平成27)年3月 接近メロディ導入
2016(平成28)年12月 現在に至る
草津駅開業127年
南洋軒創業127年


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。