FC2ブログ
プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リラックマ ここにいます』 の絵本―55回

エッセー1611
「リラックマ」が耳はカステラでできていると
言ったら、かじられたそうです(主婦と生活社刊)

 
今回、40回目のブログ駅弁で、神戸駅の「リラッ
クマだららん釜めし」を掲載しましょう、と撮影用
のお弁当を送って頂いたときまで、「リラックマ」は、
「くまモン」のちがう呼び名だと勘違いしていた。

「リラックマ」を全く知らなかったのです。
キャラクター使用の物品でよく覚えているのは、「
キティーちゃん」の駅弁掲載のとき。JTB時刻表『駅
弁細見』で、先方から渡された写真がキティーちゃん
のリボンが逆になっていたため、大騒ぎになった。
専門家にリボンを入れ替える作業をしてもらって、
事なきを得たが、入稿直前で冷や汗ものだった。

鈍感で、「リラックマ」を「くまモン」がリラック
スしている呼び名だと思った。駅弁の原稿も「くまモ
ンの親は、脚本家の小山薫堂さんとアートディレクタ
ーの水野学さん」と書いた。

原稿もほぼ終わって、外出の帰りには、必ず立ち寄
る駅ビルの書店に入った。
 
 これとこれと、これと、買いたい本のメモを取りな
がら、ふと棚の端に1冊だけ「リラックマ ここにいま
」の背表紙が目に入った。あら、駅弁と同じ本があ
る。と手にとると、作者はコンドウ アキ となって
いる。
 
さすがに鈍感でも驚いた。そして、リラックマの創
作者はイラストレーターのコンドウ アキさんで、今
や、リラックマストア、絵本、漫画、シールブック、
実用書、ゲームシリーズ、携帯サイト、音楽、タイア
ップ、テレビCMなどを手掛け、1999年~2000年の2
年間で700億円、2009年現在の累計市場(全商品の総
売上)は、1000億円(サンエックス)という、ロング
ランのヒットキャラクターであることが分った。
 
 改めて、我が身の鈍感さにうなだれる。
撮影用のお弁当を送ってくださった淡路屋さんは、当
然承知と思って細かい説明などしない。私は、子供を育
てたことがないからなあーと、変な憐れみを自分にかけ
てみる。

 恥ずかしいと、早速、原稿を全部書き直す。という
次第でした。
さて、たった1冊、棚にあった『リラックマ ここに
います』のことです。

文章は、俳句なみ。とても短い。様々な姿の「リラ
ックマ」をながめながら10分で読了です。でも、終
わりません。
例えば、
イエスとノー以外にも 
こたえはあるんです
 
道は歩いてみないと
わからないものですね
 
別にいいではありませんか
たいていのことは大したことじゃありません

みえるものがすべてではないんですよ
     着ぶくれしているだけです
 
     いいものはいい
    できたてもおいしい
    さめてもおいしい
 
    くもったら みがきましょう
 
    へこんだらふくらましましょう
 
向かい風は 逆をむいたら追い風です

    いらないキモチを てばなしましょう
 
    アンテナの向きは
    自分で変えられます
 
    忘れることも才能です

    ゆったりはニッコリをつれてきます
 
本のタイトルみたいです。それぞれの人が様々な思い
で、自分の姿を振り返ります。
忙しく、騒がしく、不安と未来に思いをいたしながら。
今の日本に、このキャラクターが迎えられているのが分
ったような気がしました。 
      11/2/2016
 
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。