プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 45 鳥栖駅 焼(しゃお)麦(まい)弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


駅弁鳥栖駅 


 JR九州鹿児島本線鳥栖駅は1889(明治22)年に開業。
東海道本線が全線開通の年である。3年後の1892(
明治25)年に中央軒(八ッ橋屋)創業。日本鉄道が上
野-青森間全通の翌年だった。1913(大正2)年、日
本で初めての鶏めし駅弁「かしわめし」を発売。
1956(昭和31)年、中国人コックの指導による焼麦を
開発。味の研究を重ね重ねて創業125年を迎えた
 
 
駅弁彩見 45 鳥栖駅 (しゃお)(まい)弁当930(税込)
 
鳥栖市は佐賀県の東玄関口として賑わっています。
 
鳥栖駅は、九州交通各線のつなぎ目的な位置にあり、
鳥栖駅所属の鹿児島本線と鳥栖駅を起点とする長崎本
線が乗り入れています。
 
焼麦弁当は、先輩格の「かしわめし」と後輩の「焼
売」をドッキングさせた鳥栖駅自慢の駅弁で、1991年
に誕生しました。

私がこの「焼売弁当」を取材したのは、発売の翌年、
1992(平成4)年でした。

当時は、後で掲載の画像のように、焼売とし、現在は、
焼麦となっています。

焼売は、中国内蒙古が発祥地だそうです。中国の広州
や香港では広東語(かんとんご)で「シーウマーイ」。日本
では広東語の発音にそって一般的で「シューマイ」です。

一方、標準的な中国語(北京語)では「シャオマイ」と
言い、「焼麦」の文字になります。
 
 という理由で、25年前取材のときとパッケージのタイ
トルはちがっておりますが、中身は、変わっておりませ
ん。
 うれしい変化としては、焼鮭、玉子焼、野菜や香のも
のが増えたことです。
 
焼麦は、美味あっさり味の広東風。1956年に発売され、
味の良さで、「東の崎陽軒、西の中央軒」といわれていま
す。
ご飯は、鶏ガラを長時間似込んで作ったスープで炊い
た薄味の醤油味。
 
上にのる、かしわ肉の甘辛煮は、鶏のモモ肉をスライ
スし、伝来のタレで仕上げてあります。加えて たっぷ
りの錦糸玉子と海苔の風味が一体の、定評ある「かしわ
めし」です。

伝来の「かしわめし」と、「焼麦」2主役・2種の駅弁
が楽しめます。発売から26年、鳥栖の定番駅弁です。
 
日本各地の自慢の食材を誇る駅弁が、ここでも健在です。
創業から125年経ちました。


売店=鳥栖駅 博多駅
予約・取寄せ=予約可   
取り寄せは下記電話へお問合せください
中央軒TEL=0942-82-3166
 

1 T13八ッ橋屋-3
1 中央軒の前身,八ッ橋屋―1924(大正13)年




2 T13八ツ橋屋-4
2 同じく八ッ橋屋の駅弁調製室―1924(大正13)年




3 S30年代かしわめし-1
3 1955(昭和30)年代販売の「かしわめし」 


4 S30年代しゅうまい-2                               
4 1955(昭和30)年代販売の「焼売」
5 箸袋


5 中央軒の商号になった1953(昭和28)年ころと思われる箸袋。「御手茂沓」の
文字がおもしろい。懐かしい蒸気機関車や驛辨屋の文字のレトロッっぽさが
いい。駅弁の箸袋では、初めての出会い。


6 JTB時刻表    
6 『JTB大型時刻表・1992年9月号「駅弁細見65―焼売弁当」』-このころは、
  焼売弁当(しうまいべんとう)として販売していた。650円
 
 
 
創業125年 鳥栖駅 中央軒の歴史
         黒字=駅 青字=中央軒
1889(明治22)年12月 九州鉄道博多駅~千歳川駅間の開通と同時に開通
1891(明治24)年8月 九州鉄道が佐賀駅まで開通
鳥栖駅開業
1892(明治25)年4月 橋本頼三が八坂甚八と共同で「八つ橋屋」を創業。鳥栖 
駅構内で弁当の立売営業を開始
中央軒創業
1903(明治36)年7月 駅舎を新築
1907(明治40)年7月 九州鉄道の国有化により、帝国鉄道庁所管となる
1911(明治44)年 駅舎増改築
1913(大正2)年4月 神武紀之絵(こうたけきのえ)が光和軒を創業。日本で
初めての鶏めし駅弁「かしわめし」を販売
1925(大正14)年 鳥栖操車場開設
1942(昭和17)年5月 鳥栖駅の2社、久留米、大牟田、日田駅の国鉄構内営業
者5社が戦時統制により合同し、「九州中央鉄道構内営
業有限会社」を設立
1945(昭和20)年8月 11日 鳥栖大空襲で駅構内に爆弾投下され被災。駅舎は
焼失をまぬかれた
1953(昭和28)年4月 商号を「有限会社中央軒」に改称
1955(昭和30)年12月 鳥栖駅構内に、九州では初めての立ち食い形式の「麺類
売店}を開票
1956(昭和31)年5月 焼売(シューマイ)の販売を開始
1957(昭和32)年11月 原田駅にうどん店開店
1966(昭和41)年10月 昭和天皇皇后両陛下の御召弁当を調製
1969(昭和44)年4月 原田駅にうどん店開店
1969(昭和44)年11月 皇太子殿下(現天皇)御召弁当を調製
1984(昭和59)年 鳥栖操車場廃止
1986(昭和61)年11月 鳥栖駅荷物の取扱を廃止
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道・日本貨物鉄道の駅
となる
1989(昭和64)年10月   鳥栖駅待合室売店開設
1990(平成2)年3月 コンテナ貨物の取扱を開始
1991(平成3)年11月 独自製法による「焼麦(しゃおまい)」販売開始
1992(平成4)年7月 「有限会社フードコア」に商号変更
1992(平成4)年7月 「有限会社フードコア」の出資で、株式会社中央軒設立
        8月 「有限会社フードコア」より株式会社中央軒に業務移管
1996(平成8)年8月 東西自由通路「虹の橋」開通
2003(平成15)年12月 久留米鉄道構内営業有限会社の廃業により、事業の一部
を継承
2006(平成18)年3月 日本貨物鉄道の駅が移転廃止。鳥栖貨物ターミナル駅を
開業
2009(平成21)年3月 ICカードSUGOCAの利用を開始
2010(平成22)年11月 駅前広場および駅前バス停周辺の整備工事が完了
2011(平成23)年1月 JR九州在来特急車内販売弁当(ゆふいんの森弁当)の納
品開始
2011(平成23)年2月 博多駅構内に事務所開設
2011(平成23)年3月 九州新幹線全線開業に伴い、新鳥栖駅に売店を開設
九州新幹線車内販売専用弁当(さくら咲く)の納品開始
2015(平成27)年12月 鳥栖駅周辺まちづくり検討委員会で、橋上駅舎化の答申
が出される
2017(平成29)年10月 現在に至る
鳥栖駅開業128年
中央軒創業125年
スポンサーサイト

底至(そこいた)りの美学(新聞大学生の記)―60

 エッセー1711
2003年1月―旧新宿御苑温室

精緻な芸術としての根付
今はあまり目にしなくなって、骨董品扱いになっている
ものの一つに根付がある。
 
 明治生まれの亡き父も二つ、三つ持っていた記憶がある。
 
江戸時代に、印籠やたばこ入れなどの「提げ物」が男性
用の装身具として使われるようになり、その留め具として
作られたのが根付だった。
 
材質は、黄楊(つげ)、黒檀、一位の堅い木や、象牙など。
形はさまざまで、動植物、面、人など。大きさは数cmか
ら1cmほどのものまである。
 
富裕層が所持したものは蒔絵や象牙で作られ、金に糸目
をつけない芸術性が「細密工芸の華」といわれ 海外の蒐
集家も多い。
 
 日本の蒐集家としては、明治~昭和期の実業家、郷誠之
助と高円宮憲仁親王が著名である。
 
将棋棋士九段・佐藤康光さんに学ぶ
この根付について、将棋棋士九段の佐藤康光さんが、2016年
5月29日の読売新聞 「アート散歩」欄、特別展「根付と提げ物」
(たばこと塩の博物館)に寄稿されている。
 
「ふだんは羽織の下に隠れて目立たない根付ですがこのよ
うな目にみえないところにお金をかけることを「底至りの美
学」というそうです。日本の古き良き時代の文化を実感しま
した。」と述べていらっしゃる。
 
 ここで、私は「底至りの美学」なる言葉に初めて出会った。日本
語の表現は奥深く、一生のうちにどれほど学べるだろう。
 
 さっそく、三省堂『新明解国語辞典』2005年版で調べたが、記載
がなかった。
岩波書店『広辞苑第六版』によると、
外観は美しくないが、表に見えないところが念入りで精巧な
こと。
酒、寸南破良意「キセル・たばこ入れなどで、――を好み」
と、ある。
 つまり、「キセル・たばこ入れなどで底至りを好み」という文
章例です。
 
しかし、広辞苑の記載もこれだけでは、酒、寸南破良意の意味が
わからない。広辞苑以外で調べると、
 
上記の 酒、寸南破良意 は、
『寸南破良意(すなはらい)』というタイトルの、落本(
ゃれぼん)の意味で、
作者は、南鐐堂一片(なんりょうどういっぺん)。1775(安永
4)刊 とある。
(酒落本とは、江戸時代に発達した遊里(遊郭)文学で小説の一様式)
 
アメリカ独立戦争時代の言葉
この洒落本作者の時代は、アメリカ独立戦争(1775)が始まっ
た年。日本では俳人の加賀千代女死去の年代で、290年前の江
戸の書物に、この言葉があったことは判る。
 
本当は、この言葉が江戸時代に生まれたかどうかは不明だ
が「底至り」の言葉の背後には、日本古来の和歌、室町時代
の能、俳句、茶道などの道の世界、いや、もっと上流にさかの
ぼる日本人の精神世界の伝承など。日本人が育んできた伝統的
文化の積み重ねがあると、思う。
 
フランス人が「フランス語は世界一美しい」と誇るように、
言葉は、その国の象徴であり国の宝といえる。
 
「底至りの美学」の言葉から、「日本の古き良き時代の文化
を実感しました。」と、執筆者の佐藤康光さんは述べている。
 
武士のたしなみにみる底至り
大阪夏の陣の戦いにのぞんで死を覚悟。髪に香を焚きしめた
という豊臣家家臣木村重成。討ち死にした重成と対面した家康
は、「さすが武士の鑑」と称賛したという。
 
幕府の贅沢禁止令に反抗して、羽織の裏に大金をかけた贅沢
に、高度なユーモアと江戸商人のこころ意気に喝采したくなる。
 
私は、この話を、東京浅草の小学校の歴史の時間に先生の余
談として学んだ。
小学生の頭では、ただそれだけの行為と受け止めた。しかし、
脳裏には残った。
 
「底」という言葉には、ふつう頭に浮かぶ意味のほかに、物
事の極まる所、こころの奥、真の力量などの意味がある。
 
見えないところに贅をつくす、という美学は、日本人の謙虚、
粋のこころ、こころ極まるところ、を追求したもので、日本人
の精神性として流れている、というか、流れていたと、いうべ
きか。
AI時代の底至りの美学
 「米国では、スマートフォンが、早くも『つまらないものだ』
と飽きられている。-----これからはスマホの次に来るものが何
かをいち早く探り当てることが非常に重要なテーマになる」
という話を最近、耳にした。
 
時間と社会の流れが、仰ぐ流れ星か超高速機のように感じる。
 
AI時代の日本では、若い世代が「別の表現」で、「底至りの美
学」を継承してくれるかもしれない。などと楽観している。
その変化を長生きして、みてみたいものだと思う。
 
2016年のある日の新聞から、ある言葉の意味を探ってみて、
日本語を身につける大切さを、ゆっくり、痛感しています。 
                         (2017/11/24) 
 
 
ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。