プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見34 郡山駅 海苔のりべん

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


IMG_6484 (3)1510郡山 


東北本線郡山駅は、1887(明治20)年に開業。東京に
やっと電灯が灯るようになったころである。その37
年後の1924(大正13)年に福豆屋が、郡山駅で駅弁の
販売を開始した。この年、宮沢賢治が『注文の多い
料理店』を出版している。福島の食材にこだわった
駅弁をつくり「小原庄助弁当」「弥次喜多道中記」な
ど多くの人気駅弁を販売。今年で91年目を迎えた 
 
駅弁彩見34 郡山駅 海苔のりべん 900円 (税込)
 
福島県の中央部、郡山駅は、東京駅から東北新幹線で
最短77分。
東北・山形新幹線、東北本線、磐越東線、磐越西線、
水郡線の6線が乗り入れて、東西南北への分岐駅とし
て賑わっています。
 
ここに、ある年代の方には懐かしい、おふくろ手作り
のような「海苔のりべん」という駅弁があります。
2010年に発売されました。
フタを開けると、のりが2枚。さっそく箸を入れます。
「おかか」がたっぷり。このおかかは、蕎麦タレで、
じっくり煎ってあります。味がいいわけです。
 
海苔は、みちのく寒流海苔。先代から引き継いでいる
確かな味です。
 
おかかをかき分けて、食べ進むと、二段目におかかと
のりと昆布の佃煮が現れてびっくり。
 
郡山産米の「あさか舞コシヒカリ」のご飯が、まず、
いい味です。日本のお米のおいしさです。
 
白いご飯とおかかのコラボも、昔からの取り合せで、
私は、この「猫めし」が子供のころから大好きです。
 
添えられている、おかず類は、
大振りのダシ巻玉子、しっとり柔らかい鮭ハラス、甘
いエビイモ(里芋)煮が舌にとろけます。ゴツンと太目
のゴボウ煮やニンジンもごく自然の味。どれも、よく
選択されています。
 
駅弁のプロの手作りです。
 
調製元福豆屋さんは、社長と専務が女性です。
 
このお弁当は、専務が子供の時、お母さんが毎日作っ
てくれた「のりべん」を思い出して、その美味しさを
思い出しながら作ったそうです。忙しい中を美味しい
お弁当を食べさせたい、という気持ちで作ってくれた
母への感謝もあります。という。
 
「海苔のりべん」のネーミングと、掛け紙の文字が素
敵です。けばけばしく主張しすぎない、日本の味を楽
しめる、秀逸なお弁当だと思います。
 
売店:郡山駅、仙台駅、上野駅、大宮駅、東京駅・祭   
予約・取寄せ:予約は郡山福豆屋売店で可、
取り寄せ不可
TEL:024-943-0528


1加工
1 初代郡山駅 明治20年        


12.jpg  
2 2代目郡山駅 明治30年代



4 
3 4代目郡山駅 昭和26年


8 
4 鉄道省時代(大正9~昭和18年)の掛紙


9 
5 鉄道省時代(大正9~昭和18年)の掛紙



創業91年 郡山駅 福豆屋の歴史
    黒字=駅  青字=福豆屋
1887(明治20)年7月    日本鉄道の駅(一般駅)として開業。当時は終着駅。
郡山駅開業
        12月    日本鉄道線が仙台駅方面まで開業
1898(明治31)年7月 岩越鉄道の駅が開業。同社線が中山宿駅まで開業
1906(明治39)年11月 日本鉄道・岩越鉄道が鉄道国有法により国有化。
鉄道院の駅となる
1909(明治42)年10月 線路名称制定により、東北本線所属駅となる
1915(大正4)年7月 平郡西線(現磐越東線)が三春駅まで開業
1924(大正13)年 水戸井熊総本家次男、小林勝利が郡山にて駅弁販売
業を始める
福豆屋創業
1956(昭和31)年 有限会社福豆屋2代目小林邦利が社長に就任
1962(昭和37)年 株式会社福豆屋に改組
1968(昭和43)年12月 日本オイルターミナル郡山営業所が営業開始
1970(昭和45)年5月 日本石油輸送が郡山ヤードを設置
1976(昭和51)年 郡山食品工業団地協同組合内に、環境に配慮した
弁当製造工場を建立
1970年代に発売の駅弁 ずうずう弁当(ネーミングがユニーク)
小原庄助べんとう(2段重ね)
山菜ちらし(透明なふたで中味が見える)
1982(昭和57)年6月 東北新幹線が開通
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物の駅となる
1995(平成7)年 花がつみ弁当 を発売
1998(平成10)年12月 新幹線改札口に自動改札機を導入
2000(平成12)年 3代目小林裕子が社長に就任
伊達鶏釜めし を発売
2004(平成16)年11月 1階のみどりの窓口とびゅうプラザを2階に移転
2005(平成17)年3月 みどりの窓口内に指定席券売機を導入
          3月    エキナカがオープン
         3月 フードバザーがオープン
         4月 在来線1階の中央改札口に自動改札機を導入
2006(平成18)年2月 在来線連絡橋にエレベーターが完成
2006(平成18)年2月 三春滝桜弁当 を発売
2007(平成19)年3月  ダイヤ改正により在来線ホーム番線の変更。2-6番線
水郡ホームから1-6番線に改称
        12月 新幹線自動改札機を更新。新幹線用新型自動改札機
設置
2007(平成19)年 福島牛牛めし を発売
2008(平成20)年3月 モバイルSuica特急券のサービスを開始
2009(平成21)年1月 2階在来線エスパル改札口(北口)に自動改札機導入
         3月 在来線(東北本線・磐越東線)におけるICカード「Suica」
(相互利用可能なJR各社、および他社局のIC乗車カー
ドでも)及び東北新幹線郡山―仙台間のSuica FREX
定期券・Suica FREXパル定期券と、新幹線停車駅が
2駅以上含まれるSuica定期券のサービスを開始
2010(平成22)年 海苔のりべん を発売
2011(平成23)年 相馬野馬追弁当 を発売
福の島 おとなの幕の内 を発売
2012(平成24)年 八重のふるさと を発売
2013(平成25)年 ふくのしま豚の醍醐味 を発売
2013(平成25)年 JR東日本駅弁味の陣にて、ふくしま路おとなの秋ごは
ん彩賞受賞
2014(平成26)年4月 郡山―喜多方間が新設の仙台近郊区間となり、その
内一部の駅 (磐梯熱海駅・猪苗代駅・会津若松駅・喜
多方駅)で「Suica」が利用可能になる
2014(平成26)年 おもてなし女子駅弁 を発売
2015(平成27)年10月 須賀川駅委託化に伴い、鏡石駅須賀川駅が当駅管理
となる
郡山駅開業128年
福豆屋創業91年

スポンサーサイト

初心の魅力

1510エッセー 
東京小石川・善仁寺庭園2014 


幸か不幸か、人間に生まれてきて、女学生のころから
人間ってなんだろう と、今になっても思っている。
 
生まれた場所のお蔭で、極度の貧困を味わうこともな
く10代で両親を失うまで、ひだのない、のっぺらぼ
うの精神のまま過ごした。
 
歳月を経て、それこそ、馬齢を重ね、おぼろげながら、
この世で一番怖いもの、はたまた、素晴らしいのは、
人間ではないか、と 。 が打てるようになった。
 
作家は、己の人間観を筆にする。百人百色。読書の興
味は尽きない。
 
好きな作家の一人、城山三郎さんは、書いている。
 
「魅力とは、定義しにくい。けれども逆に、魅力がな
いとは何かを考えてみると、こちらはわかりやすい。
魅力のない人とはどういう人か、あなたの周りに、割
に多いんじゃないか。
 
それは、型にはまった人。これは魅力がない。
周りに大勢いるということは、人間、つい、すぐに型
にはまった暮らしをしてしまう。あるいは、型にはま
った人間になってしまうのです。
 
型にはまる、を、椅子と置き換えてもいい。
 
日本の会社をのぞくと、平社員、係長、課長の順に机
が大きくなり、社長になるとさらに大きな机に座る。
態度も椅子に比例して大きくなる。平社員のうちは小
さくなっているが、机が大きくなるにつれて尊大にな
り、社長になるとふんぞり返っている。
こういう人間は詰まらない。椅子に支配されたり、椅子
をかさにきたり、椅子に引きずられたり、そんな人間が
一番魅力がありませんね。
 
とすると、椅子の力とは関係なしに生きている人間ほど
魅力的だ、といえるかもしれない。
 
バスに車掌がいた時代、新米の車掌さんが一生懸命にや
っていて、時に間違えたり、赤くなっておどおどしなが
ら、ひたむきに働いている。非常に初々しく、目にも耳
にも心地よく、乗客のサービスになっていると思うくら
いでした。
 
これが5年経ち10年経つと、かなりいい加減になる。
間違えても平気な顔をして、という具合になってくる。
 
つまり。魅力を作っているのは、「初心」というものな
のですね。仕事に対してだけでなく、生きていく姿勢と
しての初心、初々しさ、というものはいくつになっても
大事なんじゃないか。
 
いくつになっても、初々しい心で人と触れ合うことが
できる。本について語り合える。そんな積み重ねが、
人間あるいは人生を魅力的にしていくんじゃないでしょ
うか。
 
初心を持ち続けるとは、どういうことでしょう。
あるいは、ずっと初々しくある、とはどういうことで
しょう。
これは、自分に安住せず、自分というものを無にして、
人から受信し、吸収しようとする生き方です。
 
逆に、政治家にそういうタイプが多いのですが、発信
機能だけが肥大して発達し、受信機は故障している人
がいます。
とにかくしゃべることはものすごくしゃべるけれど、
人のいうことを全然聞かないというタイプ。田中角栄と
いう人なんかも私が会った時の印象はそのタイプでした」
以上、(城山三郎著『少しだけ、無理をして生きる』新潮文庫平成24
年刊)
ご紹介の文章が長くなりました。
 
私の周囲に、初心忘れずの人がいます。
 
あるカルチャーセンター、勉強会でのグループのメンバ
ーです。
3年前のある受講日に、受講生の一人が授業の進め方に
異議の発言をした。十数年も講師をしている先生が、こ
れに対して、即座に、「では、この教室を辞める」と、の
たもうた。
 
70歳を過ぎた大人の姿をした先生としては、無責任で、
場当たりの発言で、私たちは、憤りとあきらめで、この
講師との付き合いをやめた。
 
初めは創造的な意見と情熱を持っていたのに、最近、勉
強していないな、と思わせる授業内容で、受講生の多く
は、かなり前から、しびれを切らしていた。
 
過去にどのような栄光を背負っても、人間の付き合いは、
現在を基準にしている。講師の彼には、自他ともに大き
な甘えがあった。いつの間にか、座る椅子が大きくなっ
てしまった。
 
その後、私たちは、新しい会を作って、メンバーの集ま
りがあった。
全員がほぼ席に着いている前で、かつての受講日に発言
をした彼が、突然、畳に頭をつけて
「自分の発言で、このようになって、すみませんでした」
と、深々と謝った。
 
みんな、びっくりした。だれも、彼のためにとは思って
いなかった。物事の端緒というものは、根の深いもので、
どう考えても、責任者の講師の裁量の欠如が原因である。
しかし、形として、十数人の勉強の場がなくなったこと
は、事実である。
 
彼は、そのことに責任を感じた。
 
姿だけの大人が多いなか、なかなかできない、潔さで、
私は、感動した。
彼は、城山三郎が好む人間のタイプかもしれない、と思
いました。
                    2015/10/30
 
 

駅弁彩見 33 新津駅 焼(やき)漬(つけ)鮭ほぐし弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


1509IMG_6380 (3)新津


信越本線の新津駅は、1897(明治30)年に開業した。
東京駅開業の17年も前である。新津駅開業から31
年後の1928(昭和3)年に三新軒の駅弁の構内営業が
スタートした。日本海の海の幸や越後米で、子供に
も人気の雪だるま弁当や、越後の年取魚(正月を迎え
る吉例の魚)の鮭など、伝わる郷土の味を誇りに、旅
ゆく人に駅弁を作りつづけ、87年の歴史を重ねた


駅弁彩見 33 新津駅 ()(鮭ほぐし弁当
              1080(税込)

信越本線新津駅は、新潟駅から電車で約20分。羽越
本線と磐越西線が分岐しています。
昭和年代は、新津機関区、国鉄新津工場や、東西南北
に操車場をもつ「鉄道の街」として知られていました。
 
良質の米と豊かな水にめぐまれ、数々の銘酒をもつ新
潟は、また、鮭料理の本場ともいえます。その歴史は
古く平安時代にさかのぼります。料理の種類も50種類
を超えるほどとか。
 
この新津駅に、新潟の伝統料理のひとつ「焼漬鮭ほぐ
し弁当」があります。
 
鮭の焼漬は、 醤油と酒を合わせたダシ汁に、生鮭を
焼いて、熱いまま入れて、漬け込んでおきます。本来
の鮭の美味さに、もうひと手間かけています。
 
その古い鮭料理を駅弁にしました。
 
白い新潟米のご飯に錦糸玉子をしいて、食べやすいよ
うに、ほぐした鮭の焼漬が並びます。
さっそく、ほうばると、なんともいえない鮭独特の味
に、やさしく淡い甘味がひろがります。これは、新潟
の人たちの保存食で、冬の食膳には欠かせないものだっ
たそうです。
 
こんな滋味を食していた新潟に住む人がうらやましいと
思いました。
 
箸休めには、舞茸煮、オクラと菊なめこの和え物、味噌
味の鉄火豆、シャリっとした酢漬けの赤かぶが並びます。
いずれも植物性の美味副菜です。
 
駅弁も最近は、現地だけではなく、東京駅などでも購入
しやすくなりました。
新潟県新津のこころをこめた、伝統ある鮭料理の味をお
たのしみください。

売店:新津駅、新潟駅、東京駅   
予約・取寄せ:予約可、取り寄せ不可
TEL:0250-22-1111


1 
1新津の三新軒には、子供に人気の雪だるま弁当もある。



2 
2雪だるまにちなみ、昭和
628月8日に発売された


創業87年 新津駅 三新軒の歴史
    黒字=駅  青字=三新軒
1897(明治30)年11月       北越鉄道沼垂駅―東三条駅間開通にあわせて開業
新津駅開業
1907(明治40)年8月 国有化となる
1910(明治43)年10月 信越線支線(現・磐越西線)が馬下駅まで開通
1912(大正元)年9月 信越線支線(現・羽越本線)が新発田駅まで開通
1913(大正2)年10月 新津機関車庫(現・新津運輸区)設置
1928(昭和3)年7月 2代目の駅舎に改築  
1928(昭和3)年 新津駅の構内営業業者として発足。営業開始
三新軒創業
1946(昭和21)年 新発田に支店を開設。新発田駅での構内営業を開始
1948(昭和23)年 新潟に支店開設。新潟駅で構内営業開始。
株式会社三新軒に改組
1956(昭和31)年 新発田支店を株式会社新発田三新軒、
新潟支店を株式会社新潟三新軒として、それぞれ独立
3社体制とする
1968(昭和43)年 (新発田三新軒)新潟営業所を設置。
1979(昭和54)年 (三新軒)三新軒ビルを建設し、不動産事業に進出
1980(昭和55)年10月 操車場機能を廃止
1982(昭和57)年 (三新軒)新潟営業所を開設し、新潟駅、燕三条駅に
売店をオープン
1984(昭和59)年 (新発田三新軒)新発田駅構内に店舗開設(飲食店お
よび書店)
1986(昭和61)年10月 貨物の取り扱いを廃止
1986(昭和61)年11月 荷物の取り扱いを廃止
1987(昭和62)年3月 貨物の取り扱いを廃止取扱いを開始
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物が継承
1993(平成5)年 (新発田三新軒)新発田駅前再開発のため店舗閉店
1997(平成9)年 (新発田三新軒)本社機能を三新軒本社と同じ場所に
移転
1999(平成11)年 新津に三新軒・新発田三新軒共同の調理場を設置
2001(平成13)年 橋上駅舎化を前に新津駅東西自由通路が先行して開
通。また東口側では旧職員詰所を転用した仮駅舎での
営業を開始し、2代目駅舎撤去及び東西自由通路の
東口側部分の建設に着手
2003(平成15)年12月 東西自由通路の東口側及び橋上駅舎(3代目現駅舎)
が竣工し、営業を開始
2004(平成16)年12月 自動改札機の運用を開始  
2006(平成18)年1月 ICカード「Suica」のサービスを開始
2008(平成20)年12月 指定席券売機導入
新津駅開業118年
三新軒創業87年

ガラスのおしゃぶり

エッセー1509 
浜離宮公園散策20159

 テレビが日本に初登場したのは,1953(昭和28)年2月1日。
NHK東京地区、契約台数866、1日4時間の放送であった。
 
私は、その年の3月、学校を卒業したばかりで、もちろん、
貧乏なサラリ-ウーマン。866中の視聴者ではなかった。
 
時の内閣総理大臣は、自由党の吉田茂さん。
吉田さんちは、たぶん、866の1台に入っていたでしょう。
 
そして、はや、62年。その功罪はともかく、今や、無くて
はならぬ、あって当たり前、一家に3台もある存在になって
いる。
 
ただ、最近、テレビが若者に人気がなくなりつつあるという。
いつの時代も、若者は、敏感だ。
 
片や、人間も60を過ぎると、思わずわが身をふり返ること
も多くなるのではないか。
 
人間に比べ、テレビ局は、わが身をあまり振り向かず、或る
局で起用した人が、視聴率で成功すると、各局が同じ人間の
後追いに一生懸命だ。かつて、タモリを見出したプロデュー
サーのように、もっと独自性を出せないものか。
 
金太郎飴のように、各局が料理番組で時間を稼いでいる。人
間、食べるという本能欲をくすぐれば、満足する、とでも考
えているのだろうか。
そういえば、新聞に40代の主婦が「テレビは、料理、料理
と,もう、料理番組は結構です」と投稿していたのを思い出す。
 
料理は定型のものに、少しアイデアを加えれば、いくらでも
変種できるから、きりがない。それに、日本全国隅々をひっ
くり返せば、いくらでも出てくる。今のテレビはそれを際限
なく繰り替えしている。
 
口から食べる栄養はもう結構だから、少しは脳に口当たりの
良い栄養をとる方向へ、家事(舵)をむけてはくれないかと思
う。
 
『スタンド・バイ・ミー』などの作品で知られる、アメリカ
の作家スティーヴン・キング(1947~)が書いている。
 
「作家志望者にテレビはいらない。物知りぶったニュース解
説や、忙しい株式市況や、気違い染みた絶叫が途切れる間も
ないスポーツ中継を聴きたいなら、自分は本当に作家を目指
しているかどうか。胸に手を置いて考えたほうがいい。今は、
思索と想像の人生に向けて沈潜すべき時である」
 
「本を読むには時間がいる。ガラスのおしゃぶりは時間を取
りすぎる。束の間のテレビ飢餓から抜け出すと、読書の歓び
を実感するようになる。際限もなくしゃべりまくる四角い箱
の電源を切れば人生は充実し、同時に、文章の質も高まるこ
とは請け合いである」
(スティーヴン・キング『小説作法』池央耿訳 アーティストハウス刊2001年)
 
作家の小説家志望へのアドバイスなので、厳しいが、テレビ
を「ガラスのおしゃぶり」と言っているのが、なんとも面白
く、さすがと、思わず笑ってしまった。
 
そのあとで、少し文章を書く者として、自分を振り返る。
この言葉は普遍だ。作家にならなくても、笑ってる場合じゃ
ないぞ!と。 
                      2015/09/29
 
 
ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。