プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 32 出水(いずみ)駅 極 黒豚めし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



IMG_6333 出水1508 

 鹿児島県北西部、八代(やつしろ)()に面する出水(いずみ)に駅が開設
されたのは大正12年。関東大震災の年。その6年
後に出水駅構内で立売の駅弁が誕生した。太平洋
戦争でソ連の捕虜となった現社長の祖父に代わり
祖母が駅弁つくりを守る。物資のない時代、「さつ
まいも」を工夫料理して駅弁を。「旅する方へ鹿児
島の味を」との祖母の意思を受け継いで、86年
 
駅弁彩見 32出水(いずみ)駅 極 黒豚めし
1080(税込)
九州新幹線の鹿児島中央駅から川内(せんだい)駅を経て、二つ
目が出水駅です。出水平野は、元禄年間(1688~徳
川綱吉)から、ツルの飛来地として知られ、国の特別
天然記念物に指定されています。
 
ここに、「鹿児島黒豚さつま」の駅弁があります。
 
約400年前、島津家が鹿児島に移入したといわれてい
ます。水戸藩主、徳川斉昭へ献上して賞賛され、その
息子、徳川慶喜(江戸幕府最後の将軍)や西郷隆盛も好ん
で食べたそうです。
 
明治時代に、優れた肉質のバークシャー種と交配、い
っそう美味しくなりました。この純粋バークシャーと
の交配による豚を「黒豚」と呼んでいます。
 
まず、やっぱり、黒豚を一切れ、いただきます。
舌に、つやつやした味わいです。味噌の風味も。濃厚
なタレが柔らかな肉を包んで、とろけるようです。
 
黒豚は、芋焼酎、鹿児島醤油、鹿児島赤みそを配した
タレに2日間浸けこみます。うま味とやわらかさが増
します。
 
ご飯は、和風だしで炊き上げてあります。肉の風味とよ
く合っています。
 
実は、黒豚だけ、先に食べてしまいました。ご飯は、添
えられた、たたきゴボウや高菜漬け、紅ショウガでいた
だきました。味付けご飯の良さでしょうか。
 
「鹿児島の風土を召し上がってください」と日々精進、
86年の味です。
 
売店:出水駅、鹿児島中央駅、熊本駅、博多駅、新大阪
   駅、東京駅・祭
予約・取寄せ:予約可、取り寄せ不可
TEL:0996-62-0617
 
 
1.jpg
1 昭和4年創業時の松栄軒。「汽車辨当店」の看板が見える


2.jpg 
2 昭和5年。駅弁販売の許可書


3.jpg 
3 出水駅の売店風景。昭和30年ころ


4.jpg 
4 出水駅ホームの立売。昭和30年ころ


5.jpg 
5 出水駅売店前を通る女性たち。昭和30年ころ


6t.jpg 
6 ツルの飛来地らしい掛け紙。昭和15年ころ


7.jpg 
7 幕をあしらった幕の内弁当の掛け紙。昭和30年ころ


8.jpg 
8 車窓右の駅弁は、数回の受賞に輝く「えびめし」販売中




創業86年 出水駅 松栄軒の歴史
    黒字=駅  青字=松栄軒
1923(大正12)年10月 鉄道省が出水駅を開設
出水駅開業
1927(昭和2)年10月 湯浦駅―水俣駅間が開業し、八代駅ー川内駅―
鹿児島駅間が鹿児島本線に編入される
1929(昭和4)年5月 出水機関区が発足
1929(昭和4)年7月 鉄道省公認出水駅汽車弁当店松栄軒創業
代表者に松山穣が就任
松栄軒創業
1949(昭和24)年6月 公共企業体である日本国有鉄道が発足
1953(昭和28)年7月 出水駅鉄道構内営業株式会社 松栄軒設立
1958(昭和33)年12月 松山 洋が2代目社長に就任
1964(昭和39)年4月 松山  昭が3代目社長に就任
1970(昭和45)年10月 鹿児島本線全線電化開業に伴い蒸気機関車の
運行が終了。同時に出水機関区所属の機関車の
配置が無くなる
1971(昭和46)年2月 出水機関区廃止。同時に出水運転区に改組
1981(昭和56)年6月   出水製紙出水工場閉鎖のため、出水製紙専用線廃止
1982(昭和57)年11月 米ノ津港専用線廃止
1984(昭和59)年2月 専用線の車扱貨物を含むすべての貨物取扱廃止
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承
1999(平成11)年6月 鹿児島鉄道事業部発足に伴い出水運転区が
鹿児島業務センターに統合され廃止(ただし、運転
区の機能は同年9月30日まで残った)
2002(平成14)年10月 松山 勇が第4代目社長に就任
2004(平成16)年3月 九州新幹線新八代駅―鹿児島中央駅間が開業し
停車駅となる。鹿児島本線の八代駅―川内駅間が
JR九州から肥薩おれんじ鉄道に移管され、在来線
駅は肥薩オレンジ鉄道の駅となる
2004(平成16)年3月 京王百貨店「鹿児島物産展」に初出品
(九州新幹線部分営業開始)
           4月 肥薩オレンジ鉄道の新駅舎が完成し、改札口と待
合室が移転。旧改札口は閉鎖。新築駅舎は鉄道
建築協会賞(入選)を受賞した
2005(平成17)年1月 京王百貨店「第40回元祖有名駅弁と全国うまいも
の大会〉出展
           3月 三越日本橋本店第1回日本の美味しいお弁当展
出展
           3月 JR九州主催「九州人気駅弁ランキング第3位えび
めし」獲得
2006(平成18)年 大手百貨店(5社)全国駅弁大会実演出展
           2月 JR九州主催「九州人気駅弁ランキング第2位えび
めし」獲得
2007(平成19)年 大手百貨店(7社)全国駅弁大会実演出展
           2月 JR九州主催「九州人気駅弁ランキング第3位えび
めし第4位あゆ物語」獲得
          11月 松山 幸右が第5代目社長に就任。松山勇が会長
にi就任
2008(平成20)年7月  株式会社松栄軒に社名変更
          11月 鹿児島営業所開設(鹿児島市)
2011(平成23)年7月 第6回南日本経済賞 受賞
2012(平成24)年2月 JR九州駅弁グランプリ鹿児島県代表選出「えびめ
し」
2013(平成25)年2月 JR九州駅弁グランプリ鹿児島代表選出「あじくらべ
BOX」「鹿児島よくばり弁当」
           9月 新工場完成
2015(平成27)年8月   現在に至る
  -----------------------出水駅開業92年
  -----------------------松栄軒創業86年
 

スポンサーサイト

マツコ・デラックス

エッセ-1508 
散歩で出会った、群れない葉

 仕事がら、駅弁に関するメディアの放送や活字は、なる
べく見るようにしている。
 
2015年8月「マツコの知らない世界SP 駅弁」を見た。
解説というか、案内役は、立ち話程度はしている知人の
鉄道ジャーナリスト、櫻井 寛さん。
 
櫻井さんは、てきぱきと爽やかな語り口で、有名駅弁の
宮島口のあなごめしや北海道厚岸のかきめし、大丸や東
京駅地下のお弁当などを紹介。動く車窓の演出などもあ
り、なかなか楽しい。
 
紹介される駅弁を、マツコさんはすべて食べてみる。あ
んなに食べて大丈夫なのか、と心配になるほど。
大きく口を開けて、するりと押し込む。美味選出の弁当
だから、私は、味はほとんど経験済みなので、あの美味
さをどう表現するだろうと、真剣に見入った。
 
ほとんどの弁当がマツコさんには初めての味らしいが、
こんなにいい味の弁当が1000円か、1200円、なかには
650円など、驚きと美味さを,目力たっぷり、表情豊か
に表してみせる。
 
140kgの巨体、歯に衣着せぬ意見、時には、江戸っ子の
べらんめー口調、乱暴な男言葉だが、嫌味がない。
 
全部がそうではないだろうが、お座なりや嘘がない。
周りをながめて、意見を言うのではなく、素直に自分を
吐露しているのが、若者にも共感を与えるのではないか。
雰囲気に品がある。
 
もう、2000年からの登場らしいが、私がマツコさんをテ
レビで見るようになったのは、まだ2~3年である。
面白いキャラクターだという印象と、話に中身があるな
あと思った。
 
さて、駅弁にもどって。
櫻井さんの楽しい解説に、これも買いたい、あれも、と欲
張るマツコさん。
 
話の締めくくりに、「マツコさんは、どの駅弁が一番美味し
かったですか」と駅弁案内役の櫻井さんが聞いた。
 
最後に相手から引き出したい、定石どおりの質問。
 
どう、答えるだろう?  私は、緊張した。
答えによっては、私のマツコ観が変わる。
 
マツコさんは、考える時間を持たず、即座にこう答えた。
「どれも真剣につくっているのよねえ。どれが一番なんて言
えないわ。みんな素晴らしかった。これでいいかしら」
 
新聞や週刊誌は、旅行シーズンに「駅弁特集」を企画する。
読者の興味を引くため、10点推薦の中の順位をつけるよう
依頼される。
その時、私は、どうしても順位をつけなければならないのな
ら原稿を辞退してきた。
 
駅弁の調製元に対し、取材でお世話になったとか、知り合っ
て親しいからとか、という相手に対する遠慮ではない。
本質的に、自分が納得できないからである。
 
メディア側は、気軽に読者サービスとして、順位づけを依頼す
るが、順位づけされたほうは、どうか。
調製元にとって、どの駅弁もわが子同様可愛い。大切だ。それ
が、つたない仕上がりであったら、売上げ、という形で社会が
教えてくれるだろう。と私は考えている。
 
そう説明すると、塩入さんだけ、順位をつけなくて結構です。
と我意を通させてもらっている。
 
作家の五木寛之は、「どうつくろっても、テレビは、その人間を
丸裸にして見せてしまう」と、書いている。
 
最近、テレビに、マツコという「こちらの勝手友人」を発見して
楽しんでいる。                 2015/08/27
ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。