プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 21 小樽駅 おたる海の輝き

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



IMG_5127 (2)1404 

小樽は、かつて「北海道のウオール街」として栄えた商都。

北海道に鉄道が敷かれたのは、今から134年前。その

23年後に小樽駅ができた。今の三代目駅舎は、上野駅が

モデルで、上野駅とは姉妹駅になっており、国の有形文化

財でもある。この小樽駅の人気駅弁が、平成15年発売の

「おたる海の輝き」です。光輝く小樽の夜景を表わした

駅弁で、創業97年、小樽駅構内立売商会、自慢の味です。

 

駅弁彩見21 小樽駅 おたる海の輝き 1260円 

 

「海の輝き」の現地取材は、2006年、発売から3年目

でした。そのときも価格は1260円でした。

 

ふたをとると、海のルビー、イクラがきらきらしています。

片隅に箸を入れてひと口。

いろいろな味が舌を刺激します。

 

ウニ、とびっこ(シシャモの卵)、きざみ椎茸、玉子焼き、

酢漬けの花れんこん。ご飯は、ほんのりした酢飯。

それぞれのうま味が溶け合って、また、異なる不思議な

“うま味”が生まれています。

 

わけは、単にうまい食材を組み合わせただけではないから

です。

イクラは流水で十分塩抜きして醤油と酒、独自の調味料で

味付けをする。

 

北海道産ウニは、醤油と砂糖を継ぎ足した伝統の汁で炊く。

ウニ独特の臭みをとり、本来の甘味に伝来のタレが加わり、

酢飯とよく合う。

 

3日間コトコト似た椎茸は、一晩寝かせ味をしみこませて、

4日目に細かくきざむ。

 

玉子焼きは、炒り玉子にするのではなく、一度厚焼き玉子

にしてから、炒り玉子風にほぐしてあります。

それぞれの食材にひと手間どころか二手間も三手間もかけて

います。一種の贅沢な五目ご飯でしょうか。

ちょっと、一般家庭では作れないのでは、と思います。

 

小樽にいらっしゃったら、ぜひ、召し上がってみてください。

 

 

売店:小樽駅売店 小樽駅四季彩館(キヨスク)

駅前第一ビル1階お弁当の店「味彩」0134-32-3177

      平日(11:3019:00)  土・日(11:3018:00) 

予約・取寄せ:予約可、取り寄せ不可

小樽構内立売商会:0134-23-5281

 

 

初代小樽駅 稲穂 

初代小樽駅 稲穂町の墓地を造成して駅舎を建てた



07-488-06 (2)小樽駅  

2代目小樽駅 鉄道の運行は町の発展をもたらした

 

07-077-006 (2)小樽駅

3代目小樽駅(現駅舎) 上野駅をモデルに鉄骨鉄筋

コンクリート造り。当時は道内一の近代建築

(以上3点の写真は、小樽市総合博物館所蔵)




上等御弁当35銭年代不詳  

上等御弁当35銭年代不詳

 


味噌汁弁当35銭年代不詳

味噌汁弁当35銭年代不詳




小樽駅からの街並みを描いた掛け紙年代不詳  

小樽駅からの街並みを描いた掛け紙年代不詳




寿し400円年代不詳  

寿し400円年代不詳




 おたる御弁当500円 平成5年   

おたる御弁当500円 平成5年 

 


創業97年

小樽駅・小樽駅構内立売商会の歴史


黒字=駅  青字=小樽駅構内立売商会

 
1880(
明治13)   北海道に初めて鉄道が開通(手宮~札幌)

1903(明治36)年6月 北海道鉄道(初代の)小樽中央駅として開業

        7  小樽中央駅を稲穂駅に改称

        ――――――――――――――――小樽駅開業

1904(明治37)10月 北海道鉄道(初代)全通。稲穂駅を高島駅

改称

1905(明治38)8月  北海道炭礦鉄道の小樽駅(現在の南小樽

            )との間に連絡船開通

       12月  中央小樽駅と改称

1907(明治40)年7月 鉄道国有法により、北海道鉄道(函館駅~

           小樽駅(当時))が国有鉄道に買収され

           中央小樽駅も国有鉄道へ移管

1911(明治44)年7月  二代目駅舎に改築

1913(大正2)年6月  中央小樽機関庫設置(北海道鉄道管理局

           の事務上制定)

1917(大正6)4月  〇勝(まるかつ)食堂が小樽駅で構内営業の

認可を得て開業。小樽駅構内立売商会の前

身代表者に鶴田幸吉が就任

           ―――――――小樽駅構内立売商会創業

1920(大正9)年7月  小樽駅に改称中央小樽機関庫が小樽機関

           庫に改称

           旧小樽駅を市街の中心地区と間違える客

            が後をたたなかったため改称

1922(大正11)年6月  鶴田幸吉逝去。夫人の鶴田きよが二代目

           代表者に就任。 以降、本州から北海道へ

の移住者が増加。順調に進展

1927(昭和2)7月  小樽機関庫を廃止し、小樽築港駅に機関庫

           を新設

1934(昭和9)12月  上野駅をモデルに三代目駅舎(現駅舎)

            改築

1942(昭和17)年    戦時体制の強化が進み、鉄道局の指導のも

と、南小樽、銭函、余市の各構内営業者が

企業合同し、有限会社小樽駅構内立売商会

を設立。

194(昭和2)年   戦後、状況の変化により、会社を解散、旧形

           態の個人組織にもどした

1949(昭和24)年7月  鶴田幸治が三代目社長に就任。構内営業者と

して堅実な営業を展開

1958(昭和33)年5月  業績好調で再び法人組織に改組。有限会社

           小樽駅構内立売商会が誕生

1968(昭和43)年8月  函館本線の当駅~滝川駅間(南小樽方面)

                      を電化

1968(昭和43)10月 営業実績向上に伴い複数代表制を決議、

鶴田秀子が代表取締役に就任

1975(昭和50)年5月  小樽駅前再開発により、小樽市稲穂3丁目

9-8から現在地に移転

1981(昭和56)年4月  営業権を国鉄関連企業の北海道弘済サービス

           株式会社に譲渡。四代目社長に国鉄OB

飛世安吉が就任

1986(昭和61)年4月  五代目社長に国鉄OBの西本修一郎が就任

1987(昭和62)年4月  国鉄分割民営化で北海道旅客鉄道(JR北海

           道)の駅になる

1987(昭和62)年7月  北海道弘済サービス株式会社は、営業権を

           六代目社長村上勝に譲渡。保主的な営業から

           積極経営の姿勢で営業展開。新製品の駅弁

           「北海手綱」を開発。小樽駅駅弁の評価を

            高めた

1989(平成元)年5月  上野駅と姉妹駅となる

2003(平成15)年    開駅100周年を記念して4番ホームを「裕

次郎ホーム」と命名

2006(平成18)年3月  小樽駅が国の登録有形文化財となる

2010(平成22)10月  小樽駅本屋が準鉄道記念物の措定される

2011(平成23)年    六代目社長村上勝逝去.

七代目社長に村上功が就任

2012(平成24)年4月  改修工事が完了し、北海道初上陸となる

           バーガーキングをはじめ当初の予定店舗が

           すべて開業

2014(平成26)年4月  現在に至る

          ―――――――――――小樽駅開業111年

          ――――――小樽駅構内立売商会創業97年



スポンサーサイト

3月の花売り場

Scan0056.jpg 

美しい人に出会えた日



3月の日曜の午後、近所のスーパーマーケットへ下駄ばき

で出かけた。

 

入口から右手のコーナーが花売り場になっている。

ピンクの大振りの百合がある。つぼみがほんの少し開きか

けた一束を手にしようとしたとき、寝台のようなものが近

づいた

 

30代とおぼしき男性が掛け布の下に、あおむけに寝ていた。

 

車椅子の人は良く見かけるが、全身を横たえた寝台のままの

人に出会ったのは初めてだった。

 

50代と思われる女性が押していた。

 

目で挨拶した。

 

長い取材生活で、初対面の人に話しかけるのは苦痛ではない。

 

「お加減はいかがですか」

「この人は生まれた時からこの状態なんですよ」

「何年になりますか」

「もう38年になります」

「お世話が大変ですね」

「ええ、どこにも行けないので、午前と午後の2回、ここ

にこうして来るのが楽しみなんですよ」

 

少し打ち解けて、話す。幸い、あまりこのコーナーに客は

来ない。

 

とっさに、この方が、息子さんのために38年間、いや、

これからも介護を続ける姿が、頭をよぎる。

 

スーパーの混まない時間を見計らってわが子の寝台を押して出か

けるのが、楽しみ、と、こともなげに話す。

 

この方に無駄な慰めの言葉など、無意味だ。

 

もしかしたら、彼は、彼女が22歳くらいの誕生かもしれない。

さばさばと、にこにこと、こんな言葉がどうして出てくるのだ

ろう。

わが身に比べて感嘆した。

 

彼女の乗り越えた多くの時間に、神様も拍手されているだろう。

 

予算を越えて、百合の花に、白い水仙の大束を加えた。

                      (2014/04/09

 

 


ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。