プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 19 小淵沢駅 まるごと甲州かつサンド

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



_4994 小淵沢1401 


本年1月9日~21日に開催された東京、新宿の京王

百貨店第49回駅弁大会で実演販売されたのが、

2014年新登場の「まるごと甲州かつサンド」。連日

多くの来客で賑わった。山梨県民が愛する味をベースに、

山梨県産の3種の肉で日本産サンドイッチを駅弁にした。

創業96年、老舗丸政の「土産土法」―土地の食材を

土地の料理法でーが見事に開花した新しい駅弁。

 

 

 

駅弁彩見19 小淵沢駅 

まるごと甲州かつサンド  900円 

 

小淵沢駅に降り立つと、いつもなぜか、ほっとする。

明治37年開業、木造平屋建ての駅舎のぬくもりだ

ろうか。

 

「まるごと甲州かつサンド」の“まるごと”は、山

梨県産の鶏、豚、牛のこと。3種類の味を各種の香

辛料を添えてサンドイッチで味わえるというもの。

 

寫眞右が、甲斐味鶏のサンド。柔らかなモモ肉を揚

げて、山梨県民の大好物、とりもつ煮の甘辛いタレ

で仕上げる。このタレのうま味が鶏肉の味とパンを

誘って、一口食べただけで、なるほど。

ゆず胡椒・マヨネーズで

 

寫眞中央は、甲州ワインビーフのサンド。赤身の部

分をミンチして、山梨県民好みの甘辛い味に煮込み

パンにはさんで、揚げてある。カリッ、とした揚げ

パンの食感がなんともいえない。

わさびで

 

寫眞左は、フジザクラポークのとんかつサンド。

豚肉をスライスして重ねて揚げたカツに、酸味のき

いたソースをからめてある。この味も山梨県民のお

好みとか。肉をスライスしてあるので、とても食べ

やすい。

マスタードで

 

それぞれの肉をただ、美味しく、というだけではなく、

小さな子どもさんから、熟高年の方にも食べやすいよ

うに、ミンチやスライスにして調理をしていることに

注目。

 

味はもちろん、細かい心配りもおいしいサンドイッチ

の逸品です。

 

 

売店:小淵沢駅(デュオレール) 

予約:取寄せ 予約可、取り寄せ不可

丸政:0551-36-2521

 

創業時、富士見駅で販売の「生そばまんじゅう」の包装紙

 自家営業時代の丸政

自家営業時代の丸政



掛け紙 年代不詳 

掛け紙 年代不詳


昭和10年発売 

昭和10年発売



昭和13年発売 

昭和13年発売



昭和32年ころの小淵沢駅立売風景 

昭和32年ころの小淵沢駅立売風景



創業96年 小渕沢駅・丸政の歴史

黒字=駅 青字丸政

 

1904(明治37)12月 国鉄中央本線韮崎駅―富士見駅間開通と同時に

           開業――――――――――――小淵沢駅開業

1918(大正7)年    初代名取政一 中央線富士見駅にて弁当立売

           営業開始――――――――――――丸政創業

1929(昭和4)年    富士見駅の営業を廃止、中央線小淵沢駅近くに

           移転

1933(昭和8)7月  小海南線(後の小海線)当駅―清里駅間が開通

1938(昭和13)年    供食業者となる。(助六寿司、お茶、アイス、

           牛乳)

1941(昭和16)年   「すずらん餅」販売開始

1953昭和28)年    自家営業から合資会社丸政商会となる。

           社長 名取政一

1955(昭和30)年   株式会社丸政に改組。社長 名取政一

1956(昭和31)年   小淵沢駅中央線ホームにそば店開設

1960(昭和 35)年   小淵沢駅小海線ホームに雑貨店開設

1963(昭和38)年   清里駅構内にそば店開設

1964(昭和39)年   富士見駅構内にそば店開設

1965(昭和40)年   長坂駅構内にそば店開設

1967(昭和42)年   二代目社長に名取正博が就任

長野車内販売株式会社小淵沢営業所の指定を取得

          中央車内販売株式会社の指定を取得

1970(昭和45)年   小淵沢駅が長野鉄道管理局から東京西鉄道管理局

          へ移管

1980(昭和55)年   三代目社長に名取政仁が就任

1982(昭和57)年   清里駅構内「うさぎのしっぽ」清里店オープン

1984(昭和59)年   甲斐大泉駅構内「うさぎのしっぽ」大泉店オープン

          小淵沢駅構内「うさぎのしっぽ」小淵沢店オープン

1984(昭和59)2月  貨物の取り扱いを廃止

1985(昭和60)年   「あっちっち弁当」発売開始

           テレビ朝日「探検レストラン」により生まれた駅弁

           「元気甲斐」発売

1987(昭和62)4月  国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる

1987(昭和62)年    駅弁「風林火山」発売

1988(昭和63)年    駅弁「美味い甲斐」発売

1999(平成11)年    駅弁「シナノユキマス」「八ヶ岳の四季」発売

2000(平成12)年    駅弁「やまのごはん」「鮑の炊きこみめし」発売

2002(平成14)年    「煮貝めし」を発売。アメリカ・ロサンゼルス

            のミツワマーケットプレイス駅弁大会出店で

            好評を得る

2003(平成15)年    ●甲府駅開業100周年記念「100周年記念

           弁当」限定販売

          ●竜王駅開業100周年記念「100周年記念

            弁当」限定販売

           ●韮崎駅開業100周年記念「100周年記念

            弁当」限定販売

           「御柱弁当」期間限定販売

           小淵沢駅開業100周年記念「100周年記念

           弁当」限定販売

           小淵沢駅隣「デュオレール小淵沢」オープン

           フジザクラポーク使用の「富士桜豚三昧」発売

2004(平成16)年    小淵沢駅開業100周年

●日野春駅開業100周年記念「100周年記念

            弁当」限定販売

            ●富士見駅開業100周年記念「100周年記念

            弁当」限定販売

2005(平成17)年    昔ながらの幕の内弁当「折詰弁当」発売

           ●富士見駅~岡谷駅開業100周年記念弁当「100

周年記念弁当」限定販売

小海線開通70周年記念「八ヶ岳の高原弁当」発売

昔ながらの立売を季節限定で復活           

           「うまい甲斐」をリニューアル発売

           「豊かな大地の恵み」発売

           甲斐味鶏使用の「とりの釜めし」発売

           フジザクラポーク使用の「甲州カツサンド」発売            

2006(平成18)3月  小渕沢町と北杜市の合併により、所在地が

           北杜市となる

2006(平成18)年    甲州ワインで育った牛と豚の弁当「まんぷく甲斐?」

           発売

2012(平成22)4月  四代目社長に名取政義が就任

2014(平成26)4月  東京近郊区間に編入され、suica利用可能駅と

なる予定

           ――――――――――――小淵沢駅開業110

           ―――――――――――――― 丸政創業96






スポンサーサイト

隣の客

E.jpg 
東京・新宿三丁目の店


人の気配は、多くを物語る。

30センチほど離れた左隣のテーブルに座る一人客の女性。

黙々となんとなく、ガツガツという音が聞こえるように食

べている。

 

松のとれた1月中旬の昼下がり。新宿まで文房具を買いに

出掛けた。

新宿通りを紀伊国屋の前まで来て、空腹を感じ、地下に

「とんかつの店」があるのを思い出した。

 

奥の壁を背にしたテーブルに案内される。ほぼ正方形の店内。

四角い壁に沿って、テーブルが向い合せに2個ずつ配置され、

壁際に向い合せ2人、または4人座れるようになっている。

 

目の前のほぼ中央には、長テーブルを二列にした自由席、

その先に厨房がある。

私の知る限りでも、このビルでもう20年以上になる店である。

 

アツアツに揚げたとんかつに、大根おろしをのせて醤油で食

べるのが好きで注文する。注文を受けてから揚げるので、し

ばらく待ち時間がある。

 

さて、黙々と食べている、左隣の客の皿には、カットされた

とんかつが2個残っている。私よりかなり前に着席の客らし

い。キャベツのお代わりを請求している。

 

店員は、笑顔でマナーもよい。

ここは、ご飯とキャベツのお代わりが何度でもできる。と、

覚えていた。ところが見ていると、味噌汁もお代わりできる

ようになったらしい。

 

昨年末のテレビで、あるとんかつ屋の主人が、野菜類の値段

が高くなって、特に必需品のキャベツの高値に頭を悩ませて

いる。と話していたのを思い出す。この店ではなかったかし

ら、と頭をよぎった。

 

ニコニコ顔の店員が、キャベツの籠を下げて、気持ちよく客の

間をめぐり、味噌汁のお代わりを、さっと空になった椀と取り

換えている。

自分の注文がきて分かったが、味噌汁椀は、私の好きなシジミ

汁だった。

しばらく来ないうちに、サービスが一段と良くなったなあ、と

感心した。

 

さて、まだ、私の注文品は来ない。

 

左隣の女性は、また、キャベツのお代わりを請求した。始めは

当然ついているから、彼女のお代わりは、見ている限り2回目。

実質3回分。この時の、とんかつ残は、ワン・ピース。

わずか30センチ先なのでテーブルの上は、いやでも目に入る。

 

やっと注文が目の前に。

大き目の皿に敷いた金網に、揚げたてのロースかつ。

これ以上細く刻めないような、繊細なキャベツの山盛り。

やや甘味噌仕立てのシジミ汁。

大振りの茶碗に盛られた美味しい日本のお米のご飯。

小皿の香の物。

 

とりわけ感激したのは、小丼に形良く盛られた、絹漉しの

大根おろし。ほかの店では漉していないものが出てくるのに。

 

漉して、いい塩梅(あんばい)にしぼってあるので、とんかつに

乗せた時に水っぽくならない配慮と舌に乗せた瞬間の食感の良

さ。あまり使いたくない言葉だが、まさに、これぞ「もてなし」。

「自慢のとんかつを、いっそう美味しく味わってほしい」とい

うこの店の料理人の心が伝わる。

そこまで書きたくないのでありますが,これで1260円。

小さ目のとんかつを選べば890円。

 

さて、隣の女性がなんとなく気になります。

ご飯とシジミ汁、また、キャベツのお代わり。私がほぼ食後に

なりかけたころ、彼女のテーブルは食器でいっぱいになっていた。

 

立ち上がって帰りがける彼女をはじめて見た。見事な肥満体の

40代の女性。

 

単純に私が席に着いてから、大雑把に計算しても、メインのと

んかつ以外は、ご飯、味噌汁、キャベツを四人分くらいお代わり

していた。(私の勝手でしょと言われそうだが)

ご飯茶碗には、使用済みナプキンがクシャクシャに丸めて山の

ように盛られている。

 

店は、お代わり自由とうたっているので、誰も文句は言えない

けれど、ものには限度とか、つつしみとか、他者()への思い

やりというか、遠慮があってもいいのではないか。

 

たくさんのお代わりはいいとしても、ナプキンの始末は、もう

1枚とって、すべてくるんで、バッグにそっと忍ばせてくれた

らと思う。

これを見ているのは、後を片づける店員さんだけではない。周り

の客もしっかり目にしている。

 

5~6歳の頃、父に連れられて外食の際、決まって「食後の景色

をきれいにしておくように」とお念仏のように言われた。

鈍感な娘は、今頃になってその深い意味を悟る。

 

食べ物の店について、

食欲ってものはね、最も低級な欲望なんだ。それをごたいそうに

頭で飾り立てるような店がうまいわけないじゃないか。客にお愛想

つかうようじゃ本物じゃないよ」と評論家・小林秀雄は語っている。

 

こういう客を迎えるには、店のほうも心構えがいる。

 

外で食事をするということは、客も「わきまえる」必要がある

と自分に言い聞かせる。といっても、車は急に止まれない。

 

気持ちの良い食事に出会えて、そんなに食べられないわが身の悔

しさもあり、隣の客の存在が、いかにも残念なひとときでした。

                           (2014/01/30)

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。