FC2ブログ
プロフィール

塩入志津子

Author:塩入志津子
編集者・駅弁研究家
JTBガイドブック、旅、情報版など各種延べ800冊の制作編集に携わる。
1987年から2011年まで24年6ヵ月にわたり『JTB時刻表』巻頭グラビアページ「駅弁細見」を連載。北海道から沖縄まで、190社の調製元現場を取材、撮影、執筆。
賞味した駅弁は約1700食。
著書に『旬の駅弁名鑑800』(講談社)がある。

東京ガス主催「全国高校生駅弁チャンピオン大会」(テレビ東京系列)では、3年連続審査員を務める。ほか週刊誌などの雑誌執筆、セミナー講師、講演、TVなど。

ブログの文章トップで掲載の写真は、塩入が撮影。

全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁彩見 45 鳥栖駅 焼(しゃお)麦(まい)弁当

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


駅弁鳥栖駅 


 JR九州鹿児島本線鳥栖駅は1889(明治22)年に開業。
東海道本線が全線開通の年である。3年後の1892(
明治25)年に中央軒(八ッ橋屋)創業。日本鉄道が上
野-青森間全通の翌年だった。1913(大正2)年、日
本で初めての鶏めし駅弁「かしわめし」を発売。
1956(昭和31)年、中国人コックの指導による焼麦を
開発。味の研究を重ね重ねて創業125年を迎えた
 
 
駅弁彩見 45 鳥栖駅 (しゃお)(まい)弁当930(税込)
 
鳥栖市は佐賀県の東玄関口として賑わっています。
 
鳥栖駅は、九州交通各線のつなぎ目的な位置にあり、
鳥栖駅所属の鹿児島本線と鳥栖駅を起点とする長崎本
線が乗り入れています。
 
焼麦弁当は、先輩格の「かしわめし」と後輩の「焼
売」をドッキングさせた鳥栖駅自慢の駅弁で、1991年
に誕生しました。

私がこの「焼売弁当」を取材したのは、発売の翌年、
1992(平成4)年でした。

当時は、後で掲載の画像のように、焼売とし、現在は、
焼麦となっています。

焼売は、中国内蒙古が発祥地だそうです。中国の広州
や香港では広東語(かんとんご)で「シーウマーイ」。日本
では広東語の発音にそって一般的で「シューマイ」です。

一方、標準的な中国語(北京語)では「シャオマイ」と
言い、「焼麦」の文字になります。
 
 という理由で、25年前取材のときとパッケージのタイ
トルはちがっておりますが、中身は、変わっておりませ
ん。
 うれしい変化としては、焼鮭、玉子焼、野菜や香のも
のが増えたことです。
 
焼麦は、美味あっさり味の広東風。1956年に発売され、
味の良さで、「東の崎陽軒、西の中央軒」といわれていま
す。
ご飯は、鶏ガラを長時間似込んで作ったスープで炊い
た薄味の醤油味。
 
上にのる、かしわ肉の甘辛煮は、鶏のモモ肉をスライ
スし、伝来のタレで仕上げてあります。加えて たっぷ
りの錦糸玉子と海苔の風味が一体の、定評ある「かしわ
めし」です。

伝来の「かしわめし」と、「焼麦」2主役・2種の駅弁
が楽しめます。発売から26年、鳥栖の定番駅弁です。
 
日本各地の自慢の食材を誇る駅弁が、ここでも健在です。
創業から125年経ちました。


売店=鳥栖駅 博多駅
予約・取寄せ=予約可   
取り寄せは下記電話へお問合せください
中央軒TEL=0942-82-3166
 

1 T13八ッ橋屋-3
1 中央軒の前身,八ッ橋屋―1924(大正13)年




2 T13八ツ橋屋-4
2 同じく八ッ橋屋の駅弁調製室―1924(大正13)年




3 S30年代かしわめし-1
3 1955(昭和30)年代販売の「かしわめし」 


4 S30年代しゅうまい-2                               
4 1955(昭和30)年代販売の「焼売」
5 箸袋


5 中央軒の商号になった1953(昭和28)年ころと思われる箸袋。「御手茂沓」の
文字がおもしろい。懐かしい蒸気機関車や驛辨屋の文字のレトロッっぽさが
いい。駅弁の箸袋では、初めての出会い。


6 JTB時刻表    
6 『JTB大型時刻表・1992年9月号「駅弁細見65―焼売弁当」』-このころは、
  焼売弁当(しうまいべんとう)として販売していた。650円
 
 
 
創業125年 鳥栖駅 中央軒の歴史
         黒字=駅 青字=中央軒
1889(明治22)年12月 九州鉄道博多駅~千歳川駅間の開通と同時に開通
1891(明治24)年8月 九州鉄道が佐賀駅まで開通
鳥栖駅開業
1892(明治25)年4月 橋本頼三が八坂甚八と共同で「八つ橋屋」を創業。鳥栖 
駅構内で弁当の立売営業を開始
中央軒創業
1903(明治36)年7月 駅舎を新築
1907(明治40)年7月 九州鉄道の国有化により、帝国鉄道庁所管となる
1911(明治44)年 駅舎増改築
1913(大正2)年4月 神武紀之絵(こうたけきのえ)が光和軒を創業。日本で
初めての鶏めし駅弁「かしわめし」を販売
1925(大正14)年 鳥栖操車場開設
1942(昭和17)年5月 鳥栖駅の2社、久留米、大牟田、日田駅の国鉄構内営業
者5社が戦時統制により合同し、「九州中央鉄道構内営
業有限会社」を設立
1945(昭和20)年8月 11日 鳥栖大空襲で駅構内に爆弾投下され被災。駅舎は
焼失をまぬかれた
1953(昭和28)年4月 商号を「有限会社中央軒」に改称
1955(昭和30)年12月 鳥栖駅構内に、九州では初めての立ち食い形式の「麺類
売店}を開票
1956(昭和31)年5月 焼売(シューマイ)の販売を開始
1957(昭和32)年11月 原田駅にうどん店開店
1966(昭和41)年10月 昭和天皇皇后両陛下の御召弁当を調製
1969(昭和44)年4月 原田駅にうどん店開店
1969(昭和44)年11月 皇太子殿下(現天皇)御召弁当を調製
1984(昭和59)年 鳥栖操車場廃止
1986(昭和61)年11月 鳥栖駅荷物の取扱を廃止
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道・日本貨物鉄道の駅
となる
1989(昭和64)年10月   鳥栖駅待合室売店開設
1990(平成2)年3月 コンテナ貨物の取扱を開始
1991(平成3)年11月 独自製法による「焼麦(しゃおまい)」販売開始
1992(平成4)年7月 「有限会社フードコア」に商号変更
1992(平成4)年7月 「有限会社フードコア」の出資で、株式会社中央軒設立
        8月 「有限会社フードコア」より株式会社中央軒に業務移管
1996(平成8)年8月 東西自由通路「虹の橋」開通
2003(平成15)年12月 久留米鉄道構内営業有限会社の廃業により、事業の一部
を継承
2006(平成18)年3月 日本貨物鉄道の駅が移転廃止。鳥栖貨物ターミナル駅を
開業
2009(平成21)年3月 ICカードSUGOCAの利用を開始
2010(平成22)年11月 駅前広場および駅前バス停周辺の整備工事が完了
2011(平成23)年1月 JR九州在来特急車内販売弁当(ゆふいんの森弁当)の納
品開始
2011(平成23)年2月 博多駅構内に事務所開設
2011(平成23)年3月 九州新幹線全線開業に伴い、新鳥栖駅に売店を開設
九州新幹線車内販売専用弁当(さくら咲く)の納品開始
2015(平成27)年12月 鳥栖駅周辺まちづくり検討委員会で、橋上駅舎化の答申
が出される
2017(平成29)年10月 現在に至る
鳥栖駅開業128年
中央軒創業125年
スポンサーサイト

底至(そこいた)りの美学(新聞大学生の記)―60

 エッセー1711
2003年1月―旧新宿御苑温室

精緻な芸術としての根付
今はあまり目にしなくなって、骨董品扱いになっている
ものの一つに根付がある。
 
 明治生まれの亡き父も二つ、三つ持っていた記憶がある。
 
江戸時代に、印籠やたばこ入れなどの「提げ物」が男性
用の装身具として使われるようになり、その留め具として
作られたのが根付だった。
 
材質は、黄楊(つげ)、黒檀、一位の堅い木や、象牙など。
形はさまざまで、動植物、面、人など。大きさは数cmか
ら1cmほどのものまである。
 
富裕層が所持したものは蒔絵や象牙で作られ、金に糸目
をつけない芸術性が「細密工芸の華」といわれ 海外の蒐
集家も多い。
 
 日本の蒐集家としては、明治~昭和期の実業家、郷誠之
助と高円宮憲仁親王が著名である。
 
将棋棋士九段・佐藤康光さんに学ぶ
この根付について、将棋棋士九段の佐藤康光さんが、2016年
5月29日の読売新聞 「アート散歩」欄、特別展「根付と提げ物」
(たばこと塩の博物館)に寄稿されている。
 
「ふだんは羽織の下に隠れて目立たない根付ですがこのよ
うな目にみえないところにお金をかけることを「底至りの美
学」というそうです。日本の古き良き時代の文化を実感しま
した。」と述べていらっしゃる。
 
 ここで、私は「底至りの美学」なる言葉に初めて出会った。日本
語の表現は奥深く、一生のうちにどれほど学べるだろう。
 
 さっそく、三省堂『新明解国語辞典』2005年版で調べたが、記載
がなかった。
岩波書店『広辞苑第六版』によると、
外観は美しくないが、表に見えないところが念入りで精巧な
こと。
酒、寸南破良意「キセル・たばこ入れなどで、――を好み」
と、ある。
 つまり、「キセル・たばこ入れなどで底至りを好み」という文
章例です。
 
しかし、広辞苑の記載もこれだけでは、酒、寸南破良意の意味が
わからない。広辞苑以外で調べると、
 
上記の 酒、寸南破良意 は、
『寸南破良意(すなはらい)』というタイトルの、落本(
ゃれぼん)の意味で、
作者は、南鐐堂一片(なんりょうどういっぺん)。1775(安永
4)刊 とある。
(酒落本とは、江戸時代に発達した遊里(遊郭)文学で小説の一様式)
 
アメリカ独立戦争時代の言葉
この洒落本作者の時代は、アメリカ独立戦争(1775)が始まっ
た年。日本では俳人の加賀千代女死去の年代で、290年前の江
戸の書物に、この言葉があったことは判る。
 
本当は、この言葉が江戸時代に生まれたかどうかは不明だ
が「底至り」の言葉の背後には、日本古来の和歌、室町時代
の能、俳句、茶道などの道の世界、いや、もっと上流にさかの
ぼる日本人の精神世界の伝承など。日本人が育んできた伝統的
文化の積み重ねがあると、思う。
 
フランス人が「フランス語は世界一美しい」と誇るように、
言葉は、その国の象徴であり国の宝といえる。
 
「底至りの美学」の言葉から、「日本の古き良き時代の文化
を実感しました。」と、執筆者の佐藤康光さんは述べている。
 
武士のたしなみにみる底至り
大阪夏の陣の戦いにのぞんで死を覚悟。髪に香を焚きしめた
という豊臣家家臣木村重成。討ち死にした重成と対面した家康
は、「さすが武士の鑑」と称賛したという。
 
幕府の贅沢禁止令に反抗して、羽織の裏に大金をかけた贅沢
に、高度なユーモアと江戸商人のこころ意気に喝采したくなる。
 
私は、この話を、東京浅草の小学校の歴史の時間に先生の余
談として学んだ。
小学生の頭では、ただそれだけの行為と受け止めた。しかし、
脳裏には残った。
 
「底」という言葉には、ふつう頭に浮かぶ意味のほかに、物
事の極まる所、こころの奥、真の力量などの意味がある。
 
見えないところに贅をつくす、という美学は、日本人の謙虚、
粋のこころ、こころ極まるところ、を追求したもので、日本人
の精神性として流れている、というか、流れていたと、いうべ
きか。
AI時代の底至りの美学
 「米国では、スマートフォンが、早くも『つまらないものだ』
と飽きられている。-----これからはスマホの次に来るものが何
かをいち早く探り当てることが非常に重要なテーマになる」
という話を最近、耳にした。
 
時間と社会の流れが、仰ぐ流れ星か超高速機のように感じる。
 
AI時代の日本では、若い世代が「別の表現」で、「底至りの美
学」を継承してくれるかもしれない。などと楽観している。
その変化を長生きして、みてみたいものだと思う。
 
2016年のある日の新聞から、ある言葉の意味を探ってみて、
日本語を身につける大切さを、ゆっくり、痛感しています。 
                         (2017/11/24) 
 
 

駅弁彩見 44 厚岸駅  かきめし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。


かきめし 


JR北海道根室本線(花咲線)厚岸駅は、1917(大正
6)年に開業。ロシア革命によりロシアにソビエト
政権が成立した年である。氏家待合所も同年に創
業した。土地の名産、厚岸湖のカキを手作りで、
独特の味付けが自慢の「かきめし」は、東北海道
の小駅を一躍「かきめし」の駅にした。厚岸駅前
の氏家待合所は、今年で創業100年を迎えている
  


駅弁彩見 44 厚岸駅(あっけしえき) かきめし1080円
(税込み)
 
厚岸駅は、釧路駅から東へ快速で46分です。
 
駅名は、アイヌ語のアツ・ケ・ウシ(樹木のオヒョ
ウニレの皮をはぐ所)に由来するといいます。アイヌ
の人々は、樹木を家具材、皮を衣服の原料としていま
した。


 厚岸町は、厚岸湾を抱き太平洋に臨む漁港で、東側
の厚岸湖は、カキ、アサリ,ノリなどの宝庫です。
駅弁「かきめし」の誕生は、今の社長が子どものこ
ろ病弱で、母親手作りのカキエキスを毎日のように食
べたということです。、カキは海のミルク(栄養源)と言
われ、当時の家業の食堂のまかない食でもありました。
 
そのうち、お客様から駅弁にしてほしいと言われ、
現社長、氏家勲さんの父3代目の康彦さんが考案、
1963(昭和38)年に発売しました。
 
厚岸湖のカキは、大ぶりで濃厚な味。水を加えず5
分ほどボイルすると、ミルクのようなトロリとしたエ
キスが出ます。このエキスをベースにした“たまり”
は、発売した昭和38年からのものです。
 
 このたまりで、15分じっくり味付けします。しっか
り濃いめの味のカキをほおばると、なんともいえない
深い味わいが口中に広がります。
 
 ご飯は、たっぷりのヒジキ入り味付け飯。上にのる
カキ、アサリ、ツブ貝、椎茸の各煮汁を3・2・2・
2の割合で調合した汁で炊いてあります。
 
刻みのリを散らして、モチッとしたご飯の食感と、
じっくり味付けしたカキとが潮の香りを運んできます。
 添えてある、たくあんと福神漬が、味休め、箸休め
をしてくれます。
 
 厚岸で生まれ、育った人が受け継いだ、「手作り厚岸
かきめし」の味です。


その第4代目店主の氏家 勲さんは、
昔ながらの味付けを頑固に守り続けて、地元のお客様
や旅行客様にも「あー、懐かしいこの駅弁の味」と言っ
て喜んで食べて貰えるのが、とても嬉しいです。と、話
していました。
 
東京駅でも購入できますが、厚岸駅で手にする作り立
ての「かきめし」は、また味が違うかもしれません。
 
 
売店*「東京駅 祭」
*厚岸駅売店は2011年6月から取りやめになりました
  *営業時間内(ご到着の2時間前まで)に連絡いただけ
   れば、1個からでもお受けいたします
  *作りたてのお弁当を厚岸駅構内・ホームにお届けします
*予約注文で営業時間外でもご相談の上お受け渡しが可能です
*取寄せ=電話でお問合せください
*電話=0153-52-3270営業時間=8:30~14:30
定休日=木曜   
 
 厚岸1 (1)
1 『JTB時刻表・駅弁細見「かきめし」1993年11月号』当時の価格は620円。
社長自ら立売で販売



厚岸1 (2) 
2 『JTB時刻表・「駅弁細見「かきめし」2007年2月号』当時の価格は950円。
  厚岸駅KIOSKで販売
「かきめし」のほか、鮭・帆立・さんまの駅弁も販売中
 

厚岸1 (3) 

3 北海道の鮭の切り身がどん!とのっている


厚岸1 (4) 
4 厚岸湖もう一つの名産、大きな帆立はイカでとっただしとザラメで炊く



厚岸1 (5) 
5 駅弁にはあまり無い「氏家風さんまのかば焼き」のお弁当
 
 
 
 
創業100年 厚岸駅  氏家待合所の歴史
黒字=駅 青字=氏家待合所
1917(大正6)年12月 釧路より浜厚岸間の開業により中間駅(旅客扱い
上は終着駅)として設置。旅客荷物のみ取り扱い 
浜釧路機関庫厚岸駐泊所設置
厚岸駅開業
1917(大正6)年12月 厚岸駅開業と同時に氏家待合所として初代氏家
菊治が駅弁の販売を開始。
以後、2代目氏家武夫が継承
氏家待合所創業
1919(大正8)年11月 厚床まで延伸開業。貨物支線との分岐駅となる
1921(大正10)年8月 浜釧路機関庫厚岸駐泊所が分庫となる
1925(大正14)年6月 浜釧路機関庫厚岸分庫が駐泊所となる
1929(昭和4)年11月 浜釧路機関庫厚岸駐泊所が分庫となる
1930(昭和5)年6月     浜釧路機関庫厚岸分庫が駐泊所となる
1963(昭和38)年 3代目氏家康彦が駅弁「かきめし」を新発売
1965(昭和40)年10月 駅舎を改築。鉄筋コンクリートの平屋建て
1966(昭和41)年3月 釧路機関区厚岸駐白所廃止
1982(昭和57)年11月 浜厚岸間との貨物支線廃止
1986(昭和61)年11月  荷物扱い廃止
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化により、北海道旅客鉄道に継承
1994(平成6)年 4代目氏家 勲が社長に就任
1999(平成11)年3月 単式ホーム新設、使用開始
2005(平成17)年 駅舎外壁を水色に塗り替えた
2017(平成29)年7月 現在に至る
厚岸駅開業100年
氏家待合所創業100年
      待合所 待合所という名称は珍しい。北海道で駅付近にあっ
たもので、列車待ちのためのスペースであり、その
お客に飲み物や食事を出す商売。氏家待合所はその
伝統を残している
 
 

ふりかえるー59回

 エッセー1707
散歩の途中で 2017年5月
 
 私は、14歳まで、東京市浅草区にある酒屋の娘でした。
兄4人、姉3人、8人兄弟の末っ子です。
 
日本堤(にほんづつみ)を越えた吉原(よしわら)遊郭街(ゆうかくがい)の各店へ、自前瓶詰の日本酒
を毎日配達する家業で、酒、味噌醤油、塩などの小売りも
行っていました。

南千住行き市電が走る、停留所から二つ目の角店(かどみ
せ)で、大晦日には、店の軒の左右に大提灯が二つ下がり、
赤々とともる灯が今も心に、滲んでいます。
 
 昭和12年、私が6歳ころの戦前の町の時間は、ゆっくり、
流れていました。
 
馬が荷物を引いて店の前をパカパカと歩き、落とし物をし
て行きます。早朝の家々は、、豆腐や納豆をリヤカーにのせ
て、トーフーと笛を吹きながら通り過ぎるのを呼び止めて、
朝ご飯に間に合わせます。
 
浅草の浅草寺(せんそうじ)裏に大黒家(だいこくや)という天ぷら屋があり、今も健在
です。5~6歳のころ、夕方になって気の向いた時、父は私
の手を引いて、大黒家で一杯やります。板わさに酢のモノと
日本酒。私は天丼。
 
 天丼は、ふたに、海老を全部移動させます。天つゆの浸み
たご飯が私の好物。お新香と澄まし汁と天つゆご飯。
 
 父は、黙って、最後に私がよけた海老の天ぷらや食べきれ
なかったご飯を食べてくれます。終わると、一息ついて、
父は、徳利や盃、皿などをサッサッときれいに並べます。

それからが、子どもの私には、大変です。
 私は、天丼の器と汁椀、箸置きと箸、すべて注文して運
ばれたときのようにきちんと並べます、
「ハイ、もう一度よく見て、きれいかな? じゃ、帰ろう」
と、手をにぎってくれる父。
 
店を出ると、歩きながら、自分が食べた後は、景色をきれ
いにしておくんだよ。一度ふりかえるんだよ。そうすると、
自分も店の人も気持ちがいいからね。と、いつも同じことを
繰り返す。
5~6歳の子供は「うん」とか「はい」というだけです。
 
 昭和20年3月10日、浅草の大空襲で父が逝って、72年と
いう時間が過ぎた今の私の中に「ふりかえる」というのは、
確認、チェック、見直し、謙虚、先を考えた安全性の追求な
ど、さまざまな表現と意味をもって定着しています。

 
バレリーナは、レッスンを1日休むと自分に分かり、2日
で周囲にわかり、3日で観客にわかる。という。

出版の世界では、最近は、デジタル化しているが、それで
も、書物にするまでは、編集者はあらゆるチェックを繰り返
します。そしてやっと1冊の本になる。

かつて、岩波書店の書物に誤字脱字はない。という時代が
ありました。書物をつくる人間なら、それがどれほど誇りで
あり、とりわけ日本語の場合、大変なことかわかるので、長
い語り草になっていました。
 
 女の化粧も日々、自分の確認、チェックであり、その顔も
「履歴書」になりつつある時代。 
 
月商が1億の会社も、1千万の会社も、フリーで100万の
芸人も基本は同じ。1点500円のイラストレーターも、自分
の作品や商品は、己を表すと思えば、どのような些細な点も
おろそかにはできない。必ず何度もチェックするという姿勢
をもつのは当たり前。
 
 そのような会社や個人や芸術家、アスリートたちが成功し
ているのではないか。

そして、成功したあとも日々振り返らないと、さらなる発
展は止まり、止まるだけではなく、立つ位置によっては社会
的、国家的損失までおこしてしまう。 
 
 その例が、福島原発による東北の方たちの被害であり、1
兆円負債のエアバック・タカタであり、東芝なのではないか。
 
個人でも組織でも、政党でも、振り返らない体質が日常に
なってしまったら危険だと大きな声を上げるのも、上げない
で、何十年もつつがなく過ごすのも、源は、それを構成して
いる、個々の人間の問題です。
 
 明治生まれの父は、「食後の景色をきれいに」ということ。
もう一つ、「食事中に首から上に手を触れないこと。とり
わけ、髪の毛に触れるな、と、やかましく言われました。髪
の毛は汚れのはげしい部分で、食事中に手を触れると無作法
になる。というのが父の言い分でした。

パブロフの犬のように、条件反射の訓練が功を奏し、後年、
私がちいさな会社を持って、他社のいろいろな役職の方との
食事の際のバイブルになりました。
 
終戦後5年、昭和25年に逝った母のことも、ちょっと。
 
やはり、私の5~6歳のころから、母の口ぐせは、「女の子
は、どのような場合でも、死んでも両膝をはなしてはいけな
い」でした。古いですね。
 
でも、道で落とし物をひろう時、女性は、両膝をつけてひ
ろうと、姿がきれいです。
 
5~6歳のころから、こんなことをやかましく、言い続けて
くれた、明治時代に生まれ、育った両親が、私は大好きです。
 
                              2017.07.11
 
 
      

続きを読む

駅弁彩見 43 都城駅 かしわめし

IMG_4070 (2)切り抜きV2
Scan0019切り抜き

JTB時刻表「駅弁細見」で24年半、時刻表読者、駅弁調製元各位その他多くの皆様にお世話になりました。
「駅弁細見」時代より、ますます多様化・発展しつつある駅弁を、また、皆様にお伝えしたいと、ブログ駅弁を展開いたします。
どうぞ、よろしく応援をお願いいたします。



駅弁かしわめし 




JR九州日豊本線都城駅は1913(大正2)年に開業。
赤レンガの東京駅開業の前年で、1年先輩である。
35年後の1948(昭和23)年に、せとやま弁当が創
業。同年、東京・新宿に歌舞伎町が誕生している。
終戦を迎えて3年、主食の配給制度の時代を乗り
越え、7年目には、「かしわめし」を発売。発売か
ら62年のロングセラーを誇る都城の駅弁です。
 
 
駅弁彩見 4 都城駅 かしわめし760円
                    (税込み)
 
都城駅は、宮崎駅から特急で約50分。都城市は宮崎
県の南部に位置します。

かつて日本最大級の荘園である「島津荘(しまづのしょう)
が置かれ、惟宗忠久(これむねただひさ)が地頭職をつとめまし
た。
後に地名になぞって姓を改めた島津忠久が鹿児島島津
氏の始祖であるため、都城は、島津家発祥の地、という
一説があります。
 
 この地方は、むかしから養鶏が盛んで、家の庭先に鶏
を放し飼いにしていました。ハレの日や大切な来客には
鶏料理でもてなします。
 
この郷土料理にちなんだ「かしわめし」が駅弁として
発売されたのは、1955(昭和30)年です。

 大ぶりの木の折箱を開けると、かしわの胸肉5個が目
に飛び込んできます。まず、その胸肉をほおばります。

都城盆地の自然の中でゆったり育った若鶏は、柔らか
いが、適度の歯ごたえとコクがあります。濃いめの味に
仕上がったかしわは、カツオの角煮のごとく、滋味です。

ご飯は、入っているのに気づかないほど、細かくきざ
んだニンジン入りの炊き込みご飯。ごく薄味。なのに旨
みがじわっ~と。
秘密は、若鶏をボイルしたスープで炊き上げているか
らです。
あと、たっぷりの錦糸玉子ときざみのり。梅干しとグ
リンピースが彩を添えます。
 
三角のおかずコーナーには、切りこんぶ、うぐいす豆、
香の物、パインが並びます。いずれも温めたくないもの
です。
 
レンジで温めるとき、このおかずコーナーの三角容器
をそっと取り外すと、ご飯と、かしわの部分だけ温めら
れます。
 
 どうぞ美味しく召しあっていただきたい、のメッセー
ジ。だと私は思いました。 

日本の駅弁には、心遣いの美味しさも添えられています。
 
 
売店=都城駅キヨスク 都城駅前せとやま弁当駅前店 
   西都城駅前せとやま弁当本店 
予約・取寄せ=予約はキヨスク以外の、上記2か所
   取り寄せは下記電話へお問合せください
   TEL本店=0986-22-1000都城駅前=0986ー26ー3333
 
1 掛け紙かしわめし昭和31年
1 掛け紙―昭和31年の「かしわめし」


2 (2) 
2 『JTB時刻表グラビア「駅弁細見かしわめし」』2010年8月号


IMG_6427 (002) 
3 せとやま弁当の駅弁「幸せ上々、みやこのじょう」が
  「2017年第12回九州駅弁グランプリ」で優勝(画像提供:
せとやま弁当)
 

創業69年 都城駅  せとやま弁当の歴史 
駅=黒字 せとやま弁当=青字
1913(大正2)年10月 国有鉄道宮崎線の駅として、矢頭―都城間開通と同時に開業
都城駅開業
1922(大正11)年9月 駅舎を改築
1923(大正12)年1月 志布志線が末吉駅まで開通
1929(昭和4)年4月 国都東線 西都城―財部間が開通
大隅大川原-霧島神宮駅開通により日豊本線小倉―宮崎―
当駅ー財部-鹿児島駅間が開通
1945(昭和20)年8月6日 都城大空襲により駅構内全焼
1948(昭和23)年6月23日 宮崎鉄道構内営業有限会社都城営業所西都城出張所として
営業を開始
初代社長に瀬戸山哲雄が就任
せとやま弁当創業
1955(昭和30)年 駅弁「かしわめし」を発売開始
1959(昭和34)年4月3日 西都城駅構内営業株式会社に改組
1970(昭和45)年10月 コンテナ取扱開始
1971(昭和46)年10月 旅行センター開設
1972(昭和47)年10月21日 株式会社せとやま弁当に商号を変更
1975(昭和50)年3月 3代目となる現在の駅舎に改築
1977(昭和52)年5月 コンテナ貨物の取扱を廃止
1982(昭和57)年8月 駅弁「栗めし」を発売
1982(昭和57)年9月 2代目社長に瀬戸山由勝が就任(現取締役会長)
1984(昭和59)年2月 コンテナ貨物の取扱を廃止取扱を開始
1986(昭和61)年11月 荷物・貨物の取扱を廃止。都城コンテナセンター設置
1987(昭和62)年4月 国鉄分割民営化によりJR九州の駅となる。木や子の城コン
テナセンターはJR貨物が継承
1989(平成元)年8月 駅弁「盆地の牛めし」を発売
2006(平成18)年4月 都城コンテナセンターが都城オフレールステーションに改称
2007(平成19)年2月1日 3代目社長に小坂恭子が就任
2012(平成24)年9月 駅弁「みやこのじょう盆地物語」を発売・第11回駅弁グラ
ンプリ4位となる
2013(平成25)年3月 車両基地跡地に都城太陽光発電所が稼働開始する
2014(平成26)年3月 駅のバリアフリー化が完了。跨線橋とエレベーターが新設
される。また、この日より都城太陽光発電所にて除草実験
のためヤギの飼育始まる
バリアフリー化により、駅構内のホームを連絡していた地
下通路が閉鎖される
2016(平成28)年10月 駅弁「 幸せ上々、みやこのじょう」が第12回九州駅弁グラ
ンプリにて優
2017(平成29)年4月 現在に至る
●都城駅開業104年
●せとやま弁当創業69年

ブログ村ランキング
応援のクリックをお願いします
著書の紹介
検索フォーム
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。